波乱に富んだが2万円は維持…株式市場雑感(15/06/08-15/06/12週)(週終値:2万0407円08銭)

2015/06/12 19:00

■15/06/08:日経平均終値2万0457円19銭/108.8
本日の東京株式市場は高値より付きのあと失速、後は下値間での値動き。先週末に発表されたアメリカの雇用統計が予想以上の良い値となったことでドル高が進み、さらに寄り付き前の今年1-3月期における実質GDPの修正値が年率換算でプラス3.9%と上振れしたことを好感し、寄り付きは買い進まれた。しかしその後は海外市場の警戒感を受けて売り込まれ、失速。安値圏での値動きに終始した。出来高は21億1708万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は-0.02%、TOPIXは-0.30%、マザーズ指数は-0.41%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には高安マチマチやや安値銘柄多し。前営業日比は-0.33%となる。

スポンサードリンク


■15/06/09:日経平均終値2万0096円30銭/107.1
本日の東京株式市場は安値低迷、引けにかけて大幅安の流れ。前日のアメリカ・ヨーロッパ市場の安値感を受けて寄り付きから売り優勢となり、為替の円安化の足踏み感もそれに拍車をかける形となった。また午後2時以降は消費動向調査の結果が下方修正されたことをトリガーとし、先物による売りが入り、下げ幅を拡大している。出来高は23億6680万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は-1.76%、TOPIXは-1.66%、マザーズ指数は-1.05%。

自己保有銘柄関連。銘柄数的には高安マチマチやや安値銘柄多し。前営業日比は-1.05%となる。


■15/06/10:日経平均終値2万0046円36銭/110.3
本日の東京株式市場はもみ合いの展開。前場は全日が大幅安だったことを受けて反動的な買い基調の中で進んだが、日銀の黒田総裁の発言(の誤解釈的報道)を受けて大幅に円高ドル安の流れ為替が動き、市場も売り基調に転じる形となった。出来高は25億3522万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は-0.25%、TOPIXは-0.38%、マザーズ指数は+1.69%。

自己保有銘柄関連。銘柄数的には高安マチマチやや安値銘柄多し。前営業日比は-0.45%となる。


■15/06/11:日経平均終値2万0382円97銭/118.4
本日の東京株式市場は高値展開。前日の欧米市場での堅調さや数日続いた安値展開の反発もありね寄り付きから大きく買い進まれる形となった。出来高は21億1840万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は+1.68%、TOPIXは+1.27%、マザーズ指数は+1.29%。

自己保有銘柄関連。銘柄数的には高安マチマチやや高値銘柄多し。前営業日比は+1.38%となる。


■15/06/12:日経平均終値2万0407円08銭/115.9
本日の東京株式市場はもみ合いの流れ。前日の海外市場は堅調だったが週末に加え来週の日米金融政策決定会合や欧州のギリシャ債務問題への懸念もあり、上値では逐次売りが入る形で、結局小幅な値動きにとどまる形となった。出来高は26億8402万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は+0.12%、TOPIXは+0.16%、マザーズ指数は+1.20%。

自己保有銘柄関連。銘柄数的には高安マチマチやや安値銘柄多し。前営業日比は-0.47%となる。

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー