「テレビを観ながらインターネットをする」はどこまで浸透しているのだろうか(最新)

2023/11/12 02:46

このエントリーをはてなブックマークに追加
2023-1104最近では双方向性のテレビ受像機による番組も提供される機会が増えてきたが、今でもテレビ(放送)はそのほとんどが一方向性、視聴者は放送される番組を観るだけの「提供される」タイプのメディアであることに変わりはない。直接のリアクションを求められないことから、いわゆる「ながら」行為が容易なメディアでもある。その特性を活かし、食事をしたり雑誌や新聞を読みながらテレビを観るスタイルも数多く見受けられたが、昨今では携帯電話(従来型携帯電話とスマートフォンの双方を含む。以下同)などを用いた「テレビを観ながらインターネットをする」様式が増えており、それを前提としたビジネスや構成の番組も登場するようになった。それでは実際に、テレビのリアルタイムでの視聴とインターネットを併用した利用はどれほどまでに行われているのだろうか。情報通信政策研究所が2023年6月23日に発表した「令和4年度 情報メディアの利用時間と情報行動に関する調査」から確認をしていくことにする(【情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査】)。

スポンサードリンク


テレビ観ながらインターネットな人はどれぐらい、どの時間帯に


調査要項などは今調査に関する先行記事【主要メディアの利用時間(最新)】を参考のこと。また今件において「テレビ(リアルタイム)」とはテレビ(テレビ受像機に限らず、パソコンのチューナー接続によるものや、モバイル端末でのワンセグ視聴も含む。要はテレビ番組の視聴)で番組を放送中に(リアルタイムで)視聴すること、「インターネット利用」とは機種・用途を問わずインターネットを使ったサービスを活用することを意味する。

先行する記事の通り、テレビの行為者(連続して10分以上の利用)率は朝食時、昼食時、夕食時とその後の3つの時間帯でピークが生じる。

↑ テレビ(リアルタイム)の時間帯別行為者率(平日、年齢階層別)(2022年)(再録)
↑ テレビ(リアルタイム)の時間帯別行為者率(平日、年齢階層別)(2022年)(再録)

それでは冒頭で触れたように、テレビ番組と相性がよいと言われているインターネットの利用を「併用」している、つまり「テレビのリアルタイム視聴とインターネット利用の並行行為」者率、言い換えれば「テレビ番組をリアルタイムで観ながらインターネットを使っている」人の割合はどのような推移を示しているのだろうか。それぞれの時間帯の全体比を、年齢階層別で見たのが次のグラフ。当然、まずはテレビをリアルタイムで観ていなければ回答には該当しないので、テレビ(リアルタイム)の行為者率の動きと大きな連動性が生じる。

↑ テレビのリアルタイム視聴とインターネット利用の並行行為者率(平日、年齢階層別)(2022年)
↑ テレビのリアルタイム視聴とインターネット利用の並行行為者率(平日、年齢階層別)(2022年)

↑ テレビのリアルタイム視聴とインターネット利用の並行行為者率(休日、年齢階層別)(2022年)
↑ テレビのリアルタイム視聴とインターネット利用の並行行為者率(休日、年齢階層別)(2022年)

まずは平日。全体的な流れとして3つの山になる時間帯が生じる動きは変わりはない。一方でテレビのリアルタイム視聴は若年層よりも高齢層の方が大きく差を開く形で高い行為者率を示しているが、高齢者におけるインターネットの利用割合が低いことから、高齢層の並行行為者率は、若年層のと差はさほど開いていない。若年層におけるテレビとインターネットの相性のよさがうかがえる。

休日となると、就学・就業のしばりが無くなり、テレビ視聴そのものの自由度も高まることから、「ながら利用」の値も大きく変化する。午前中では山となる時間が1-2時間ほど後ろにずれる。

午後に入るとテレビ視聴そのものが減ることもあり、並行行為者率も減る。そして夜半は夕食時とそれ以降に高い値を示すものの、山となる時間帯は突出しており継続することなく値が落ちていく。山の時間帯そのものは20代以上は19-21時台だが、10代だけ22時台。テレビを観ながらのスマートフォンの利用に夢中なのだろうか。

テレビ鑑賞者のうちどれぐらいの人がインターネットを?


それでは全体に占める「テレビを観ながらインターネット」率ではなく、「テレビを観ている人のうち、インターネットも同時にしている人の比率」はどれぐらいなのだろうか。いわばテレビの「インターネットながら率」ともいえるこの値だが、そもそも論としてインターネットを利用していなければ「ながら利用」は不可能なため、若年層の方が高い値を示している。またテレビ・インターネットそれぞれの行為者率が低い時間帯では誤差が大きくなることから、2022年分は年齢階層別においては双方の値が高めに出る19時台から22時台限定での値のみが公開されている。

↑ テレビのリアルタイム視聴にインターネット並行利用が占める割合(平日、年齢階層別)(2022年)
↑ テレビのリアルタイム視聴にインターネット並行利用が占める割合(平日、年齢階層別)(2022年)

↑ テレビのリアルタイム視聴にインターネット並行利用が占める割合(休日、年齢階層別)(2022年)
↑ テレビのリアルタイム視聴にインターネット並行利用が占める割合(休日、年齢階層別)(2022年)

おおよそ「若年層ほど高い値」「高齢層ほど低い値」との傾向がある。10代が低めなのは、インターネット利用端末を持っていない場合があるため(今件調査の10代における下限年齢は13歳)。直上の通りインターネットの利用機会の多い少ないも一因だが、テレビとインターネットの相性は年齢階層の全体人数に占める割合だけでなく、テレビの観賞者に限った割合においても、若年層の方が相性はよいようだ。いわゆるテレビ視聴の「実況」が若年層に流行っていることを裏付ける材料の一つとして挙げられよう。

また見方を変えると、40代以降、特に60代はテレビ視聴の際にインターネットを併用することはあまりなく、テレビに集中していることになる。ライフスタイルのギャップの一様式といえるかもしれない。とはいえ、直近2022年では60代でも、該当時間にテレビを観ている人のうち、インターネットも同時にしている人は2割前後もいることになるのだが。



テレビとインターネットの相性のよさを認識してか、最近では生放送などで連動企画の類をよく見かけるようになった。現在はまだ試行錯誤の雰囲気が強いが、賢明な企画によって視聴者の関心を引く構成を創り上げることができれば、双方のメディアの特性を活かし、大いに盛り上がりを見せることになるだろう。

特にテレビ離れが進んでいると言われている若年層への効果が期待できることから、今後の企画担当者の腕の見せ所でもあることは言うまでもない。


■関連記事:
【ニフティ、ツイッターと連動したリアルタイム疑似視聴動向表示アプリ「みるぞう」提供開始】
【検索動機となりやすい情報源はネット、テレビ、新聞のいずれだろうか】
【テレビを観ながらネットをする「ながら視聴」割合(2013年)】
【テレビは高齢者、インターネットは若年層…主要メディアの利用時間(最新)】

スポンサードリンク


関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加
▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2022 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー|Twitter|FacebookPage|Mail|RSS