夏の閑散相場…株式市場雑感(14/08/11-14/08/15週)(週終値:1万5314円57銭)

2014/08/14 19:00

■14/08/11:日経平均終値1万5130円52銭/81.5
本日の東京株式市場は大幅高で推移。ウクライナ情勢の緊張感がややほぐれたことを好感する形で順調に買い進まれ、後場に入って一段高の流れとなった。もっとも夏季休業中の閑散相場における上昇で、出来高も小さめなこと、地政学リスクの観点で状況が大きく改善されたわけではないことから、足腰の座った上昇ではないとする見方が大きい。その出来高は18億7491万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は+2.38%、TOPIXは1.97%、マザーズ指数は+6.22%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的にはやや高値銘柄多し。ただし大きな値幅の動きは無く、前営業日比は+0.40%に留まった。

スポンサードリンク


■14/08/12:日経平均終値1万5161円31銭/84.5
本日の東京株式市場はやや高値圏での小幅な値動き。前日のアメリカ市場が堅調だったことから終始買い基調は継続したものの、夏期休業日ということもあり勢いは弱く、後場に入ってやや失速。地政学リスクの大きさが頭を押さえつけている感は否めない。出来高は16億1823万株(東証一部上場のみ)と少なめ。前営業日比で日経平均株価は+0.20%、TOPIXは+0.41%、マザーズ指数は+1.12%。

自己保有銘柄関連。銘柄数的には高安マチマチやや高値銘柄多し。先日落ちた銘柄が気持ちよく上げ、前営業日比は+0.80%となる。


■14/08/13:日経平均終値1万5213円63銭/87.1
本日の東京株式市場は安値寄り付きの後、高値圏での値動き。寄り付き前に発表された四半期GDP速報は事前の予想とほぼ同じ結果と判断され、サプライズ材料とは成らず、市場に与える影響もほぼなかった。またお盆休み期間中ということもあり出来高自身も少なく、材料もあまり見られなかったことから、小幅な値動きに終始している。その出来高は17億3741万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は+0.35%、TOPIXは+0.35%、マザーズ指数は+1.05%。

自己保有銘柄関連。銘柄数的には安値銘柄多し。取得枚数が多い銘柄がグンと下げ、前営業日比は-0.67%となる。


■14/08/14:日経平均終値1万5314円57銭/94.7
本日の東京株式市場は高値圏での値動き。前日のアメリカ市場の堅調さ、為替がやや円安に振れたことを好感し、買いが優勢な女歌となった。もっとも夏場の閑散相場の中ということもあり、出来高は低迷。確固とした勢いとまでには至らなかった。出来高は18億3783万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は+0.66%、TOPIXは+0.66%、マザーズ指数は+0.31%。

自己保有銘柄関連。銘柄数的には高値銘柄多し。ただし上げ幅は限定的で、前営業日比は+0.52%に留まる。

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー