なおトップが続く「モンハン4G」、「妖怪2」や「スマブラ」など定番が上位復帰…ゲームソフトランキング更新(2014/10/27-11/2)

2014/11/10 07:00

コンビニやスーパー、書店などで年賀状の印刷サービスの案内をよく見かけるようになり、その値引き度合いや図柄のラインアップを比較してどこを利用しようかと思案する今日この頃。2014年10月27日から11月2日分に該当する、メディアクリエイト発表の【週間ソフト・ハードセルスルーランキング】によれば、該当週のセールスランキングの最上位には、先週から継続する形でカプコンの新作「モンスターハンター4G」(3DS)がついた。今回は前回週と比較して単週の販売数を大よそ半減するまでに落ち着く形となっているが、他のタイトルが伸び悩みを示していることもあり、トップを維持する形となった。モンスターを狩る専門家「モンスターハンター」の立場から、さまざまな武具を駆使してハンティングワールドを楽しむゲームの最新作。先行して発売されている『4』のアップグレード版的立場のタイトルだが、難易度までアップグレードしているとの評価が多く、そのハードルの高さから賛否は両論のまま。

スポンサードリンク


第2位は「妖怪ウォッチ2 元祖/本家」(3DS)。販売本数は先週からほんのわずかだが落ち込んでいるものの、実質誤差の範囲。相対的に順位を上位にかさ上げする形となった。関連グッズでは今なお色々と世の中をお騒がせする状態が続いているが、ソフトの需給状態は大よそ鎮静化している。それにも関わらず単週で3万本近く売れる現状は、定番アイテム化した実態を裏付けている。先週も言及したが、12月にオリジナルの映画が封切られるのに合わせ、「真打」も登場する予定。それが出れば再び販売数は活性化を示すに違いない。

第3位は格闘アクションゲーム「大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS」(3DS)。単週販売本数は第2位の「妖怪ウォッチ2 元祖/本家」とほとんど変わらず。こちらも定番化したと見なして良い。任天堂のゲームに登場するキャラクタなどがずらりと勢ぞろいし、格闘ゲームのステージで激しく争うという、まさにドリームバトルロイヤル状態のゲーム。自前のカスタマイズしたキャラクタを送り出すこともでき、この機能の汎用性の高さから、さまざまな有名キャラクタや有名人が作り出され、ソーシャルメディアでも披露されている。現時点でも電車内の映像広告で盛んに宣伝されていることから、任天堂側ではこのタイトルを年末に向けてさらにプッシュする感はある。

第4位は前回の第2位から順位を落としたものの、なお健闘中の「実況パワフルプロ野球2014」(PS3)。コナミの人気野球ゲームシリーズ「パワプロ」の最新作にあたり、さらに今回はシリーズ20周年を迎えたことを記念し、様々なゲームモードが追加されている。そして高校野球部の監督の立場から甲子園優勝を目指す「栄冠ナインモード」も搭載されているのがポイント。発売2週目に突入したが、評価の二分性は継続中。長いシリーズでこだわりを持つ人も多いせいか、意見が分かれるのも仕方がないのだが。

今回計測週では新作の頑張りが今一つで、上位は以前からの発売タイトルで占められることとなった。特に上位陣3タイトルは定番的なポジションであり、このまま年末まで突っ切ってしまいかねない。次週も大きなタイトルの発売予定は無く、今回週と似たような顔ぶれになることだろう。

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー