年取ってからの生活費、月何万円位になると思う?

2014/08/21 08:30

一般には定年退職を迎えた後は就業による収入は無くなり、年金とこれまでの貯蓄などで日々の生活を過ごすことになる。再就職を果たしたり、あるいは資産を豊富に持つ人で無ければ、老後は金銭的にキツい生活を余儀なくされることになる。それでは実際に、今後そう遠からずのうちに高齢者の仲間入りを果たす、少なくともその意識を持ち始める中堅者以降においては、高齢者となったあとの生活費をどの程度と試算しているのだろうか。内閣府が2014年6月13日に発表した、高齢期に向けた「備え」に関する意識調査の結果から、その実態を確認していくことにする(【発表リリース:高齢期に向けた「備え」に関する意識調査】)。

スポンサードリンク


月20万円から30万円位?


今調査は2013年11月28日から12月31日にかけて、層化二段無作為抽出法によって選ばれた全国の35歳から64歳の人に対し、郵送配布・郵送回収方式で行われたもので、有効回答数は2707人。

調査対象母集団に対し、回答者の現在の世帯構成、さらには高齢者となった時に想定される世帯構成による区分無く、単純に「自分の世帯における高齢期の生活費」の想定をしてもらった結果が次のグラフ。現在単身世帯も複数世帯世代も全部ひっくるめた結果であることに注意。また生活費とは説明によると「食費、光熱費、ローンの返済、住居費(住宅購入費や住宅改修費を除く)、被服費、耐久消費財購入費、交通・通信費、保健・医療費、教育娯楽・交際費」などを指す。

ボリュームゾーンは20万円台から30万円台前半で、合わせてほぼ7割の結果となった。

↑ 自分の世帯の高齢期の生活費は毎月どれ位必要になると思うか
↑ 自分の世帯の高齢期の生活費は毎月どれ位必要になると思うか

回答者の生活環境(現時点、さらには高齢期における想定上の)や目指しているライフスタイルなどにもよるため、金額の大小は多彩なものとなるのは当然の話だが、10万円未満や50万円以上となる事例が少なからず確認されるのは、価値観の違いを覚えさせる。

ちなみに平均額は24.1万円。また、無回答者は0.8%・分からないとの答えは3.8%に留まっており、多くの人が高齢期における生活の金銭的な状況をある程度以上、具体的に想定していることが分かる。

現在の生活環境で大きく変わる「高齢期の必要額」


これを回答者における現在の各種環境別に仕切り直して集計し、平均額を算出したのが次のグラフ。多分に回答者の現状を反映した結果が出ている。

↑ 自分の世帯の高齢期の生活費は毎月どれ位必要になると思うか(平均、万円)
↑ 自分の世帯の高齢期の生活費は毎月どれ位必要になると思うか(平均、万円)

全体平均は24.1万円だが、未婚者は男女とも金額は低め。そして既婚者で配偶者がいる人は男女とも高い値が出ている。配偶者がかつて居たが現在は居ない回答者において、死別した場合と離別した場合で、死別の方が想定生活費がやや高めに出ているが、これは支給される年金額に違いが出るため、それを想定した生活設計をした結果だと思われる。

興味深いのは現在居住している都市規模別。老後も同じ場所に住むという前提の下での回答だが、都市規模が大きくなるほど高い金額を示している。ライフラインの整備性を考えれば、そして現実にも高齢層は都心部に住む傾向が増えてはいるのだが、金銭的な面では物価が相対的に安い地方ほど安上がりで済むとの試算をしていることが分かる。



これらはあくまでも回答者による試算なため、現実にはどの程度の生活費がかかるかは分からない。とはいえ、現在の中堅層が歳を経た時にどのような生活様式を想像しているかを知ることはできる。

ちなみに「現在の」年金生活者の平均的な生活費は単身者で15万円強、夫婦世帯で27万円強(【年金生活をしているお年寄り世帯のお金のやりくりをグラフ化してみる】)。単身者における見積もりは、幾分甘いのかもしれない。


■関連記事:
【2050年には全世帯の4割突破…増える一人身世帯、高齢者単身世帯は約1000万世帯に】
【独り身高齢者の「一人ぼっち」時間、子供との距離と比例関係に(2011年社会生活基本調査)】
【2050年には全世帯の4割突破…増える一人身世帯、高齢者単身世帯は約1000万世帯に】
【家計主世代別の住宅種類をグラフ化してみる】
【「年金」「給料」「私的年金」…60代前半シニア層の三大主要収入】

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー