お盆明けでも閑散の中、ジワリと上げ続けるも…株式市場雑感(14/08/18-14/08/22週)(週終値:1万5539円19銭)

2014/08/22 19:00

■14/08/18:日経平均終値1万5322円60銭/106.3
本日の東京株式市場は小幅な値動き。カレンダー上ではお盆明けではあるが、今なお夏期休業の投資家が多いようで、出来高は少なく、勢いにも欠ける相場展開となった。ウクライナ情勢に大きな変化は無いものの、イラクをはじめとした中東情勢の混沌化は続いており、マイナス材料としての懸念はあったものの、とりあえず今日の相場には影響は生じなかったもよう。出来高は15億5242万株(東証一部上場のみ)と小さめ。前営業日比で日経平均株価は+0.03%、TOPIXは0.05%、マザーズ指数は-0.89%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的にはやや高値銘柄多し。ただし大きな値幅の動きは無く、前営業日比は+0.28%に留まった。

スポンサードリンク


■14/08/19:日経平均終値1万5449円79銭/104.7
本日の東京株式市場は高値圏での値動き。前日のアメリカ市場が堅調だったこと、為替がやや円安方向で流れていることを市場は好感し、買い基調で推移した。もっともまだ夏期休業状態が一部続いていることや、週末にかけて経済面でのイベントが予定されていることから、出来高はさほど大きくない。その出来高は17億9753万株(東証一部上場のみ)と少なめ。前営業日比で日経平均株価は+0.83%、TOPIXは+0.71%、マザーズ指数は+0.77%。

自己保有銘柄関連。銘柄数的には全銘柄きれいに上げ。ただし上げ幅は小幅にとどまり、前営業日比は+0.50%となる。


■14/08/20:日経平均終値1万5454円45銭/101.5
本日の東京株式市場は高値圏でのもみ合いな流れ。前日発表されたアメリカの住宅関連の指標が堅調だったことから、同国市場も良い流れを見せ、それを受けて為替も円安に動き、東京株式市場もポジティブな中での展開となった。もっとも週末にかけてイベントが相次ぐこと、8営業日続伸という過熱感への警戒もあり、上げ幅は小幅にとどまった。出来高は18億3270万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は+0.03%、TOPIXは-0.05%、マザーズ指数は-0.57%。

自己保有銘柄関連。銘柄数的には高値銘柄多し……なのだが、下げた銘柄が結構大きな下げを示し、前営業日比は-0.37%となる。


■14/08/21:日経平均終値1万5586円20銭/107.3
本日の東京株式市場は高値圏での値動き。前日のアメリカ市場が堅調だったことに加え、為替相場の円安が進んだことを受けて寄り付きから買い進まれ、日経平均株価は一時1万5600円にタッチした。その後は失速するも高値圏を維持し、引けまで堅調な流れで推移した。東京株式市場はこれで9営業日連続の前日比プラスとなり、過熱感への懸念が強まっている。出来高は20億9495万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は+0.85%、TOPIXは+0.90%、マザーズ指数は+0.53%。

自己保有銘柄関連。銘柄数的には高値銘柄多し。ただし上げ幅は限定的で、前営業日比は+0.27%に留まる。


■14/08/22:日経平均終値1万5539円19銭/104.5
本日の東京株式市場は前場高値、後場失速で安値切り替えしの流れ。アメリカの株価上昇に円安傾向もあり、本日も高値圏での値動きを示していたものの、後場に入るとこれまでの連騰への警戒感や週末のポジション整理売りがあり、失速、安値圏へ転換した。ただし下げ幅は限定的なものに留まっている。出来高は17億5781万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は-0.30%、TOPIXは-0.40%、マザーズ指数は+0.70%。

自己保有銘柄関連。銘柄数的には安値銘柄多し。ただし下げ幅は限定的で、前営業日比は-0.21%となる。

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー