米中貿易摩擦激化、されど…株式市場雑感(18/09/18-18/09/21週)(週終値:2万3869円93銭)(最新)

2018/09/21 19:00

株式市場雑感■18/09/18:日経平均終値2万2707円38銭/106.6
本日の東京株式市場はおおよそ高値圏での値動き。米中貿易摩擦の激化懸念があったため寄り付きは安値となったが、その後買い進みが行われ、次第高の展開となった。一部には投機的な買い、売り方の買い戻しとの指摘もある。出来高は15億8144万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は+1.41%、TOPIXは+1.81%、マザーズ指数は+0.79%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には高値銘柄多し。前営業日比は+1.84%となる。

スポンサードリンク


■18/09/19:日経平均終値2万3672円52銭/106.4
本日の東京株式市場は大幅高の展開。米中貿易摩擦は応酬が続いているが想定の範囲内であったことから、米国の株価は上昇し為替も円安に。これが好感され、株価は押し上げられる形となった。出来高は16億0235万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は+1.08%、TOPIXは+0.67%、マザーズ指数は+1.46%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には高値銘柄多し。前営業日比は+0.16%となる。


■18/09/20:日経平均終値2万3674円93銭/112.3
本日の東京株式市場はもみ合いの流れ。特段売り買いの材料が無い中で、自民党総裁選の結果が出たことで材料出尽くし感があり、一時期売られたが、すぐに値を戻す形に。出来高は16億7342万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は+0.01%、TOPIXは+0.11%、マザーズ指数は-0.42%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には高値銘柄多し。前営業日比は+0.24%となる。


■18/09/21:日経平均終値2万3869円93銭/123.8
本日の東京株式市場は高値圏での値動き。連休前のポジション整理売りが上値を抑える形となったものの、アジア市場などが堅調だったことや円安を背景に買い優勢の相場展開となった。出来高は20億7835万株(東証一部上場のみ)。久々の20億株超え。前営業日比で日経平均株価は+0.82%、TOPIXは+0.92%、マザーズ指数は+1.40%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には高値銘柄多し。1銘柄暴落し、前営業日比は-0.98%となる。

スポンサードリンク


関連記事



▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2018 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー