バブル時代の男の物語…ゲームソフトランキング更新(2015/03/09-03/15)

2015/03/23 07:00

都市圏で自治体が公開している花粉状況マップを見るだけでも、その広がり具合に鼻や目が反応してしまう今日この頃。メディアクリエイト発表による【週間ソフト・ハードセルスルーランキング】によれば、該当週のセールスランキングの最上位は、セガの新作「龍が如く0 誓いの場所」(PS3)がついた。リアリティの構築手法でも話題を呼んでいるセガのアドベンチャーシリーズ「龍が如く」の最新作で、初代作品「龍が如く」の舞台となった時代(発売時の2005年前後)よりも前となるバブル全盛期を描いた作品となる。作品共通の登場人物桐生一馬と真島吾朗が主人公となり、東京と大阪の歓楽街を舞台に、極道の世界から当時の世界観にもまれ、伝説を織り成していく。時代背景を反映し、お金が非常に重要な要素(経験値的な存在でもある)となっており、言葉通りマネーゲーム的な要素が強いのもポイント。初週感想は賛否両論。作り手側のこだわりには評価が高いが、細かい部分で意見が分かれている。なおプレイステーション4版も第2位に初登場しており、合わせて23万本強のセールス。

スポンサードリンク


第3位は「デジモンストーリー サイバースルゥース」(PSV)。世界観としてのデジタルモンスターシリーズの初期製品・サービスをプレイし楽しんだ世代にも向けた、王道系の育成ロールプレイングゲームの最新作。「デジモンストーリー」シリーズでは第5作にあたる。プレイヤーは電脳世界の探偵(商品名にもあたる「サイバースルゥース」)の立場から、電脳世界と現実世界の双方を冒険していく。電子生命体のデジモンを操り、さまざまな事件を解決していくことになる。初週感想は大よそ良好。世界観やゲームシステムなど、多方面における高評価が見受けられ、昨今のゲームとしては珍しい状況にある。初週セールスは10万本に及ばないものの、、口コミ効果などによる次週以降の伸びが期待できる。


↑ 「デジモンストーリー サイバースルゥース」の公式紹介映像。【直接リンクはこちら:PS Vita 「デジモンストーリー サイバースルゥース」本告プロモーション映像】

第4位は「うたの☆プリンスさまっ♪ All Star After Secret」(PSP)。作家を目指す女性主人公とアイドルたちとの華やかな音楽業界における恋愛物語を描いた、女性向けゲームタイトル「うたの☆プリンスさまっ♪」の最新作。名前からも分かる通り「うたの☆プリンスさまっ♪ All Star」のその後の話を綴った作品で、メインとなる4人を含め11人ものアイドルとの恋と仕事の日々が繰り広げられる。色々な意味でプレイヤーの乙女心を満喫させてくれる内容とのことで、初週評価は高め。ただボリューム感の上で「ファンディスク」との感想も少なくない。

今回計測週では人気シリーズの最新作「龍が如く0 誓いの場所」がポイント。時系列の上で今作をプレイすると、初代作品のエピソードが改めて理解できるとの意見も多い。他方次回計測週では人気ウォーシューティングゲーム、ファンタジー系ゲームのリマスター的最新作、名前は皆が知っている最弱主人公のアクションゲームの最新版、人気キャラクタを用いたパズルゲームなど、注目タイトルが盛りだくさん。上位争いの激しい週となりそうだ。

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー