ギリシャ懸念後退、重要イベント通過で次第高…株式市場雑感(15/02/23-15/02/27週)(週終値:1万8797円94銭)

2015/02/27 19:00

■15/02/16:日経平均終値1万8004円77銭/113.7
本日の東京株式市場は高値推移。ギリシャに対する金融支援の合意が成されたことで、欧州方面の懸念事項の一つがとりあえず後退したことから前週末のアメリカ市場が大きく上げ、それを受ける形で東京株式市場も寄り付きは大きく買われる形となった。後場に入り利益確定売りと思われる売り圧力が増して上げ幅は縮小したものの、高値は維持される。出来高は24億9190万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は+0.73%、TOPIXは+0.17%、マザーズ指数は+0.37%。

自己保有銘柄関連。高値銘柄多し。ただし上げ幅は限定的。前営業日比は+0.64%となる。

スポンサードリンク


■15/02/24:日経平均終値1万8603円48銭/139.5
本日の東京株式市場は次第高の流れ。寄り付きはさえない動きだったが為替が円安に振れたことをきっかけに次第に買い進まれ、後場に入ると大きく買い上がる形となった。出来高は23億2021株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は+0.74%、TOPIXは+0.36%、マザーズ指数は-0.43%。

自己保有銘柄関連。銘柄数的には高安マチマチ。前営業日比は+0.43%となる。


■15/02/25:日経平均終値1万8585円20銭/130.5
本日の東京株式市場はもみあいの流れ。FRB議長の議会証言から早期利上げは無いとの判断をきっかけにアメリカ市場は上昇。これを受けて買い基調が強まったものの高値警戒感から伸び悩み。引けにかけては円高がいくぶん進んだことでさらなる警戒を呼び、日経胃へ均株価はマイナスに転じる形に。前営業日比で日経平均株価は-0.10%、TOPIXは-0.04%、マザーズ指数は+0.21%。

自己保有銘柄関連。銘柄数的には高安マチマチやや安値銘柄多し。前営業日比は-0.24%となる。


■15/02/26:日経平均終値1万8785円79銭/141.4
本日の東京株式市場は高値展開。FRB議長の議会証言をはじめとした市場への影響が多分に生じるイベントを通過したことを受け、安心感が広まり、寄り付きから買い進まれた。昼間のバスケット取引が大きな額を示したことを好感し、後場には一段高の展開に。出来高は23億9190万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は+1.08%、TOPIXは+0.93%、マザーズ指数は-0.35%。

自己保有銘柄関連。銘柄数的には高安マチマチやや高値銘柄多し。前営業日比は+0.80%となる。


■15/02/27:日経平均終値1万8797円94銭/140.6
本日の東京株式市場は小幅な値動き。週末、月末をひかえポジション整理のための売りアッツ力が強まり、また短期的な過熱感への警戒も加わり、上昇機運と競る形となり、大きな値の展開とはならなかった。出来高は27億2046万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は+0.06%、TOPIXは+0.14%、マザーズ指数は+0.76%。

自己保有銘柄関連。銘柄数的には高安マチマチやや安値銘柄多し。前営業日比は-0.44%となる。

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー