ピカチュウトップでチュウなランキング…ゲームソフトランキング更新(2014/11/17-11/23)

2014/12/01 07:00

早い人はそろそろ大掃除や年末調整、そして年の瀬に向けてのさまざまなビッグイベントに向けた準備に奔走しているであろう今日この頃。2014年11月17日から11月23日分の、メディアクリエイト発表による【週間ソフト・ハードセルスルーランキング】によれば、該当週のセールスランキングの最上位は、ポケモンの新作「ポケットモンスター オメガルビー/アルファサファイア」(3DS)がついた。今タイトルは一連の他シリーズ作同様、同時に2本が発売され、商品名・パッケージデザイン以外は内部データの一部が異なるのみの双子的存在としての提供のため、双方を合わせたカウントが行われている。とはいえ2本合わせて初週130万本超というスタートダッシュの激しさは、「ポケモン」人気が今なお衰えていないことを実感させる。さらに同時発売の「ダブルパック」、要は双方のタイトルを1つに収めた限定セット(特典付き)も第2位についている。

スポンサードリンク


第3位はこちらも新作、コーエーテクモゲームスの「真・三國無双7 Empires」(PS3)。同社人気のアクションゲームシリーズ「無双」と、国取りゲーム的な戦略シミュレーション要素を足した、戦術と戦略の双方が一つで楽しめる、ある意味欲張りなゲームの最新作。今作では戦闘システムを大きく刷新し、さまざまな秘計を追加してより高度な演出を楽しむことができる。加えて自部隊や軍馬、軍旗などのカスタマイズ機能も用意されており、プレイヤーだけの三国志絵巻を織り成していくことが可能。初週感想はネガティブなものが多い。前作までの魅力がそがれたとの意見が相次いでおり、またバランス面も多数指摘が成されている。

第4位はこれまた新作の「アサシン クリード ユニティ」(PS4)。ユービーアイソフト提供の「アサシン」を疑似体験できる隠密アクションゲーム。非常に自由度の高い舞台の中で、多種多様な仕掛けを施し、活用し、任務を遂行している。シリーズでは多様な時代を対象としているが、今作では18世紀末のフランス、革命前後の混乱期を描いている。当時の歴史的事件も数多く再現されており、まさに舞台裏からの歴史参加を堪能できる。マルチプレイによる共同任務遂行ができるのもポイントが高い。初週評価は賛否両論、ややポジティブな意見が多い。今後のアップデートが適切になされれば、より高い評価が得られよう。

今回計測週ではやはり鉄板のポケモン最新作が上位を独占。この勢いならばしばらくはトップは変わらないだろう。第3位以降は知名度の高さ、前評判の良さから上位についたが、次週以降の動向に期待的なものが多いのが気になるところ。

その次週だが、有名ホラーアクションアドベンチャーのリマスター版、有名スポーツゲーム、壮大で自由なファンタジーアクション、マンガやアニメで著名な作品のゲーム化、江戸の鍛冶屋をテーマにした複合ジャンルのシミュレーション、人気ロールプレイングゲームの最新作など、多彩な新作が登場を待ち構えている。激しい上位争いが繰り広げられるに違いない。

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー