世の中の動きに大きく翻弄される各雑誌…諸種雑誌部数動向(2014年10-12月)

2015/02/08 16:00

小規模・個人経営の書店が経営者の高齢化やインターネット通販の普及、少子化に伴う顧客減少で閉店が相次ぎ、相対的に雑誌などの供給場として一躍注目を集めるようになったコンビニ。だが、雑誌が持つ集客効果は媒体力の漸減と共に落ちていき、面積換算での費用対効果の観点で次第にその領域と取扱い雑誌数を減らしていく。一部コンビニでは書籍全体の通販窓口として新たな切り口を提案しているものの、雑誌販売の観点ではあまり効果は見られないようだ。大型書店も最近は数的に縮小傾向にあり、ますます雑誌を店舗で手に取り購入する機会は減り、雑誌業界そのものも元気を無くしつつある。このよう状況の中、各分野の雑誌のうち一部ではあるが、複数の分野に関し、社団法人日本雑誌協会が2015年2月3日付で発表した「印刷証明付き部数」の最新値から、雑誌の部数における「前年同期比」を算出し、その推移を確認していくことにする。年ベースにおける各誌の勢い、そしてその分野全体の傾向を垣間見ることができよう。

スポンサードリンク


大よそ下げ基調…一般週刊誌


データの取得場所の解説や「印刷証明付部数」など用語が意味するもの、諸般注意事項、類似記事のバックナンバーは一連の記事をまとめ収録した【定期更新記事:雑誌印刷証明付部数動向(日本雑誌協会)】にある。詳しくはそちらを参照のこと。

まずは一般週刊誌のジャンルに該当する雑誌。写真を中心に記事を展開する、いわゆる写真週刊誌も含む。

↑ 一般週刊誌印刷実績変化率(2014年10-12月、前年同期比)
↑ 一般週刊誌印刷実績変化率(2014年10-12月、前年同期比)

↑ 一般週刊誌印刷証明付き部数(2014年10-12月)(万部)
↑ 一般週刊誌印刷証明付き部数(2014年10-12月)(万部)

今四半期では脱落・追加雑誌は無し。また、印刷証明部数を収録している雑誌に限定しているとはいえ、最低でも10万部の印刷部数は確保されている。返本率がどの程度なのかは今値からは確認できないものの、それ相応の需要は維持されていることになる。別記事の、そして後述する専門誌における数万部の動向と比べれば、まだ余力はあるようにも見える。

前期比(前年同期比では無い。内部試算のためグラフは略)でプラスは3誌。前四半期の4誌からはさらにその数を減らしている。もっとも大きい上昇幅を示しているのは「サンデー毎日」で、前四半期比でプラス7.2%の勢いだが、これは単に前四半期が大きく下げた(マイナス10.2%)ことの反動でしかない。今回「サンデー毎日」が唯一5%超の確かな上昇を見せたのも、その反動によるところが大きい。

前年同期比で誤差を超える5%超の下げ幅が出ているのは5誌。うち「週刊大衆」は10%超。年1割超の減少は看過できない状況に違いない。

昨今幅広い層から注目を集めている「SPA!」は、今四半期の前年同期比ではマイナス3.0%。下げ幅は最小限に留まっている。一般雑誌市場が全般的に厳しい中、同誌は2012年以降はほぼ横ばいの値を維持し、むしろじわりと上昇する気配すら見せている。とりわけ同誌の状況に貢献しているであろう「孤独のグルメ」に関しては先日【「孤独のグルメ」単行本新刊が年内に出るらしい】にある通り、年内の新規単行本の発売が発表された。今後これに絡んだ各種記事が展開されることは容易に想像できる。それに伴い数字の上でも明らかな成果が見えてくるだろう。

↑ SPA!印刷実績
↑ SPA!印刷実績

無論「SPA!」の手堅い動きが「孤独のグルメ」1本でまかなわれているわけではないものの、その動向には大いに注目したい。

下げる中で二極化が見える…育児系など


続いて育児系雑誌にスポットライトをあてる。部数の継続チェックの過程でプラスマイナスがあり、現在では8誌の動向を追いかけている。今四半期では全誌が前年同期比でマイナスとなった。5%ポイント超の幅を持つ下げ幅は「ベビモ」以外。

↑ 育児系雑誌印刷実績変化率(2014年10-12月、前年同期比)
↑ 育児系雑誌印刷実績変化率(2014年10-12月、前年同期比)

少子化は確かに育児系分野の市場縮小の一要因ではあるが、その市場動向の多くは単純な子供の人数の減り方をはるかに超えるスピードで縮小している。そして核家族化などを考慮すれば、むしろ情報への需要は増えることから、切り口次第ではチャンスはいくらでもつかみうる。もちろん同時にインターネットの普及が進んでおり、子育て世代に向けた情報サービスも充実していることから、雑誌ならではの提案が求められるのはいうまでもない。

今回唯一誤差範囲内の下げ幅で留まった「ベビモ(Baby-mo)」は季刊誌で、今期間でも1誌のみの発売。

同誌は充実した冊子内容と有益な付録が好評を博しており、毎号大きな話題を集めている。2号前、つまり半年前にはミニサイズ・付録なしのハンディ版が同時発売され注目を集めたが、今回号では冊子部分のサイズは同じで付録有(X-girl Stages おむつポーチ)・付録なしが同時に発売されている。需要に合わせて購入対象を選べる配慮は要注目。

「ベビモ」の中期的な動向を確認すると、他誌もうらやむ堅調な状況を維持している。確かな支持層を確保できているからこそ、色々な試みが出来るのだろう。

↑ ベビモ(Baby-mo)印刷実績
↑ ベビモ(Baby-mo)印刷実績

続いて食・料理・レシピ系雑誌。インターネットの普及浸透、料理系をはじめとする家事情報に関するサイトの乱立状況で、紙媒体の雑誌としてのレシピや家事テクニックを収めた雑誌の立場は必ずしも堅調とはいえない。

↑ 食・料理・レシピ系雑誌印刷実績変化率(2014年10-12月、前年同期比)
↑ 食・料理・レシピ系雑誌印刷実績変化率(2014年10-12月、前年同期比)

↑ (参考)レタスクラブ/栗原はるみ haru mi 印刷実績。2014年10-12月まで
↑ (参考)レタスクラブ/栗原はるみ haru mi 印刷実績。2014年10-12月まで

誤差を超えた下げ幅を示した雑誌が3誌、誤差範囲内の上げ基調の雑誌が2誌。多種多様な情報を掲載する総合誌的な存在の「レタスクラブ」「オレンジページ」は共にマイナス圏。初心者向け、カリスマ的存在が前面に出た単なる料理以上の包括的な料理情報の提供という、「付加価値のある料理情報」の雑誌が堅調なのは、何かのヒントなのかもしれない。

また部数が競っていることから監視を続けている「栗原はるみ haru mi」「レタスクラブ」だが、今四半期では「レタスクラブ」が大いに数字を伸ばし、「栗原はるみ haru mi」を追い抜く形となった。これは2014年11月8日発売の11月25日号で、スヌーピーのキャンバストートバッグが付録としてついており、それが大いに売り上げを引き上げたものと考えられる。

また10月25日発売号では「スヌーピーカレンダー」が付録化され、これも誘引要素と考えて間違いない。実際「レタスクラブ」ではこの時期に付録としてスヌーピーカレンダーがつくことで知られており、それを手に入れるために付録添付号だけを購入する人が多く、大きく部数が跳ね上がることが確認されている。

エリア情報誌は真紅状態


エリア情報誌。GPS機能がついたスマートフォンで地図を確認しながら、さまざまな周辺環境の状況を確認していくのが当たり前となった昨今では、紙媒体としての情報誌の立ち位置は極めて苦しい。

↑ エリア情報雑誌印刷実績変化率(2014年10-12月、前年同期比)
↑ エリア情報雑誌印刷実績変化率(2014年10-12月、前年同期比)

↑ 「東京ウォーカー」「関西ウォーカー」印刷証明付き部数推移(万部)(2014年10-12月期まで)
↑ 「東京ウォーカー」「関西ウォーカー」印刷証明付き部数推移(万部)(2014年10-12月期まで)

今四半期も前四半期に続き、対象全誌が5%以上の下げ。しかも「福岡ウォーカー」以外はすべて10%を大きく超える下げ幅を示している。「東京ウォーカー」「関西ウォーカー」の具体的動向を見れば分かる通り、歯止めが利かない下げ基調のまま推移しており、底が見え始める気配もない。かつての「九州ウォーカー」「千葉ウォーカー」が休刊となった時期の部数はすでに下回っており、そろそろ抜本的な状況打破のための施策が求められるところだ。

ペットとしては一番よく知られているであろう、犬と猫にスポットライトをあてたペット専門誌「いぬのきもち」と「ねこのきもち」。書店での一般売りはしておらず、通販専用という珍しいタイプの雑誌。もっとも書店のレジでサンプルが配されていることが多く、その表紙などを目に留めた人は多いはず。

↑ 犬猫雑誌印刷実績変化率(2014年10-12月、前年同期比)
↑ 犬猫雑誌印刷実績変化率(2014年10-12月、前年同期比)

↑ 「いぬのきもち」「ねこのきもち」印刷証明付き部数推移(万部)(2014年10-12月期まで)
↑ 「いぬのきもち」「ねこのきもち」印刷証明付き部数推移(万部)(2014年10-12月期まで)

前四半期に続き著しい下げ幅を示している。前年同期比でも具体的部数動向でも、この半年の状況の異様さが見て取れる。これはすでに知られている通り、発行元のベネッセにおける大規模な顧客情報漏洩事件が影響していると見て間違いない。他に犬猫専門誌が急に売れなくなる、今件2誌は特に通販による定期購読という特殊な販売スタイルでセールスが落ち込み原因は見当たらないからだ。特に「いぬのきもち」は1/4強の読者を失った計算になる。まさに冊子名通り、冊子購入を止めた人が飼っている犬の「いぬのきもち」を知りたいところではある。

アレの影響は小学生など向け雑誌にも及ぶ


最後に小学生向けなどの雑誌。「小学●年生」スタイルの雑誌は現在「小学一年生」と「小学二年生」のみ。そこで幼稚園向けの雑誌も合わせての精査となる。昨今では少子化に加え、競合的立場にある各種教材も合わせた通信教育的なサービスが好評を博し、厳しい値が出るのが常だったのだが、前四半期あたりから状況は大きな変化を見せはじめている。

↑ 「小学●年生」シリーズ+α印刷実績変化率(2014年10-12月、前年同期比)
↑ 「小学●年生」シリーズ+α印刷実績変化率(2014年10-12月、前年同期比)

該当5誌のうち3誌までがプラス。しかもそのうち2誌は20%超の大幅増。ほんの半年前までは考えられなかったような状況がグラフ上に展開されている。

原因は前四半期同様、そして先行記事の少年・男性向けコミック誌における「コロコロ」シリーズで生じた特需同様、「妖怪ウォッチ」による引き上げ効果。表紙への採用はもちろん、付録でも毎号のように「妖怪ウォッチ」、特にジバニャンを用いた面白ギミックのアイテムを用意し、注目を集める形となった。その他にも「アイカツ!」「ポケモン」「プリパラ」など、子供達の間で話題となっている作品を巧みに取り込んだグッズを提供したことが大いにプラスとなったようだ。雑誌編集部側も相当気合いを入れたことがうかがえる。



元々多様なジャンルを網羅していることもあり、今件カテゴリの記事では毎回少なからぬ変動が見られるのだが、今四半期では「ベネッセの情報漏洩」「妖怪ウォッチ」と2つの要素で大きな変動が生じ、起伏にとんだ結果を見ることができた。とはいえ前者はマイナスの大きな変化であり、好ましくない動きには違いない。

元々一般誌の多くはすき間時間を埋めるために用いられることが多く、現在はスマートフォンをはじめとしたモバイル端末にその役割を奪われつつある。ビジネス誌の「プレジデント」のような保存性の高い内容を目指すなどの施策が取れれば良いが、料理雑誌やペット専門誌はともかく、一般週刊誌などではそれも難しい。

また「妖怪ウォッチ」で大きな底上げ効果を確保した子供向け雑誌も、このまま特需を受け続けるとは思えない。そして次四半期以降、似たような機会が定期的に得られる可能性は高くない。

今後はそれぞれの雑誌が自らの立ち位置を明確に分析し、得意な分野、手法で読者の需要をつかんで離さず、さらにその手を広範囲に広げる発想が求められよう。



■関連記事:
【小学4年生は月5冊、高校2年生は1冊半…子供達の本離れは本当なのか? (2015年)(最新)】
【定期更新記事:出版物販売額の実態(日販)】
【小学生や中学生の数の推移をグラフ化してみる(2014年)(最新)】
【ペットを飼えないその理由、「別れがつらい」「禁止」以上に多いのは……】
【「妖怪ウォッチ」はなぜ子供達に受け入れられたのか(下)…子供目線での内容と「妖怪」編】

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー