一部雑誌の健闘は続くも大勢は軟調…諸種雑誌部数動向(2014年4-6月)

2014/08/04 11:00

多種多様なジャンルを網羅する雑誌群を、コンビニや本屋のコーナーを巡って確認していくのは、ウィンドウショッピングの中でもとても楽しい時間の過ごし方の一つ。自分の見聞きしている領域はもちろん、初めて触れることになる分野における雑誌で目に留まるものがあると、つい手に取り、興味関心が沸き上がればレジにまで運ぶことになる。昨今では魅力的な付録が添付する雑誌も増え、お宝探しをしている気分すら味わえる。そのような多様な分野の雑誌のうち、ごく一部ではあるがよく見聞きする分野について、社団法人日本雑誌協会が2014年7月28日付で発表した「印刷証明付き部数」の最新値をもとに、雑誌の部数における「前年同期比」を算出し、その動向を確認していくことにする。雑誌そのものだけでなく、関連する業界の実情も垣間見ることができるかもしれない。

スポンサードリンク


SPA!の順調さは続く…一般週刊誌


データの取得場所の解説や「印刷証明付部数」など用語の説明、諸般注意事項、類似記事のバックナンバーは一連の記事をまとめ収録したページ【定期更新記事:雑誌印刷証明付部数動向(日本雑誌協会)】にて確認のこと。

まずは一般週刊誌のジャンルに該当する雑誌。一部雑誌をのぞき、状況は概して悪化中。

↑ 一般週刊誌印刷実績変化率(2014年4-6月、前年同期比)
↑ 一般週刊誌印刷実績変化率(2014年4-6月、前年同期比)

↑ 一般週刊誌印刷証明付き部数(2014年4-6月)(万部)
↑ 一般週刊誌印刷証明付き部数(2014年4-6月)(万部)

今回計測期では脱落、追加の雑誌は無し。他ジャンルと比べると基本出版刊行数が多いため、経年変化による減退の中でも、まだ余裕があるのかもしれない。

前期比(前年同期比にあらず・グラフは略)でプラスは10誌で、前四半期の4誌から大幅に増加している。季節属性的なもの(年度替わりの最初の四半期のため、新規購入層が期待できる)による増加が毎年確認されているため、その影響が出ているものと考えられる。

一方その季節変動を除外できる、上記にある前年同期比で見ると、マイナス5%以上の下げ幅を示した雑誌は4誌となり、前回の5誌からやや改善。誤差を超える5%以上の増加を示した雑誌は皆無だが、プラス領域の3誌のうち2誌までもが、いわやる写真系週刊誌で占められており、注目に値する。

中でも「SPA!」は前回同様…というよりここ数四半期に渡り、一般週刊誌市場全般が軟調の中では、順調な伸びを示している。部数そのものは11.9万部と他の雑誌に比べれば少なめだが、成長過程にあることに違いは無い。同誌で時折掲載されそのたびに話題に登る「孤独のグルメ」をはじめとする、読者のツボを突いた構成が、じわじわと支持層を広げているのかもしれない。

↑ SPA!印刷実績
↑ SPA!印刷実績

2012年に入ってからは下落基調も止まり、少しずつではあるが部数を積み増しつつある。今後の成長ぶりに期待が寄せられる、数少ない雑誌の一つではある。

前四半期比でちょっと落ちたけどベビモは大丈夫です、な育児系など


続いて育児系雑誌。ベビモ独り勝ちな状態に変わりはない。

↑ 育児系雑誌印刷実績変化率(2014年4-6月、前年同期比)
↑ 育児系雑誌印刷実績変化率(2014年4-6月、前年同期比)

少子化といわれてはいるが、突然子供がいなくなるわけでは無く、育児関連情報の需要が消え去るわけでもない。むしろ社会的コミュニティの形成の難しさ、世代間の断絶などから、子育てに関する情報需要は増すばかり。もちろんその状況を受けてインターネットを用いた各種サービス、とりわけコミュニティサービスは多種多様なものが展開されており、結果として紙媒体による育児情報専門誌は「需要はそれなりにある」「ネット媒体との差別化が求められる」という、難しいかじ取りが求められている。

今ジャンルでここ数四半期に渡り好成績を挙げているのが「ベビモ(Baby-mo)」。

「ベビモ(Baby-mo)」は季刊誌の育児専門誌。今回該当期も出版は1誌のみ……ではあるが、実は今回誌から少々興味深い試みが行われている。【本日のベビモ編集部★その1(ベビモ編集部のスタッフブログ)】に詳細は解説されているが、今回号から育児系雑誌としては初めてとなる、2スタイルの同時発売が行われている。具体的には従来版の大型・付録や小冊子付きのものと、B5サイズで付録なしのハンディ版の2種類。機動性を重視した上で読みたいとの需要に応えて、間接的にはスマートフォンやタブレット型端末などのモバイル端末で読みたいと考えている層へのアプローチ的な意味があるものと考えられる(一部週刊誌でも実験的に似たような切り口のものが刊行されたことがある)。

↑ ベビモ(Baby-mo)印刷実績
↑ ベビモ(Baby-mo)印刷実績

今回はこの新手法が影響した、のか否かは不明だが、前四半期と比べると部数は明らかに減退している。前年同期比ではプラスを維持しているが、やや気になる動きではある。次四半期の動向に注目したい。

続いて食・料理・レシピ系雑誌。健康志向の高まり、一人暮らし世帯の増加に伴う料理人口の増加、さらには震災以降顕著化しつつある中食・内食傾注化など、料理レシピに対する需要は確実に増加している。しかしながら直上の育児情報同様、むしろ検索の便宜性を考慮すればそれ以上にインターネット上のレシピにおける優位性が注目されていることから、雑誌としてのレシピ系分野は状況としてはあまり芳しくない。

↑ 食・料理・レシピ系雑誌印刷実績変化率(2014年4-6月、前年同期比)
↑ 食・料理・レシピ系雑誌印刷実績変化率(2014年4-6月、前年同期比)

↑ (参考)レタスクラブ/栗原はるみ haru mi 印刷実績。2014年4-6月まで
↑ (参考)レタスクラブ/栗原はるみ haru mi 印刷実績。2014年4-6月まで

今回計測四半期では「栗原はるみ haru mi」と「今日の料理ビギナーズ」がプラス領域、他の3誌はいずれも前年同期比でマイナス。特に「レタスクラブ」と「きょうの料理」は1割を超える大幅なマイナスを記録している。

ここ数期に渡り順調な伸び具合を示し、料理系雑誌の期待の星ともいえる「栗原はるみ haru mi」だが、雑誌のメインといえる栗原はるみ氏のカリスマ性、ネームバリューの大きさが、料理雑誌以上の価値を生み出している。その人物に惚れた人に向けた、ファンブック的な部分もあると評しても良い。

ほぼ同数の部数を誇る「栗原はるみ haru mi」「レタスクラブ」両誌の動向をここ数四半期に渡り追いかけているが、前四半期ではついに立ち位置が逆転する形となった。ただし今四半期では前者の部数が落ち、後者が伸びることで、ほんのわずかではあるが再び「レタスクラブ」が上位につく形となっている。ただ中期的なトレンドを見るに、再び順位変動が起きる可能性は多分にある。

エリア情報誌は壊滅状態


エリア情報誌。数年前に大きな再編成が行われ状況の改善が模索されたが、結果は思うように出ておらず、低迷が続いている。

↑ エリア情報雑誌印刷実績変化率(2014年4-6月、前年同期比)
↑ エリア情報雑誌印刷実績変化率(2014年4-6月、前年同期比)

今四半期では精査している全誌が前年同期比でマイナスかつ誤差領域を超える5%以上の下げ幅を示している。特に10%以上を超えた下げ率の雑誌が、全6誌のうち5誌までを占めている状況が、危機感をあおりたてる。各誌はそれぞれ数万部ずつの発刊部数なため、「まだ慌てるような時間じゃない」という状況では無い。早急な状況改善が望まれる……が、スマートフォン関連を中心に周辺環境が激変している以上、付け焼刃的なものではなく、根本的な打開策が求められることはいうまでもない。

人間にもっとも身近なペットである犬と猫を取り扱った、専門誌として知名度の高い「いぬのきもち」と「ねこのきもち」。本屋のレジでサンプルを見かけることは良くあるし、公共機関では最新号が閲覧可能なことも多い。そのため、直接書店購入はできないものの、知名度は案外高い。

↑ 犬猫雑誌印刷実績変化率(2014年4-6月、前年同期比)
↑ 犬猫雑誌印刷実績変化率(2014年4-6月、前年同期比)

↑ 「いぬのきもち」「ねこのきもち」印刷証明付き部数推移(万部)(2014年4-6月期まで)
↑ 「いぬのきもち」「ねこのきもち」印刷証明付き部数推移(万部)(2014年4-6月期まで)

【世界の「いぬ」「ねこ」どちらが好きか勢力マップ】でも触れているが、ペット数としては日本では猫よりも犬の方が多い。それだけ飼い主の需要も多くなることを考えれば、絶対部数で「いぬのきもち」が「ねこのきもち」を上回るのも納得がいく。もっとも今回四半期の動向や、ここ数年の部数減退率を見るに、部数の多い「いぬのきもち」の方が下げ幅が大きいのが気になるところ。このペースが継続すると、あと数年もすれば両誌の部数が均衡する状況に陥るかもしれない。

両誌は通販専門誌で、定期購入スタイルのため、一度購入を決めたら継続的に買われるのが常であり、大きな部数の変化は生じない、はず。にも関わらず、特に「いぬのきもち」の部数が下げ止まらないのは、ペットとしての犬そのものの需要が減退しているのかもしれない。

「小学「一年生」がざっくり減少


最後に小学生向け雑誌「など」。当初は「小学一年生」から「小学六年生」まで揃い踏みだった今項目だが、二誌単位でざくざくと休刊し、代替誌もあっという間に姿を消し、今では「小学一年生」と「小学二年生」のみとなってしまった。そこで幼稚園関連の雑誌を3誌ほどモニタリングに加え、精査を続けている。しかし状況的には小学生向けであろうと幼稚園児向けであろうと、大きな変化は無い。

↑ 「小学●年生」シリーズ+α印刷実績変化率(2014年4-6月、前年同期比)
↑ 「小学●年生」シリーズ+α印刷実績変化率(2014年4-6月、前年同期比)

前四半期同様今四半期でも、前年同期比でプラスを示した雑誌は無し。「小学一年生」の下げ幅が10%を超えており、冷や汗状態。前四半期でもそこそこな「小学二年生」はマイナス2.3%の下げに留まっているが、マイナスなのには違いない。また幼稚園関連も概して軟調。全該当誌がマイナス領域なのが、この分野での現状を如実に表しているといえる。



概要的に、かいつまんでのレベルではあるが、先行記事で取り上げなかった分野の雑誌動向をまとめてみた。とはいえ、多くのジャンルで紙媒体全体が抱える軟調さに頭を痛めている状況に変わりは無いのが分かる。特にデジタル系アイテムにおかぶを奪われている分野(たとえばエリア誌)では、その傾向が強い。

他方、「SPA!」や「ベビモ」のように少数派ではあるが、このような荒波の中にもまれながらも順調なセールスを見せる雑誌もある。正しい切り口、かじ取りを成すことで、まだまだ可能性は多分にあることを教えてくれる。

軟調さを見せる各雑誌で、紙媒体にしか出来ない見せ方で魅力をかさ上げする、デジタルとの積極的な連携で相乗効果を図り、競合媒体のスマートフォンなどにむしろ相乗りするなど、多彩な攻め方による、起死回生的な手立てによる展開。その攻め方が成功すれば、少なくとも同一ジャンルでは多数誌がその後を追いかけることになる。「はじめの一歩」を見せるのは、どの雑誌だろうか。


■関連記事:
【定期更新記事:出版物販売額の実態(日販)】
【小学生や中学生の数の推移をグラフ化してみる(2013年)(最新)】
【ペットを飼えないその理由、「別れがつらい」「禁止」以上に多いのは……】

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー