2014年7月の熱中症での病院搬送者、昨年同月と比べて5000人強少ない1万8407人に

2014/08/12 12:05

総務省消防庁は2014年8月11日付で、同年7月の熱中症を起因とした全国の救急搬送の状況(確定値)を発表した。その内容によると同年7月における熱中症による救急搬送者は全部で1万8407人となり、前年同月の2万3699人と比べて5292人減少した値となった。消防庁側ではこの減少状況について、梅雨明けが昨年より遅く、その分気温の上昇も遅れたことが原因であると説明すると共に、今後気温の上昇から熱中症のリスクが高まるため、引き続き警戒が必要であると言及している(【消防庁:発表リリース一覧ページ】)。

スポンサードリンク


今年の7月は梅雨前線の本州停滞と、台風8号の上陸に伴い、上旬には雨が振る地域が多かったものの、中旬になると西日本では引き続き雨天が続くも北日本では晴れの日が継続し、気温も上昇。下旬には北日本で雨が降る日も多かったものの、東西日本では晴れる日も多くなった。また梅雨明けは6月末の沖縄に始まり、7月中旬には九州、そして関東と続き、7月28日には梅雨が無い北海道をのぞきすべての国内地域での梅雨明けが宣言されている。その梅雨明け前後においては各該当地域で気温をはじめとする急な気象状況の変化に伴い、体調の調整が追い付かず、体の不調を訴える人が続出し、熱中症と判断されて搬送される人も相次いでいる。

今回の発表によれば、2014年7月の全国における熱中症による救急搬送人員(救急車で医療機関に搬送された人)は1万8407人となり、昨年2013年の7月における2万3699人と比較すると22.3%減というやや大きめの減少を示す形となった。これは冒頭で触れている通り、梅雨明けが昨年よりも遅めだったのが主な原因。

↑ 熱中症搬送人員(2009-2014年、各7月、人)
↑ 熱中症搬送人員(2009-2014年、各7月、人)

↑ 熱中症搬送人員(2009-2014年、各7月、人数比)
↑ 熱中症搬送人員(2009-2014年、各7月、人数比)

昨年と比べるとすべての年齢区分で人数は減少している。若年層の減少は少なめだが、成人以上では大よそ2割減の状態で推移しており、梅雨明けの遅さによる減少との消防庁の説明も納得がいく。もっとも未成年者の減少率がやや低めだが、これはまだ学校が夏期休業に入っていない期間が多分にあること、そして休業に入った直後における部活動などでの過熱ぶりによるものと考えれば道理は通る。指導する先生方、あるいは部活動を行う生徒本人自身も梅雨明け前・梅雨明け直後で油断したのかもしれない。

搬送時の初診傷病程度は次の通り。やや起伏はあるが、平均すれば2010年以降は少しずつ中等症以上の重い病症率は減少している。搬送が必要な状況が確認されても、軽度のうちに連絡が成された事例が増えているのなら、「不幸中の幸い」という表現の範囲内ではあるが、悪くは無い。一方で今なお中等症以上の状態で搬送される事例が3割以上あることは、懸念すべき状況ともいえる。

↑ 熱中症搬送人員初診時傷病程度(2009-2014年、各7月、人)
↑ 熱中症搬送人員初診時傷病程度(2009-2014年、各7月、人)

↑ 熱中症搬送人員初診時傷病程度(2009-2014年、各7月、人数比)
↑ 熱中症搬送人員初診時傷病程度(2009-2014年、各7月、人数比)

ちなみに各症状の具体的内容は次の通り。

軽症:入院を必要としない程度
中等症:重症または軽症以外の病状
重症:3週間の入院加療を必要とするもの以上
死亡:医師の初診時に死亡が確認されたもの

「軽症」と「重症」の容体を比較した上で勘案すると、「中等症」とは「3週間未満の入院を必要とするもの」となる(入院を必要とし、しかし3週間までには至らない)。つまり「重症ほどではないが、搬送時には相当状態が悪化しており、その場の治癒で退院は出来ず、少なくとも入院措置が必要な状況」。本人の無理がたたった、または他に誰もいない環境下で気を失い、第三者による発見が遅れた状況である。一歩間違えればさらにその上の「重症」「死亡」への可能性も十分考えられる(特に高齢者の一人暮らしにおいては、このリスクが高い)。

自分自身への熱中症に係わる注意を怠りなくするのと共に、自身の体調に異常を感じたらすぐに水分補給、涼しい場所への移動、楽になる姿勢を保つなど、各種対応を行うのは常識論のレベル。それに加えて、身の回りに体力の不安な人、身体の衰えなどの理由から適切な反応が期待できない人が居たら、積極的に声をかけるなどして、自分以外の人においても熱中症の発生を極力防ぐ姿勢を望みたい。室内でも「外では無いから大丈夫だろう」と油断して、熱中症の症状を発する人も少なくない。

なお今回の確定報により、2014年6-7月(夏期)における搬送者数総計は2万3041人となった(2014年は5月下旬から計測が開始されているが、今件累計は他年と比較するため6月からのものに限っている)。あらためて累計人数を記しておく。

↑ 夏期熱中症救急搬送人員(2010-2014年、各年6-7月の累計)
↑ 夏期熱中症救急搬送人員(2010-2014年、各年6-7月の累計)

今年は当初エルニーニョ現象が夏にも発現され、その影響で冷夏となるとの予想が行われていたが、その予想は秋にずれ込み、また暑さの実態も(梅雨明けこそやや遅くなったが)ほぼ例年通りに推移している。他方、報道件数・頻度は減っているが、電力需給上の問題は昨年同様、電気料金やそれに伴う消費者側の利用機運を考慮すると、むしろ昨年より厳しい状態にあり、冷房の使用を遠慮してしまうことで生じる室内での熱中症リスクは高まりを見せている。

7月の熱中症によるものと見られる救急搬送人員は昨年、一昨年を下回ったものの、これはひとえに気候によるもの。消防庁でも警告をしている通り、梅雨明け後は気温の上昇著しく、また湿度も高いことから、熱中症への備えを怠らないよう十分注意をしてほしいものである。


■関連記事:
【エルニーニョは発生する可能性はあるが秋にずれこみそう、そして冷夏は......】
【熱中症についてまとめてみる】
【週次熱中症搬送者数速報(2014年分、逐次更新)】

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー