自動車は手が届きにくい存在になっているのか・初任給と自動車価格の関係をグラフ化してみる(2016年)(最新)

2016/06/04 11:35

いわゆる「若者の自動車離れ」と呼ばれる言葉・現象の理由の一つとして、自動車価格が上昇する一方で若年層の所得がその上昇に追いついていないから、つまり相対的に価格面で手が届きにくい存在になりつつあるからとする説が挙げられている。今回は【50年前の商品の価格を今の価格と比較してみる】で用いた手法を流用する形で、総務省統計局における公開値【小売物価統計調査 調査結果】などから各種計算を施し、初任給と自動車の価格の関係について見ていくことにする。

スポンサードリンク


初任給はじわりと上昇中…のはずだが


初任給は残念ながら「物価」では無いため、「小売物価統計調査 調査」からは取得できない。そこで【年齢別の平均賃金の移り変わりをグラフ化してみる】などでも用いている、厚生労働省の「賃金構造基本統計調査」から必要な値を取得する。

良い機会でもあるので男性の大学卒・高校卒における平均的な初任給の推移をグラフ化し、その動向を確認する。

↑ 初任給推移(円、男性)
↑ 初任給推移(円、男性)

取得可能なもっとも古い1968年時点では、大卒で3万0600円、高卒で2万3000円。これが前世紀末、大よそバブルがはじけるまでは上昇を続け、それ以降は横ばいのまま推移する形を示している。興味深いことに、この20年ほどの間、大卒も高卒も額面上の初任給はほとんど変わりがない。もちろんよく見ると、ほんのわずかずつ上昇しているが。

これを消費者物価指数を考慮した上で試算した結果が次のグラフ。先日の記事【過去70年近くにわたる消費者物価の推移をグラフ化してみる】で用いた値を基に、直近2016年の値を基準値として、各年の価格を再計算したもの。それぞれの年における物価が2016年と同じ水準だとしたら、実際にはどの程度の額面になるのか、その推移を示している。

↑ 初任給推移(円、男性)(2016年時点の消費者物価指数を考慮)
↑ 初任給推移(円、男性)(2016年時点の消費者物価指数を考慮)

1968年以降の急上昇の後、一時上昇どころか失速していたことが分かる。物価の上昇分に初任給が追い付かなかった形。この状態は1980年台前半で解消するも、その後の上昇ぶりはきわめてゆるやか。さらに直近数年に限れば実質的には下落している。今件は平均的な初任給で可処分所得動向はまた別の話だが、生活面で苦しい状況は容易に想像できる。

初任給何か月分で自動車が買えるのだろうか


結婚指輪の標準的レートとして「給料の3か月分」との言い回しがある。それが本当に標準的なのか、そして正当な額面なのかはさておき、手取りの何か月分との表現がイメージのし易さの上で優れていることが分かる話ではある。

そこで今件の初任給と、【50年近くに渡る乗用車価格の推移をグラフ化してみる】で取得した、長期経年データが確認可能な「小型乗用車・国産・排気量1500cc超-2000cc以下」の車種の価格を比較。初任給何か月分で、この乗用車が購入できるかを算出したのが次のグラフ。女性の初任給も取得し、同じように計算している。なお、消費者物価指数周りの二次的値は、今件が初任給取得時とその時の自動車価格で計算されているので、意味を成さないことから省略する。

↑ 初任給自動車購入係数(自動車価格÷初任給)(男性)
↑ 初任給自動車購入係数(自動車価格÷初任給)(男性)

↑ 初任給自動車購入係数(自動車価格÷初任給)(女性)
↑ 初任給自動車購入係数(自動車価格÷初任給)(女性)

取得可能なもっとも古い値で算出できた1970年においては、男性大卒初任給の18倍で自動車が購入できた。これが急速に値を減らす、つまり初任給ベースで自動車が手に届く距離が短くなり、1980年台にはほぼ横ばい。バブル末期あたりには最低値の8倍位にまで低下する。この時代、大卒男性では仮に手取りをすべて自動車向け貯金に回せていれば、8か月で新車が購入できた計算になる。

その後値はじわりと上昇し、今世紀に入ってからはやや横ばい(2002年の特異値は車種変更によるもの)、この数年では少しずつ上昇に転じ、2015年では大きな増加を示している。この大規模上昇は先行記事の「乗用車価格の推移をグラフ化してみる」でも言及しているが、対象となる車種(具体的な車種の公開はされていないが「車種指定」との説明のみがある)で大きな価格上昇が生じたであろうことが推測される。ただし特定単独車種でこれほどまでの値上げは考えにくいことから、「車種指定」が複数車種を意味しており、そのうち何種類かにおいて価格が比較的高いハイブリッド車が追加されたなどの可能性は否定できない。

ともあれ、若年層の手から自動車は離れつつある。バブル時代のピーク時と比べれば、大よそ2倍前後の手に届きにくさが生じている。

もちろん自動車の取得・維持には本体代金以外にも多様なコストが発生する。ガソリン代、整備費、免許手数料、各種保険、洗車代、駐車料金、車庫代、そして車検代。さらに内装に係わる費用も小さくない。とはいえこれらのコストが異様に急上昇した話は聞かず、取得できる範囲では同じような動向を示していることから、若年層の自動車への手の届きやすさは大よそ上記グラフの通りと見て良いだろう。

一方、費用対効果で考えると、今件数字には表れない部分がある。過去の複数の記事で解説しているが、生活の上で自動車が欠かせない環境、家族構成や居住環境にある人はともかく、大都市圏に居住し自動車の必要性が低下している人には、自動車の取得・利用の優先順位が大きく下がっているのも事実。価格面で手が届きにくくなっているのに加え、自動車の取得・利用による便益が減っているのでは、取得優先順位が下がっても当然の話といえる。

今件試算で用いた自動車の価格は、2015年に生じた大きな価格上昇以降は大よそ変化が無い状態が続いている。価格面における「若者の自動車離れ」の状況は、今後も継続することになるだろう。


■関連記事:
【自分の収入だけで生活している若者は44.0%…若年労働者における「生計状況」をグラフ化してみる】
【年齢階層別の収入や負債の推移をグラフ化してみる】
【興味が無いわけではないが…新成人の自動車への想いとは】
【クルマからスマホへ…若者のパートナーの変化】

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー