ARIAの進撃再開か、Kissも伸びる…少女・女性向けコミック誌部数動向(2014年4月-6月)

2014/08/04 14:00

ちまたにあふれる雑誌群には男女を問わずにターゲットとしているもの、主に男性(男子)向けのもの以外に、当然女性(女子)向けのものも多数存在する。そこで今回は社団法人日本雑誌協会が2014年7月28日付で発表した「印刷証明付き部数」の最新データ(2014年4月から6月分)などを元に、「少女・女性向けコミック系の雑誌」の動向を大まかにではあるが確認していくことにする。

スポンサードリンク


上位陣の下落が目立つ直近動向


データの取得場所の解説、「印刷証明付部数」など記事内で用いている各種用語の説明、諸般注意事項、そして「印刷証明付き部数」を基にした定期更新の記事に関するバックナンバーは、一連の記事まとめページ【定期更新記事:雑誌印刷証明付部数動向(日本雑誌協会)】にまとめて掲載している。

まずは少女向けコミック誌。昨年では脱落する雑誌もあったが、今四半期も含めて今年に入ってからは脱落する雑誌は無し。また追加誌も無い。

↑ 2014年1-3月期と最新データ(2014年4-6月期)による少女向けコミック誌の印刷実績
↑ 2014年1-3月期と最新データ(2014年4-6月期)による少女向けコミック誌の印刷実績

先行掲載の記事における「週刊少年ジャンプ」「Vジャンプ」「プレジデント」などのように、今カテゴリでは「ちゃお」が他誌を大きく抜いて最上位の座にある。この絶対的優位性は今サイトで「印刷証明付き部数」を追いかけられる最古の値、2008年4月から6月分以降変わるところがなく続いている。「ちゃお」自身の部数は漸減しているが、競合他誌も似たような減り方をしており、「ちゃお」が不動のトップにあり続けていることに違いはない。

「ちゃお」に続くのは20万台の「別冊マーガレット」と「りぼん」、そしてほぼ横並びで「花とゆめ」「なかよし」「LaLa」「Sho-Comi」が競り合いを見せている。

続いて女性向けコミック誌。「少女向け」と異なるのはターゲットがやや年齢の高い女性であること。内容も多分に大人向けのものが多い。ただし男性向けのいわゆる「成人指定」的なものは無い(……が、一部にはそのような指定を受けてもおかしくないものが掲載される事例もある)。部数は「少女向け」と比べると少なめなため、今件グラフでも横軸の部数区切りがやや細かくなっている。

↑ 2014年1-3月期と最新データ(2014年4-6月期)による女性向けコミック誌の印刷実績
↑ 2014年1-3月期と最新データ(2014年4-6月期)による女性向けコミック誌の印刷実績績

「少女向け」のような群を抜いて突出した雑誌があるわけではなく、トップの「BE・LOVE」から比較的きれいな形で部数の序列が出来ている。無論今件に取り上げていない女性向けコミック誌も多々存在することから、実際にはこのような「滑り台的なグラフの並び」で全女性向けコミックの部数が構成されているわけではないが、興味深いビジュアルには違いない。

なおトップの「BE・LOVE」は1963年から1987年まで発刊されていた女性週刊誌「週刊ヤングレディ」から増刊誌として発売されていた漫画誌が、1980年に別雑誌として創刊したもの。20歳以上の女性をターゲットとしたいわゆる「レディースコミック誌」の中でも、やや年齢層が上の30代から40代にスポットライトを当てている。

女性向けコミック誌も少女向けコミック誌同様、青棒より赤棒の方が短い、つまり四半期比で減退している雑誌が多いように見える。これについては次の項目で詳しく解説していく。

ARIA、復活の進撃…四半期変移で直近動向を探る


次に前四半期と直近四半期との部数比較を行い、その状況変化を確認していく。季節変動による影響を受けている可能性はあるが、直近の雑誌部数動向を推し量るには手っ取り早い。

↑ 雑誌印刷実績変化率(少女向けコミック誌)(2014年4-6月期、前期比)
↑ 雑誌印刷実績変化率(少女向けコミック誌)(2014年4-6月期、前期比)

プラス領域はわずかに「なかよし」1誌のみ。マイナス領域で5%を超えた下げ幅を見ているのは「ちゃお」と「Sho-Comi」。「ちゃお」は上記にある通り今ジャンル最大の部数を誇っており、その中でこの下げ幅は少々不安に覚える。もっとも前四半期ではプラス3.7%の値を記していたことから、その反動も少なからず影響している。

また「Sho-Comi」も下げ幅は大きい。中期的にその流れを見ると漸減傾向にあり、この1年では下げ方が加速している感はある。

↑ Sho-Comi(少女コミック)の部数推移(2014年4-6月期まで)
↑ Sho-Comi(少女コミック)の部数推移(2014年4-6月期まで)

続いて女性向けコミックの動向。スポットライトを当てる「ARIA」単独の中期的推移も合わせてグラフを生成する。

↑ 雑誌印刷実績変化率(女性向けコミック)(2014年4-6月期、前期比)
↑ 雑誌印刷実績変化率(女性向けコミック)(2014年4-6月期、前期比)

↑ ARIAの部数推移(2014年4-6月期まで)
↑ ARIAの部数推移(2014年4-6月期まで)

マイナス領域の雑誌は多いものの、誤差範囲を超えた5%超の下げは皆無。またプラス圏では「Kiss」の1.8%と「ARIA」の6.6%が確認できる。

このうち「ARIA」は前四半期で反動により失速した、「進撃の巨人」のスピンオフ「悔いなき選択」の盛り返しによるところが大きいと思われる。該当期のうち6月号では単行本第一巻発売を記念して、5月号掲載の分が再掲載され、1号で2話分がまとめて掲載されたのが大きくプラスに働いたようだ。瞬発的に盛り上がりを見せた2四半期前と比べれば穏やかなものではあるが、「巨人」効果は今なお健在のようである。

一方「Kiss」だが、上げ幅は1.8%に過ぎないが市場環境を考慮すれば大健闘に値する。底上げの原因は複数考えられるが、該当期に発売された各誌の中でも、特に6月号に異様なまでの人気が集まっていることを考えると、筆者が入院のために一時休載していた「逃げるは恥だが役に立つ」の連載再開、人気作品の続編的な「ホタルノヒカリSP」の盛り上がりぶりがプラスに作用したようだ。特に「ホタルノヒカリSP」はコスプレやアイドル好きな女性がメインであることなども共感を呼ぶところがあるのかもしれない(「SP」の意味も今号で明らかにされる)。

マイナス領域のみの少女向けコミック…前年同期比


続いて「前年同期比」の値を算出し、グラフ化で状況の確認を行う。この数字はいわゆる季節変動を考慮しなくても済むため、より精度の高い雑誌の部数動向を確認できる。まず最初は少女コミック誌について。

↑ 雑誌印刷実績変化率(少女向けコミック誌)(2014年4-6月期、前年同期比)
↑ 雑誌印刷実績変化率(少女向けコミック誌)(2014年4-6月期、前年同期比)

5%を超える下げ幅を示した雑誌は8誌で、前四半期における測定値9誌からは1誌減っている。一方で10%を超えたのは4誌で、こちらは2誌から大幅増加。プラス領域の雑誌が皆無という実情も合わせ、あまり安穏としている状態ではないことが分かる。

続いて女性向けコミック。下げた雑誌の下げ幅は少女向けコミック誌と似たようなものだが、上げた雑誌の上げ幅の影響で、グラフ全体がやや不自然な形となってしまっている。

↑ 雑誌印刷実績変化率(女性向けコミック誌)(2014年4-6月期、前年同期比)
↑ 雑誌印刷実績変化率(女性向けコミック誌)(2014年4-6月期、前年同期比)

上記で触れた「ARIA」における「進撃の巨人」効果は年ベース換算では今なお大きなものとして表れており、前年同期比で200%を超える値が出てしまっている。また「Kiss」もわずかではあるがプラス値を示しており、同誌を支える主力連載陣により、良い動きを見せていることが分かる。

一方で誤差を超える5%超の下げ幅を計上したのは4誌。うち10%超は「FEEL YOUNG」と「YOU」の2誌だが、両誌は前四半期でも10%超の前年同期比における下げ幅を示しているだけに、心配を覚える状況ではある。



今四半期では「ARIA」と「Kiss」の堅調さが目立った形となったが、両誌とも雑誌を支える主力連載が冊子全体を底上げしていると評価しても良い状況にある。特定作品ではなく購読雑誌全体の感想を語るサイトやブログを見回しても、両誌に関してはそれぞれ主軸となる作品が、雑誌そのものをいかに支えているかが良くわかる。

一方で少女向け・女性向けコミック誌双方で、男性向けなどの雑誌で良く見られる、デジタル系メディアとの連携を積極的にこなした企画による躍進事例が見受けられないのがやや気になる。スマートフォンの普及率、ソーシャルメディアをはじめとした口コミサービスは、男性よりもむしろ女性の方が利用率が高いことは、多数の調査結果からも明らかにされている。橋渡しの手法には試行錯誤が必要だが、上手い手立てを見出すことができれば、飛躍の起爆剤となりうることは容易に想像が出来る。

今後そのような手法を用いる、チャレンジブルな雑誌が登場し、成功をおさめ、成功方程式的なものを確立することを願いたいものではある。


■関連記事:
【定期更新記事:出版物販売額の実態(日販)】
【ツイッター44%、LINE38%…若年層のソーシャルメディア利用動向】

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー