1万9000円に届きそう…株式市場雑感(15/03/02-15/03/06週)(週終値:1万8971円00銭)

2015/03/06 19:00

■15/03/02:日経平均終値1万8826円88銭/135.3
本日の東京株式市場は高値寄り付きの後、低空飛行的なもみあい。寄り付きは円安進行を受けて大きく買い進まれたものの、日経平均株価が1万9000円に近付くに連れて利益確定売りに押されて失速。後場はやや高値圏でのもみあいとなった。出来高は21億7028万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は+0.15%、TOPIXは+0.07%、マザーズ指数は-0.50%。

自己保有銘柄関連。安値銘柄多し。前営業日比は-0.20%となる。

スポンサードリンク


■15/03/03:日経平均終値1万8815円16銭/131.5
本日の東京株式市場はもみあいの流れ。前日のアメリカ市場の堅調さや円安など買い材料はあったものの、ここ数日来の高値圏での値動きを受けた利益確定売りが強まる形となり、後場は下値での推移となった。出来高は23億1592株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は-0.06%、TOPIXは+0.12%、マザーズ指数は-1.85%。

自己保有銘柄関連。銘柄数的には高安マチマチ。前営業日比は-0.04%となる。


■15/03/04:日経平均終値1万8703円60銭/121.1
本日の東京株式市場は安値低迷。過熱感から来る警戒売りに加え、前日のアメリカ市場の安値が拍車をかける形となり、寄り付きから大きく売り込まれた。ただし売りが一巡した後は少しずつ持ち直し、引けまでには下げ幅は大幅に縮小する形となった。出来高は21億3732万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は-0.59%、TOPIXは-0.64%、マザーズ指数は+1.00%。

自己保有銘柄関連。銘柄数的には高安マチマチやや安値銘柄多し。前営業日比は-0.06%となる。


■15/03/05:日経平均終値1万8751円84銭/117.8
本日の東京株式市場は大よそ高値圏での値動き。前日のアメリカ市場の安値を嫌気して寄り付きは安値で場が開いたものの、すぐに買い基調に転じて次第高の流れ。ただしECB理事会を今晩にひかえていることや、アメリカの雇用統計の発表が週末にあることなどから積極的に買いにくい状況を受け、買われ方も限定的。出来高も18億2465万株(東証一部上場のみ)と少なめ。前営業日比で日経平均株価は+0.26%、TOPIXは+0.44%、マザーズ指数は+0.12%。

自己保有銘柄関連。銘柄数的には高安マチマチ。1銘柄噴いて、前営業日比は+2.99%となる。


■15/03/06:日経平均終値1万8971円00銭/126.7
本日の東京株式市場は高値圏での値動き。ヨーロッパ中央銀行(ECB)の量的緩和を好感した前日の欧米市場を反映する形で寄り付きから大きく買い進まれ、高値で安定的な値動きを示した。ただし日経平均株価の1万9000円の天井は厚く、結局その直前で足踏みをしたまま場は引けた。出来高は21億2844万株(東証一部上場のみ)と少なめ。前営業日比で日経平均株価は+1.17%、TOPIXは+1.12%、マザーズ指数は+0.26%。

自己保有銘柄関連。銘柄数的には高安マチマチ。前日に続き1銘柄噴いて、前営業日比は+1.44%となる。

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー