ウクライナ情勢は好転か…株式市場雑感(15/02/09-15/02/13週)(週終値:1万7913円36銭)

2015/02/13 16:59

■15/02/09:日経平均終値1万7711円93銭/103.2
本日の東京株式市場は高値推移。先週末にアメリカで発表された雇用統計が堅調な値を示したことで同国市場が大きく上向きを示したことを受け、寄り付きは高値となったものの、その後はギリシャ情勢などの不安要因で買い控えが起き失速。高値は維持したものの低空飛行的な状態での値動きとなった。出来高は20億0755万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は+0.36%、TOPIXは+0.55%、マザーズ指数は+0.26%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には高安マチマチやや高値銘柄多し。2銘柄で大きく伸びたものがあり、それが貢献する形で前営業日比は+1.64%となる。

スポンサードリンク


■15/02/10:日経平均終値1万7652円68銭/103.1
本日の東京株式市場は安値圏での値動き。前日のアメリカ市場の軟調さや為替がいくぶん円高に振れたことを受けて売り基調の中での展開となった。ギリシャの政局・債務問題絡みも売り圧力としては無視できない。しかし引けにかけて買い戻しも入り、終値では大きく戻している。出来高は20億0475株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は-0.33%、TOPIXは+0.20%、マザーズ指数は+0.94%。

自己保有銘柄関連。銘柄数的には高安マチマチ。前営業日比は+0.04%となる。


■15/02/12:日経平均終値1万7979円72銭/115.3
本日の東京株式市場は高値展開。アメリカ市場の堅調さ、ウクライナ情勢の好転化やギリシャ情勢などを背景に大きく円安に動き、これも市場機運を後押しする形となった。出来高は27億7325万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は+1.85%、TOPIXは+1.52%、マザーズ指数は-0.12%。

自己保有銘柄関連。銘柄数的には高安マチマチやや高値銘柄多し。前営業日比は+0.88%となる。


■15/02/13:日経平均終値1万7913円36銭/116.5
本日の東京株式市場は安値圏での値動き。ロシアとウクライナ間での停戦合意はポジティブな影響を与えたものの、アメリカの経済指標が良くない動きを示したことから為替が円高に振れ、これが輸出関連銘柄を中心に売り圧力となった。国債の入札結果が弱めに出たことも売りの一因として下げ圧力を積み増しする形となる。出来高は25億6223万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は-0.37%、TOPIXは-0.00%、マザーズ指数は-1.72%。

自己保有銘柄関連。銘柄数的には高安マチマチやや安値銘柄多し。前営業日比は-0.42%となる。

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー