全般的に下落基調…賃貸住宅の成約家賃動向をグラフ化してみる(2017年6月発表分)(最新)

2017/08/11 05:15

賃貸住宅の管理会社で構成される協会「日本賃貸住宅管理協会」では半年ごとに同協会公式サイトにて、【賃貸住宅景況感調査日管協短観】を更新・公開している。その最新版「賃貸住宅景況感調査日管協短観・2016年度下期(2016年10月から2017年3月)」が2017年6月付で公開された。今回はこの公開値などを基に、賃貸住宅管理会社が管理する物件で賃貸契約が成約した際の、家賃の動向について状況の確認をしていくことにする。

スポンサードリンク


賃貸物件を間取りで「1R(ワンルーム)-1DK(1部屋+ダイニング+台所)」「1L(リビング)DK-2DK」「2LDK-」の3タイプ、要は小型・中型・大型に区分。それぞれの物件で個々の管理会社における成約時の家賃が「前年同期」(今回ならば2015年下期)と比べてどのように変化したかを尋ねた結果が次のグラフ。全体的には「増加」よりも「減少」回答者が多く、1/3強の値を示している。

↑ 賃貸住宅管理会社における物件の成約賃料の変化(全国)(2016年度下期、前年同期比)
↑ 賃貸住宅管理会社における物件の成約賃料の変化(全国)(2016年度下期、前年同期比)

個々の管理会社で賃料が増加、つまり上がった状態で契約した事例が前年同期と比べて多数を占めたとの回答は15.8%。減少回答は33.9%を占め、流れとしては家賃の下落現象が見受けられる。「変化なしが約5割」と安定感があるとの解釈もできるが、後述するDI値はマイナス圏にあることも合わせ、需給の観点では賃貸住宅の供給過多による値下げ傾向が続いていることが分かる。見方を変えれば「借り手優勢市場」。

間取り別では中型がいくぶん大人しく、「増加」「減少」の差異は最小限に留まっている。需給関係を勘案すれば、中型物件に人気が集まり、高めの物件でも成約する事例が多かったことになる。他方、小型・大型の間取りではやや大きな減少ぶりが見られる。

これを首都圏・関西圏・その他地域に対象領域を区分し、それぞれの圏限定で値を確認したのが次のグラフ。

↑ 賃貸住宅管理会社における物件の成約賃料の変化(首都圏)(2016年度下期、前年同期比)
↑ 賃貸住宅管理会社における物件の成約賃料の変化(首都圏)(2016年度下期、前年同期比)

↑ 賃貸住宅管理会社における物件の成約賃料の変化(関西圏)(2016年度下期、前年同期比)
↑ 賃貸住宅管理会社における物件の成約賃料の変化(関西圏)(2016年度下期、前年同期比)

↑ 賃貸住宅管理会社における物件の成約賃料の変化(その他)(2016年度下期、前年同期比)
↑ 賃貸住宅管理会社における物件の成約賃料の変化(その他)(2016年度下期、前年同期比)

全国の傾向同様にどの地域でも中型物件がやや健闘して「増加」「減少」の差異を少なくしているが、それでも「減少」の優勢に変わりはない。また小型・大型の減少傾向の大きさが改めてよくわかる。他方、首都圏に限れば「減少」の値は小さいものの、「増加」の値も小さなものとなっており、他地域と事情が多少異なっている実情がうかがえる。

これらの動きを分かりやすくするため、DI値(「増加」から「減少」を差し引いた値)を算出したのが次のグラフ。

↑ 賃貸住宅管理会社における物件の成約賃料の変化(DI値)(2016年度下期、前年同期比)
↑ 賃貸住宅管理会社における物件の成約賃料の変化(DI値)(2016年度下期、前年同期比)

プラスを計上したのは関西圏とその他地域における中型物件のみ。それ以外はすべてマイナスで、特に首都圏の下げ幅が大きい。売り手市場≒賃料の下落傾向が生じている。報告書でも「市場の低調によって賃料が大きく下落している。特に首都圏での下落が大きい」とあるが、その実情がよく把握できる。

一年ほど前から「家賃下落の動きの収束化の動きが起きている」とコメントするような状況が続いていたが、前半年期では再び下落の加速感が見受けられた。今半期はその動きを継続しているようだ。下落トレンドと解釈しても良いだろう。


■関連記事:
【60年近くに渡る民間・公営賃貸住宅の家賃推移をグラフ化してみる(2017年)(最新)】
【独身働き人の賃貸生活、家賃はおいくら?】
【家賃の面から大学生の収入と生活の厳しさをグラフ化してみる】

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー