政局の 噂で揺れた 一週間…株式市場雑感(14/11/10-14/11/14週)(週終値:1万7490円83銭)

2014/11/14 19:00

■14/11/10:日経平均終値1万6780円53銭/100.1
本日の東京株式市場は安値圏での値動き。短期的な株式市場の大幅上昇機運への警戒感が強まり、また為替市場での円安ドル高の動きが一段落したことを受け、寄り付きから売りがかさむ形となった。しかし下値は限定的で、押し目買いも目立っている。出来高は20億5387万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は-0.59%、TOPIXは-0.26%、マザーズ指数は+0.23%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には安値銘柄多し。ただし下げげ幅は限定的で、前営業日比は-0.38%に留まる。

スポンサードリンク


■14/11/11:日経平均終値1万7124円11銭/99.4
本日の東京株式市場は高値展開、後場に入って大幅上昇の流れ。前場は円安傾向を受けていくぶんの高値で推移していたが、後場に入ると先物が先導する形で大きく値を上げ、為替の円安感もそれを後押しした。出来高は24億1255万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は+2.05%、TOPIXは+1.11%、マザーズ指数は+0.57%。

自己保有銘柄関連。銘柄数的には高安まちまちやや高値銘柄多し。一部インフラ系が健闘し前営業日比は+0.94%となる。


■14/11/12:日経平均終値1万7197円05銭/90.7
本日の東京株式市場は高値展開。アメリカ市場の堅調さ、為替の円安感を背景に寄りつきから買い進まれたことなどを受け、順調な株価動向を示した。ただし引けにかけて過熱感からの警戒による売りが入り、急速に値を落としている。出来高は31億2037万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は+0.43%、TOPIXは+0.13%、マザーズ指数は-1.23%。

自己保有銘柄関連。銘柄数的には高安まちまちやや高値銘柄多し。一部インフラ系が軟調で推移し前営業日比は+0.23%となる。


■14/11/13:日経平均終値1万7392円79銭/98.5
本日の東京株式市場は安値寄り付き次第高の流れ。国内政治に関する噂や要人発言に過敏な反応を示す市場展開となったが、全体的には高値の流れで推移した。出来高は24億6788万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は+1.14%、TOPIXは+0.89%、マザーズ指数は-1.47%。

自己保有銘柄関連。銘柄数的には高安まちまちやや高値銘柄多し。ただし権利落ち銘柄があり、それが足を引っ張ったことで前営業日比は+0.21%となる。


■14/11/14:日経平均終値1万7490円83銭/106.5
本日の東京株式市場は寄り付きプラスで下げに転じ、引けにかけて戻してプラスで終える形に。週末とここ数日の過熱感を受けて寄り付きこそ買い優勢だったものの、次第に下げてマイナスに転じる。しかしながらその後買い戻しが入り、また政局などの噂に翻弄されながらも買い材料の方が注目されることとなり、結局引けにかけてプラスに転じる形となった。出来高は29億5471万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は+0.56%、TOPIXは+0.78%、マザーズ指数は-1.40%。

自己保有銘柄関連。銘柄数的には高安まちまちやや高値銘柄多し。ただし先日の権利落ち銘柄がまだ下げ続け、それが足を引っ張ったことで前営業日比は+0.58%となる。

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー