冷凍食品の購入動向をグラフ化してみる(家計調査報告(家計収支編))(2014年)

2014/03/30 20:00

デザートやドリップコーヒー、食パン同様、コンビニで大いに人気を博し、注目を集めている商品種類として「独自ブランドの冷凍食品」が挙げられる。【スパイシージャンバラヤ(フレッシュフローズン)(ファミリーマート) 試食】【金のハンバーグステーキ(セブンイレブン) 試食】などの試食レポートで挙げた通り、一部は自社製のものだが、多分に大手一流ブランドのOEM商品としての展開で、味も太鼓版もの。また調理の手軽さだけでなく、分量が小分けされており、単身世帯をはじめとする少人数世帯でも利用しやすいのがポイントとなっている。それでは平均的な世帯の購入性向として、コンビニに限らず冷凍食品はどの程度買われ、いかなる動きを示しているのだろうか。その実情を総務省統計局が2014年2月18日にデータ更新(2013年・年次分反映)を行った【家計調査(家計収支編)調査結果】の各種データを基にたどっていくことにする。

スポンサードリンク


まずは直近データとなる2013年第4四半期の、冷凍調理食品の世帯当たり購入頻度・支出金額を、一か月分に換算したのが次のグラフ。単身世帯の場合、一か月の購入額は平均で110円、購入頻度は33.0%なので、ほぼ3世帯に1世帯が1パッケージを購入していることになる。

↑ 冷凍調理食品の世帯当たり購入頻度・支出金額(2013年Q4、一か月換算)
↑ 冷凍調理食品の世帯当たり購入頻度・支出金額(2013年Q4、一か月換算)

冷凍食品は単身世帯で需要があるように見えるが、案外買われていない。一方、二人以上世帯では月2回近く、世帯単位の購入金額も500円強と、結構な額。二人以上世帯の1世帯あたり平均人数は3人強であることを考えると、単純に単身世帯3人分の額ではなく、それ以上に積極的な購入が行われている。

さて本題の、冷凍食品の購入度合の推移だが、残念ながら月次の具体的な数字は二人以上世帯でしか計測されていない。そこで、二人以上の世帯については月次で前年同月比、単身世帯や総世帯も合わせた動向については四半期単位でグラフを生成する。まずは二人以上世帯の月次。

↑ 冷凍調理食品の購入頻度・購入金額(前年同月比)(二人以上世帯)
↑ 冷凍調理食品の購入頻度・購入金額(前年同月比)(二人以上世帯)

購入頻度・支出金額共にプラス圏が多く、この数年は明らかに購入度合が増えていることが分かる。お弁当に沿えるおかずとして、食卓の「もう一品」的な彩りとして、大いに有効活用されているようだ。

一方、2013年の秋口以降、これまでに無い動きとして購入頻度・支出金額共に大幅な下落が確認できる。前年同月に異様なプラスを示した上での反動でも無く、やや気になる動きではある。まだ数か月単位での話なので、イレギュラーな可能性もあるが、何らかの理由で二人以上世帯における冷凍食品離れが起きているのかもしれない。

続いて単身世帯なども合わせた四半期単位の動き。多少データの動向が荒くなるが、これは仕方がない。

↑ 冷凍調理食品の購入額(前年同期比)
↑ 冷凍調理食品の購入額(前年同期比)

二人以上世帯、そしてそれを大きく反映して総世帯がほぼプラス圏で推移しているのが確認できる。業界・市場全体の動向はともかく、世帯単位での購入性向は堅調に推移しているようだ。一方単身世帯に限ると、やや振れ幅が大きいものの、二人以上世帯よりも支出額は大きく増加している。最初のグラフでは「二人以上世帯と比べると一人頭の金額は少ない」ことが判明していたわけだが、それでも以前と比べれば大きな伸びを示していることになる。

気になるのは直近の動き。四半期単位ではまだ2014年の分は反映されていないものの、明らかに二人以上世帯での低迷が見受けられる。それと共に単身世帯で大きな伸びも見られる。上記にある通り、二人以上世帯では今年に入ってからも冷凍食品の低迷が続いているが、それに合わせる形で単身世帯では大きく伸びているのだろうか。



まとめると「冷凍食品は世帯単位ではそれなりにより多く買われるようになっている」「特に単身世帯では以前よりも積極的に買われている」「2013年冬口以降は急速に二人以上世帯が冷え込み、単身世帯が活発に購入している」となる。昨年冬以降の動きが単なるイレギュラーなのか、トレンドとして確定したものなのか、現時点では判断がつきにくい。また、もし確かな傾向だったとしても、その理由は(二人以上世帯では)見出しにくい。

ともあれ今後も定期的に状況の変化を追いかけていくことにしよう。


■関連記事:
【コンビニのプライベートブランドとミニ・ショッピングモール化と】
【プライベートブランド(PB)と製造元と】
【子供の夜食に冷凍食品、最上位に選ばれたメニューは!?】
【お弁当の冷凍食品利用率約8割、専業主婦のお昼では7割近く】
【週一以上で冷凍食品を使う女性は約6割、ネットの情報はあまり参考にせず】

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー