諸外国における新聞の信頼度、そして今後も役割を維持できるか否か(最新)

2018/03/15 05:06

2018-0314新聞通信調査会は2018年3月9日、アメリカ合衆国やイギリス、フランス、中国、韓国、タイに対して実施したメディアに関する世論調査「諸外国における対日メディア世論調査(2018年実施)」の結果を公表した。その内容によれば回答国における新聞の信頼度は100点満点で50点台から60点台にとどまっており、参考値ではあるが日本が一番高いことが明らかになった。また将来新聞はインターネットなどの普及で役割が現在よりも小さくなっていくと考えている人は、参考値としての日本以外で過半数に達しており、現状の役割・重要性を維持できると考えている人は少数派となっていることが判明している(【発表リリース:諸外国における対日メディア世論調査(2018年実施)】)。

スポンサードリンク


今調査はアメリカ合衆国、イギリス、フランス、中国、韓国、タイに対し、2017年12月から2018年1月に行われたもので、アメリカ合衆国・フランス・韓国は電話調査、イギリス・中国・タイでは面接調査で実施されている。調査地域は中国・タイは都市圏、それ以外は全国。回収サンプル数は各国約1000件。

インターネットとそれを扱う機器の普及に伴い、大きく利用価値や相対的存在意義の変質の中にある新聞だが、調査対象国ではどれほどの信頼を得ているのだろうか(設問では単に「新聞」とのみの表記だが、その文脈から全国紙あるいは地方紙など法人が販売する、一定数以上の販売数を持つ新聞が対象とする)。信頼無しをゼロ点、普通を50点、全幅の信頼を寄せている認識ならば100点とし、自由採点をしてもらった上でその平均点を算出した結果が次のグラフ。今調査では日本は対象としていないが、2017年10月に実施された類似形式による「メディアに関する全国世論調査」の結果も併記する(調査方法が異なるので参考値以上の意味は無い)。

↑ 各国新聞の情報への信頼度(まったく無信頼ゼロ点、普通50点、全面信頼100点として自由採点した上で平均点)
↑ 各国新聞の情報への信頼度(まったく無信頼ゼロ点、普通50点、全面信頼100点として自由採点した上で平均点)

何をもってして「普通」とすべきかは微妙であり歴史的背景や価値観に寄るところが大きいが、すべての国で現状では普通以上の信頼は得ていることになる。もっとも欧米ではいくぶん信頼度は低め、アジア、特に日本では高めの値が出ている。新聞など従来型メディアに対する日本の信服感はかねてから知られているところであり、それが裏付けられた形となる。韓国が欧米並みに低めなのは意外だが。

「そこそこ、普通には信頼できる」との判断が示されている新聞だが、今後インターネットの普及がさらに進むに連れて、役割が縮小化する懸念がある。むしろ実際にはその過程にあると評してよい。そのような状況が今後さらに進行していくのか、それとも今まで通り新聞は報道に大きな役割を果たし続けるのか、新聞の未来について思うところを述べてもらった結果が次のグラフ。「役割は今まで通り大きい」とする方向性の意見を合算し、過去の同様調査との比較をしたグラフも併記しておく。

↑ 将来の新聞の役割をどのように思うか「A:インターネット等の普及で新聞の役割が小さくなってくる」「B:今まで通り、新聞が報道に果たす役割は大きい」(2018年)
↑ 将来の新聞の役割をどのように思うか「A:インターネット等の普及で新聞の役割が小さくなってくる」「B:今まで通り、新聞が報道に果たす役割は大きい」(2018年)

↑ 将来の新聞の役割をどのように思うか(新聞が果たす役割は今まで通り大きい派合計)
↑ 将来の新聞の役割をどのように思うか(新聞が果たす役割は今まで通り大きい派合計)

今回の調査対象国の中では新聞への信頼度が一番低いイギリスでは、役割の縮小を唱える人が一番少ない(参考値の日本は除く)。一方で維持を回答する人もタイや中国に続く少なさで、「どちらともいえない」との回答が一番多い割合を示している。他国と比べて新聞への想いは複雑なようだ。「もっとしっかりしてくれ」との内面の想いがにじみ出ているようでもある。

役割は縮小化するとの意見はタイで8割超え、中国で7割超、アメリカ合衆国やフランス、韓国で6割前後。ただしアメリカ合衆国やフランス、韓国では役割の維持を主張する意見も約3割台を計上しており、新聞の権威継続を思う人が一定数いることが分かる。詳細は省略するが、年齢階層別動向を見ると、大よその国で若年層ほど役割の縮小を予見し、高齢層ほど役割は以前大きいままと認識している(中国では年齢階層別の違いはさほど無く、韓国では中堅層が一番役割縮小の値が高いなど、国ごとの事情も透けて見える)。価値観の年齢階層間における格差が表れているようだ。

日本はといえば役割縮小の回答率はイギリスに近いものの、維持の回答率はフランスや韓国とほぼ同程度。調査手法が異なり一概には比較できないものの、新聞に対する信奉心の強い日本らしい実態には違いない。

まだ4年分しか結果が蓄積されていないが、経年推移の限りでは、アメリカ合衆国と中国以外では「役割は大きい」との認識は縮小しつつあるように見える(直近年でいくぶん反発しているが)。新聞報道に関して周辺環境が真逆のように見える両国で、インターネットが普及を進めても新聞が報道に果たす役割は大きいままだとの認識が同じように増加しているのは、興味深い傾向ではある。


■関連記事:
【落ち続ける新聞への信頼度、その理由は(最新)】
【「情報源として欠かせない」「情報が信頼できる」新聞やテレビ、インターネットに対する想いは?(最新)】
【世界各国の「新聞・雑誌」や「テレビ」への信頼度をグラフ化してみる(2010-2014年)(最新)】

スポンサードリンク


関連記事



▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2018 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー