諸外国の人たちがどんな組織・制度に信頼を寄せているかをグラフ化してみる(上)……日本編

2009/11/06 17:00

信頼イメージ先に【世界各国の「新聞・雑誌」や「テレビ」への信頼度をグラフ化してみる】で『世界主要国価値観データブック』のデータを元にした、「主要国における新聞・雑誌やテレビ(要はマスコミ)に対する信頼度」についてグラフ化したところ、いくつかの意見をいただいた。その中でもっとも多かったのは、「数字が低い各国の人たちは、何を信じているのだろう」というものだ。そこで今回は、マスコミに対する信頼度が低い諸外国などにスポットライトをあてて、どのような組織・制度に信頼をおいているかを見てみることにした。

スポンサードリンク


今調査結果は世界数十か国(80か国以上)が参加して実施している国際プロジェクト「世界価値観調査」によるもの。各国・地域毎に全国の18歳以上男女1000サンプル程度(実際には1000-2000人程度)の回収を基本とした個人対象の意識調査。調査そのものは2005-2006年にかけて行われており、該当冊子は先行して集計が終わった25か国分のデータが収録されている。

今回グラフ化するのは、資料編に掲載されている「組織・制度への信頼」において、日本と諸外国……25か国すべてを対象とするのは骨が折れるので、先の記事で対マスコミ信頼度が特に低かったオーストラリア・アメリカ・イギリス・イタリア、そして日本に類似する傾向を見せていた国のうち(特殊事情も推し量れるという点から)中国……を対象とした値。

調査対象となったのは「宗教団体」「軍隊(自衛隊)」「新聞・雑誌」「テレビ」「労働組合」「警察」「裁判所」「政府」「政党」「国会」「行政」「大企業」「環境保護団体」「女性団体」「慈善団体」。それぞれの組織・制度に対して選択項目として「非常に信頼する」「やや信頼する」「あまり信頼しない」「全く信頼しない」「わからない」「無回答」が用意されているが、このうち「非常に信頼する」「やや信頼する」を足して、そこから「あまり信頼しない」「全く信頼しない」を引き、各組織・制度の信頼度(DI値)を算出することにした。要はこの値が大きいほど、その国では対象の組織・制度が信頼されていることになる。

それではまず今記事では、日本における算出結果をグラフ化してみることにする。

日本における組織・制度への信頼度(2005年)(非常に信頼・やや信頼-あまり信頼しない・全く信頼しない)
日本における組織・制度への信頼度(2005年)(非常に信頼・やや信頼-あまり信頼しない・全く信頼しない)

「新聞・雑誌」「テレビ」の信頼度が高いのは先の記事で触れた通りだが、他に自衛隊や警察の信頼度も高い。ただこれら「公的実力行使組織」への信頼度の高さは世界共通で、自衛隊はともかく警察への信頼度は、日本はむしろ低め。これは恐らく、前世紀末期に相次いだ警察不祥事(チョコレート賭けマージャン問題、埼玉県警上尾警察署での捜査の失態など)で損なった信頼度がまだ回復しきっていないせいだろう。

また「宗教団体」への信頼度が低いのも注目に値する。これは日本では無宗教者が多い事(行事参加的にはむしろ多宗教者が多いとも考えられるが)、影響力が限定されていることなどが要因。むしろ日本人は「日本人教」という名の宗教観の中で生活している、と見てもよいかもしれない。

行政機関(行政、政府、国会、政党)などの信頼度が押し並べて相当量で低いのも日本の特徴。これは不祥事が相次いでいるのはもちろんだが(不祥事は世界各国の行政機関共通の出来事である)、それ以上に先の記事でも触れた、「異常値ともいえるほど信頼度の高いマスコミ」がこぞって反体制的な(公明正大な視点とはぶれる、ある意味理不尽とも受け止められる)主張を繰り返してきたのが少なからぬ影響を与えていると思われる。


■一連の記事:
【諸外国の人たちがどんな組織・制度に信頼を寄せているかをグラフ化してみる(上)……日本編】
【諸外国の人たちがどんな組織・制度に信頼を寄せているかをグラフ化してみる(下)……諸外国編】

スポンサードリンク


関連記事



▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2018 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー