自分だけの部屋があるか、テレビを持っているか…いまどきの子供事情(2016年)(最新)

2016/05/08 13:05

子供が成長していく過程で保護者が判断に悩み苦しむ事柄の一つに、個室を子供に与えるか否かの問題がある。自立心を育むためには個室を与えた方が良いが、子供への監視の目が行き届かない場所が自宅内に存在することを望まない人もいる。一方子供自身は成長と共に、誰にも邪魔されないプライベートな空間を望み、個室を求めるようになる。そのせめぎ合い具合は個々の世帯によって大きく異なるもの。今回はその実情について、少年教育振興機構が2016年5月2日に発表した「青少年の体験活動等に関する実態調査」報告書の各種公開データから確認していくことにする(【「青少年の体験活動等に関する実態調査」(平成26年度調査)報告書】)。

スポンサードリンク


小学生は1/4、高校生は3/4が個室持ち


今調査の調査要項については先行記事【果物の皮を包丁でむいたり、ぞうきんを絞ったり……いまどきの子供事情を探る】を参考のこと。

次に示すのは子供に対し自分の部屋を持っているか否かを尋ねた結果。兄弟との共同利用では無く、回答者一人だけの部屋との意味である。また施錠が可能か否かは尋ねていない。

↑ 自分だけの部屋(自分が一人で使っている部屋)があるか(2014年度)
↑ 自分だけの部屋(自分が一人で使っている部屋)があるか(2014年度)

小学1年生では1/4、これが6年生になると47.9%、中学生では大よそ2/3、高校生では3/4にまで個室率が増加する。世帯全体としての教育方針や住宅の間取りの問題、世帯構成などの理由から個室化できない場合もあるものの、多くは子供の成長と共に子供自身の要望が高まり、許可を与えるようになるものと思われる。また中学校以上では夜間の勉強をする機会が多くなるため、静かな環境が必要との理由で個室を許可されることもあるだろう。

経年変化では大きな変化はない。

↑ 自分だけの部屋(自分が一人で使っている部屋)があるか(経年変化。「不明」を除いて再計算)
↑ 自分だけの部屋(自分が一人で使っている部屋)があるか(経年変化。「不明」を除いて再計算)

いくぶん増加しているようにも見えるが、直近の2014年度では前回調査から減っていることもあわせ、正直誤差の範囲でしかない。もう数年分データを蓄積し、それでもなお増加が続いているのであれば、微増の傾向にある、つまり親は子供に個室を与えるようになりつつあると見ても良いのだろう。現状では「約半数は個室を与えている」と覚えおくのが妥当。

子供のテレビ離れ…か?


個室同様、子供に与えるべきか否かでよく話題に登るのが、一人用のテレビ。詳しい説明は行われていないが、リビングなどで家族共用とは別に子供専用のテレビが配されている状況は考えにくいので、事実上設問の内容は「子供の個室に子供専用のテレビがあるか否か」と読んで良いだろう。また、携帯電話などのワンセグは、視聴環境があったとしても該当しないと解釈しても問題ない。携帯電話を持っている人が「テレビを観る」と語っても、「テレビを持っている」とは普通は語りはしない。

↑ 自分だけのテレビ(自分だけが使っているテレビ)を持っているか(2014年度)
↑ 自分だけのテレビ(自分だけが使っているテレビ)を持っているか(2014年度)

学年が上になるに連れ、保有率も増えていく。自室保有率と似たような動きを示しており、自室が与えられている人ほどテレビを持たされる可能性も高いことが分かる。また歳が上に従い、遅い時間の番組を見たいと思う、しかし家族はすでに寝ているので居間などでは視聴できない、だから自分のテレビが欲しいとの事例もあるのだろう。

これを経年変化で見ると、明らかに減少している。

↑ 自分だけのテレビ(自分だけが使っているテレビ)を持っているか(経年変化、「不明」を除いて再計算)
↑ 自分だけのテレビ(自分だけが使っているテレビ)を持っているか(経年変化、「不明」を除いて再計算)

16年の間に8.7%ポイントの減少、大よそ半分に低下している。テレビそのものの視聴離れか、それとも上記にある通りワンセグ、さらにはパソコンやスマートフォンなどの視聴機会への分散による結果か、判断は今件データだけでは難しい。

詳細解説の機会は別途設けるが、インターネットの利用時間の伸び、携帯電話の所有率の増加などを見るに、子供達の娯楽は少しずつテレビからネットにシフトしていそうである。


■関連記事:
【「子供のテレビ離れ」…子供のテレビやDVD視聴時間をグラフ化してみる】
【子供部屋の環境、テレビは寛容、ネットは年相応、ドアにカギはアウト!?】
【子供の「テレビ漬け」を避けるための保護者向けヒント】
【小中高校生によるスマートフォンを使った動画視聴動向をグラフ化してみる(2016年)(最新)】

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー