最後にストンと下げたけど…株式市場雑感(14/12/29-14/12/30週)(週終値:1万7450円77銭)

2014/12/30 16:00

■14/12/29:日経平均終値1万7729円84銭/110.3
本日の東京株式市場はもみあい、後場に入って急落の流れ。前場は前日のアメリカ市場の堅調さなどを受けてやや高値で推移していたが、後場に入ってシエラレオネから帰国した日本人男性がエボラ出血熱の感染の疑いがあると伝えられると、これをトリガーとする形で先物が大きく売り込まれ、出来高が元々少ない状況も合わせ大きく下げる形となった。ただし急落ぶりは一時的なもので、引けまでにはかなり戻している。出来高は19億3247万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は-0.50%、TOPIXは-0.20%、マザーズ指数は+0.48%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には高安マチマチ。前営業日比は+0.24%となる。

スポンサードリンク


■14/12/30:日経平均終値1万7450円77銭/104.3
大納会となる本日の東京株式市場は大幅安の展開。為替の足踏み感、年末のポジション整理、さらにはギリシャの政局不安定化を受けてリスク回避の売りが強まり、終始安値での流れとなった。もっとも年ベースでは上昇率は約7.1%で、去年、一昨年に続き3年連続で陽線にて引ける形となった。出来高は16億6698万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は-1.57%、TOPIXは-1.20%、マザーズ指数は-0.60%。

自己保有銘柄関連。銘柄数的には安値低迷。前営業日比は-0.63%となる。

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー