やや円安で手堅い動き…株式市場雑感(14/09/01-14/09/05週)(週終値:1万5668円68銭)

2014/09/05 19:40

■14/09/01:日経平均終値1万5476円60銭/101.4
本日の東京株式市場はやや高値での値動き。先週末のアメリカ市場の堅調さや為替が円安に動いていることを好感する形で買い基調のまま推移したが、その勢いは弱く、小幅な値動きに終始した。アメリカ市場が今晩休みであることや、週の後半にかけて市場を動かす出るかもしれないイベントが複数待ち構えていることから、売買そのものも大人しいものとなる。出来高は18億1198万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は+0.34%、TOPIXは+0.40%、マザーズ指数は+0.66%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的にはやや高値銘柄多し。ただし大きな値幅の動きは無く、前営業日比は+0.14%となった。

スポンサードリンク


■14/09/02:日経平均終値1万5668円60銭/103.2
本日の東京株式市場は高値推移。アメリカ市場は前日はレイバーデーで休場。しかし欧州市場は高値で推移し、円安に為替が大きく動いたことから、これを好感する形で買い進まれた。出来高も昨今ではやや大きめの24億4232万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は+1.24%、TOPIXは+1.09%、マザーズ指数は-1.98%。

自己保有銘柄関連。銘柄数的には高値銘柄多し。ただし枚数を多く有している銘柄が結構大きな下げ幅を見せたため、前営業日比は+0.15%に留まる。


■14/09/03:日経平均終値1万5728円35銭/105.2
本日の東京株式市場はやや高値圏での値動き。為替が一時1ドル105円台に突入したことを受けて、輸出関連銘柄を中心に買い進まれた。為替がいくぶん戻したこと、午後に入り内閣改造の結果が伝えられるに為替が再び105円を割り込み、これを受けて市場も上げ幅を縮小している。出来高は24億8802万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は+0.38%、TOPIXは+0.13%、マザーズ指数は+0.58%。

自己保有銘柄関連。銘柄数的には高安まちまちやや安値銘柄多し。1銘柄大きく下げたものがあり、これが足を引っ張り、前営業日比は-0.25%となる。


■14/09/04:日経平均終値1万5676円18銭/104.0
本日の東京株式市場は安値圏での値動き。前日のアメリカ市場の動きが今一つだったのと、為替の動きが一段落ついたこともあり、利益確定売りの圧力が強まり、じわじわと値を下げた。日銀の金融政策は現状維持を決定したが、市場の反応はほとんど無かった。週末に向けた海外における経済指標の発表や各種イベントへの備えとして、積極的な動きをひかえる向きが支配的だったようだ。出来高は21億0235万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は-0.33%、TOPIXは-0.39%、マザーズ指数は-1.32%。

自己保有銘柄関連。銘柄数的には高安まちまちやや安値銘柄多し。1銘柄大きく下げたものがあり、これが足を引っ張り、前営業日比は-0.48%となる。


■14/09/05:日経平均終値1万5668円68銭/**.*
本日の東京株式市場は高値より付きの後、失速の流れ。為替レートで円安が進んだことを好感して高値で寄り付いたものの、週末のポジション整理の売りが強まり、次第に値を下げる形となった。日本時間で今晩発表予定のアメリカの雇用統計の値を見定めるため、積極的な動きが取れないとの話もある。出来高は20億2682万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は-0.05%、TOPIXは-0.25%、マザーズ指数は+0.36%。

自己保有銘柄関連。銘柄数的には高安まちまちやや安値銘柄多し。前営業日比は-0.10%となる。

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー