日経平均2万円を目前にしたもみあい…株式市場雑感(15/03/16-15/03/20週)(週終値:1万9560円22銭)

2015/03/20 19:00

■15/03/16:日経平均終値1万9246円06銭/136.4
本日の東京株式市場はもみあい。前場は高値で推移したものの、買いが一巡した後は過熱感への警戒心が高まる形で売りが優勢となった。日銀の金融政策決定会合が17日まで予定されており、これの結果を見極めたいとの動きも買いを抑える形となっている。出来高も小さめの19億7710万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は-0.04%、TOPIXは-0.14%、マザーズ指数は-0.81%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には高安マチマチ。ただし大量保有している銘柄が暴落し、前営業日比は-1.08%となる。

スポンサードリンク


■15/03/17:日経平均終値1万9437円00銭/134.3
本日の東京株式市場は高値展開、後場一段高。前日のアメリカ・ヨーロッパ市場が高値で推移したのに加え、トヨタが上場来最高値を更新したことが市場に熱を加えることとなった。また場中に発表された日銀の金融政策決定会合において、当面の見通しを引き下げたことから、これによる思惑買いが底上げ要因にもなった。出来高は19億4249万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は+0.99%、TOPIXは+0.79%、マザーズ指数は-0.54%。

自己保有銘柄関連。銘柄数的には高安マチマチ。前営業日比は+1.27%となる。


■15/03/18:日経平均終値1万9544円48銭/136.1
本日の東京株式市場は前場もみあい、後場に入って高値への値動き。大型銘柄の堅調ぶりが後場に入り市場全体に影響を及ぼす形となり、じわりと値を上げる形となった。先日資本業務提携を発表し注目を集めた任天堂とDeNAがストップ高となったのも市場の雰囲気を底上げした。出来高は20億4469万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は+0.55%、TOPIXは+0.76%、マザーズ指数は-0.32%。

自己保有銘柄関連。銘柄数的には高安マチマチやや高値銘柄多し。前営業日比は+0.46%となる。


■15/03/19:日経平均終値1万9476円56銭/126.3
本日の東京株式市場は安値圏での値動き。FOMCの結果を受け為替がいくぶんの円高ドル安方向に動いたのを嫌気する形で輸出関連銘柄を中心に売り込まれた。また過熱感への警戒から利益確定売りがかさんだのも圧力となった。ただし売りが一巡した後は次第に安値感もあり値を上げ、引けまでには下げ幅は限定的なものとなった。出来高は22億6673万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は-0.35%、TOPIXは-0.42%、マザーズ指数は-0.09%。

自己保有銘柄関連。銘柄数的には高安マチマチやや安値銘柄多し。ただし1銘柄が底支えをして前営業日比は+0.43%となる。


■15/03/20:日経平均終値1万9560円22銭/129.9
本日の東京株式市場は下値もみあい、引けにかけて上昇の流れ。前日のアメリカ市場が今一つだったことと週末のポジション整理などから前場は売り基調の中で推移。後場に入るといくぶん買い戻される動きとなったが勢いは無く、引けにかけて先物による持ち上げが少々あった程度となった。出来高は21億3014万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は+0.43%、TOPIXは+0.30%、マザーズ指数は+2.34%。

自己保有銘柄関連。銘柄数的には高安マチマチ。前営業日比は+0.02%となる。

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー