日本の牛豚鶏肉の消費傾向をグラフ化してみる(下:分量編)

2011/10/19 12:00

先に【日本の牛豚鶏肉の消費傾向をグラフ化してみる(上:金額編)】で記したように、以前掲載した記事【カレーのお肉は「西牛東豚」】に関する質問「カレーに入れる肉の傾向が『西牛東豚』なのは理解したが、ではどうしてその傾向があるのか」をきっかけとした、日本の主要精肉「牛肉」「豚肉」「鶏肉」に関する消費動向の資料作りを兼ねたグラフ作成と分析の下編。上編では金額ベースでの換算だったが、今回は分量(重量)に着目した分析を行うことにする。

スポンサードリンク


今件でまとめる必要があるのは、主要三種の精肉「牛肉」「豚肉」「鶏肉」の地域別消費性向。そこで【家計調査年報】から「支出編」「二人以上の世帯」(※金額編で用いた「総世帯」では分量の項目が無い)を選び、最新データの2010年分から「<品目分類>1世帯当たり年間の支出金額,購入数量及び平均価格」の「都道府県庁所在市別・二人以上の世帯」を選んでデータを取得する。ここには都道府県庁別に「二人以上の世帯」の各項目における、「購入頻度(100世帯当たり)」「支出金額」「購入数量」「平均価格」が記載されている。なお「家計調査」の解説が行われている【家計調査 収支項目分類及びその内容例示(平成22年1月改定)】【家計調査のしくみと見方(PDF)】で確認した限り、「購入数量」の単位はグラム、「平均価格」は100グラムあたりの価格である。

まずは今回の「数量」と前回の「金額」絡みで、一つ関連するデータを提示しておく。

↑ 東京都区部での主要肉価格(100グラムあたり/円、2010年、家計調査年報・家計支出編)
↑ 東京都区部での主要肉価格(100グラムあたり/円、2010年、家計調査年報・家計支出編)

部位や市場、産地、販売地域など多様な条件で大きな変動はあるが、概してこれ位の価格差が出ているという認識ができる。

続いて「金額編」同様に「牛肉」「豚肉」「鶏肉」それぞれの、年間購入(消費)量上位10位の都道府県庁所在地をグラフ化したのが次の図。

↑ 都道府県庁所在市別・二人以上世帯における年間牛肉消費量トップ10(グラム、2010年、家計調査年報・家計支出編)
↑ 都道府県庁所在市別・二人以上世帯における年間牛肉消費量トップ10(グラム、2010年、家計調査年報・家計支出編)

↑ 都道府県庁所在市別・二人以上世帯における年間豚肉消費量トップ10(グラム、2010年、家計調査年報・家計支出編)
↑ 都道府県庁所在市別・二人以上世帯における年間豚肉消費量トップ10(グラム、2010年、家計調査年報・家計支出編)

↑ 都道府県庁所在市別・二人以上世帯における年間鶏肉消費量トップ10(グラム、2010年、家計調査年報・家計支出編)
↑ 都道府県庁所在市別・二人以上世帯における年間鶏肉消費量トップ10(グラム、2010年、家計調査年報・家計支出編)

個々の精肉の比較なら、「西日本は牛肉」「東日本は豚肉」「九州は鶏肉」という図式はほぼ踏襲している。また横軸の区分を見れば分かるが、分量的には全般として「豚肉」>「鶏肉」>「牛肉」であることがわかる。

もちろん「地域によっては豚肉以上に牛肉、あるいは鶏肉が(重量の観点で)食べられているところも?」という疑問がわいてくる。しかし今データの限りではそれは皆無だった(のでグラフの類は創らない)。残るは「豚肉」と「鶏肉」のどちらが多く食べられているか。金額面では以前の記事で挙げてあるので、分量的な問題となる。

そこで実際に「豚肉」と「鶏肉」の購入消費量を比較し、「鶏肉が豚肉より多く食されている」地域を抽出し、日本地図に反映させたのが次の図。

↑ 都道府県別・「豚肉」「鶏肉」の年間消費(購入)分量の高低(2010年)
↑ 都道府県別・「豚肉」「鶏肉」の年間消費(購入)分量の高低(2010年)

徳島がやや飛び地の位置にあるが、大体九州北部-中国西部に集中していることが分かる。この地域は先の記事や【北九州はから揚げのメッカなのか!?……から揚げ談義もろもろ】でも記したように、唐揚げ文化が活性化しており、消費分量が多いのも納得できる。例えば「鶏肉」の最多消費量を誇る大分市と東京都区部の消費量を比較したのが次のグラフ。

↑ 主要三精肉年間消費量(グラム、2010年、家計調査年報・家計支出編)
↑ 主要三精肉年間消費量(グラム、2010年、家計調査年報・家計支出編)

単純計算で大分は東京の1.57倍。大分の人がいかに鶏肉を愛しているかが、改めて理解できるといううものだ。


■一連の記事:
【日本の牛豚鶏肉の消費傾向をグラフ化してみる(上:金額編)】
【日本の牛豚鶏肉の消費傾向をグラフ化してみる(下:分量編)】

スポンサードリンク


関連記事



▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2018 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー