終値ベースで1万9000円超…株式市場雑感(15/03/09-15/03/13週)(週終値:1万9254円25銭)

2015/03/13 19:00

■15/03/09:日経平均終値1万8790円55銭/120.7
本日の東京株式市場は安値低迷。前週末のアメリカ市場が雇用統計の好調さ、利上げ時期の前倒し懸念、運用リスクの軽減を受けて安値で推移したことを反映し、さらに寄り付き直前に発表されたGDP2次速報の下方修正への嫌気感、その上先週末の上昇基調への警戒も合わせ、売り材料が重なる形となった。ただし出来高は17億9771万株(東証一部上場のみ)と少なめ。前営業日比で日経平均株価は-0.95%、TOPIXは-0.59%、マザーズ指数は-1.36%。

自己保有銘柄関連。安値銘柄多し。前営業日比は-0.37%となる。

スポンサードリンク


■15/03/10:日経平均終値1万8665円111銭/123.4
本日の東京株式市場は前場高値、後場安値の流れ。前日のアメリカ市場の好調さを受けて、前場は買い進まれた者の、後場に入ると週末のSQをにらんだ仕掛け売り的な売りが先物に出るようになり、これが売りを誘う形となった。出来高は21億3776株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は-0.67%、TOPIXは-0.46%、マザーズ指数は-0.62%。

自己保有銘柄関連。銘柄数的には高安マチマチ。前営業日比は+0.06%となる。


■15/03/11:日経平均終値1万8723円52銭/131.1
本日の東京株式市場は高値圏での値動き。前日のアメリカ市場が大きく下落したことから東京市場でも寄り付きは売り優先で開場。ただし円安基調を背景に買い進まれる形となり、後場にかけて一段高となった。しかし引けにかけて失速。一連の動きは短期筋の先導によるものとの話もある。出来高は19億2659万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は+0.31%、TOPIXは+0.06%、マザーズ指数は+1.15%。

自己保有銘柄関連。銘柄数的には高安マチマチやや安値銘柄多し。前営業日比は+1.28%となる。


■15/03/12:日経平均終値1万8991円11銭/130.2
本日の東京株式市場は次第高の流れ。前日のアメリカ市場は軟調に推移したものの、公的年金などによる買い支え期待感は強く、堅調な場の雰囲気の中で推移した。後場に入ると先物買いを先導にした形で一段高となり、一時は日経平均株価は1万9000円台をつけた。出来高は21億8449万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は+1.43%、TOPIXは+1.37%、マザーズ指数は+0.20%。

自己保有銘柄関連。銘柄数的には高安マチマチやや高値銘柄多し。前営業日比は+2.74%となる。


■15/03/13:日経平均終値1万9254円25銭/137.4
本日の東京株式市場は次第高の展開。国内景気の回復期待などを受けて海外勢の買いが入ったとの観測もあり、大きく買い進まれる形となった。SQ込みだが出来高も膨らみ、日経平均株価は終値ベースでも1万9000円を超えた。これは2000年4月19日以来の話となる。出来高は31億9873万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は+1.39%、TOPIXは+0.89%、マザーズ指数は+0.42%。

自己保有銘柄関連。銘柄数的には安値銘柄多し。昨日噴いた銘柄がナイアガラ状態となり、前営業日比は-2.28%となる。

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー