欧州情勢の緊迫は続くも米経済の堅調さが支え…株式市場雑感(15/02/16-15/02/20週)(週終値:1万8332円30銭)

2015/02/20 19:00

■15/02/16:日経平均終値1万8004円77銭/113.7
本日の東京株式市場は高値推移。寄り付き前に発表されたGDPは市場予想を下回る弱さだったものの一応プラスとなり、またギリシャ情勢がやや緩和の動きを見せたことなどを好感し、買い進まれる形となった。もっとも大きな流れを形成するまでには至らず、後場に入ると勢いは失速し、低空飛行の形で推移した。出来高は24億6667万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は+0.51%、TOPIXは+0.69%、マザーズ指数は-0.56%。

自己保有銘柄関連。寄り付きで1銘柄を利益確定の売り。その他銘柄種類数的には高安マチマチやや安値銘柄多し。1銘柄が大きく伸び、それが貢献する形で前営業日比は+0.96%となる。

スポンサードリンク


■15/02/17:日経平均終値1万7987円09銭/117.7
本日の東京株式市場は安値低迷。ギリシャに関するユーロ圏の財務相会合において、支援協議が決裂したことを受けて、同国の債務問題への懸念が高まり、売り圧力となる形で相場への重しとなった。もっとも20年債入札結果が堅調だったことが好感され、次第に下げ幅は縮小し、終値ベースではわずかな下げに留まった。出来高は23億1660株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は-0.10%、TOPIXは+0.18%、マザーズ指数は+0.24%。

自己保有銘柄関連。銘柄数的には高安マチマチ。前営業日比は+0.27%となる。


■15/02/18:日経平均終値1万8199円17銭/126.5
本日の東京株式市場は高値展開。アメリカ市場の堅調さ、円安基調を受けて大きく買い進まれ、日経平均株価は1万8000円台を超えた形で場を終えた。出来高も27億2387万株(東証一部上場のみ)とやや大きめ。前営業日比で日経平均株価は+1.18%、TOPIXは+1.41%、マザーズ指数は+0.99%。

自己保有銘柄関連。銘柄数的には高安マチマチやや高値銘柄多し。ただし下げた銘柄が豪快な下げ方をしたため、前営業日比は-0.11%となる。


■15/02/19:日経平均終値1万8264円79銭/138.7
本日の東京株式市場はやや高値での値動き。金融銘柄を中心に手堅く買い進まれたが勢いは弱く、後場に入ると過熱感を警戒した利益確定売りの圧力により頭を抑えられる形となった。出来高は26億5354万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は+0.36%、TOPIXは+0.83%、マザーズ指数は+0.30%。

自己保有銘柄関連。銘柄数的には高安マチマチやや安値銘柄多し。前営業日比は+0.04%となる。


■15/02/20:日経平均終値1万8332円30銭/132.6
本日の東京株式市場は高値圏での値動き。金融銘柄の利益確定売りが見られるも、堅調な地合いを背景に手堅い値動きが続き、高値でのもみ合いに終始した。もっともここ数日の上げ基調による過熱感への警戒も強く、大きな伸びには繋がらなかった。出来高は24億0615株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は+0.37%、TOPIXは+0.36%、マザーズ指数は-0.16%。

自己保有銘柄関連。銘柄数的には安値圏の銘柄が多い。前営業日比は-0.48%となる。

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー