週末の海外リスクでストンと落ちる…株式市場雑感(14/07/14-14/07/18週)(週終値:1万5215円71銭)

2014/07/18 19:00

■14/07/14:日経平均終値1万5296円82銭/111.4
本日の東京株式市場は高値展開。アメリカ市場の前週末の高値を好感し、また先週までの下げ基調の反動もあり、寄り付きから買い優勢での流れとなった。後場に入ると先物主導で大きく上げたが出来高は小さめで、相場観を伴った動きとは言い難い。その出来高は19億2669万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は+0.88%、TOPIXは+0.82%、マザーズ指数は+1.64%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には高安マチマチやや高値銘柄多し。大きな値幅の動きは無く、前営業日比は+0.41%となった。

スポンサードリンク


■14/07/15:日経平均終値1万5395円16銭/117.0
本日の東京株式市場は高値圏での値動き。前日のアメリカ市場が大幅高になったことに加え、為替がやや円安に動いたことを好感し、終始買い基調のまま展開した。ただし勢いは今一つで、材料不足感は否めない。日銀の金融政策は維持決定で、相場には大きな影響は生じず。出来高は20億9293万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は+0.64%、TOPIXは+0.65%、マザーズ指数は+1.26%。

自己保有銘柄関連。銘柄数的にはほぼ全面高。ただし上げ幅は限定的で、前営業日比は+0.59%となる。


■14/07/16:日経平均終値1万5379円30銭/111.0
本日の東京株式市場はもみあいの流れ。相場を左右するような材料は特に出ず、前日終値付近を行きかう小幅な値動きに終始した。出来高も小さめで18億4963万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は-0.10%、TOPIXは-0.01%、マザーズ指数は-1.90%。

自己保有銘柄関連。銘柄数的には高安まちまちやや安値銘柄多し。ただし下げ幅は限定的で、前営業日比は-0.22%となる。


■14/07/17:日経平均終値1万5370円26銭/112.0
本日の東京株式市場は高値寄り付きのあと失速の流れ。アメリカ市場が前日最高値を更新したことを好感し、寄り付きは高くついたが、アジア市場が軟調に推移したことや、為替がやや円高ドル安に振れたことから、次第に値を下げ、引けまでにはマイナス圏での値動きとなった。ただし下げ幅も限定的で、材料に乏しい市場観といえる。出来高は22億8565万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は-0.06%、TOPIXは-0.02%、マザーズ指数は-0.82%。

自己保有銘柄関連。銘柄数的には高安まちまちやや安値銘柄多し。ただし下げ幅は限定的で、前営業日比は-0.12%となる。


■14/07/18:日経平均終値1万5215円71銭/101.8
本日の東京株式市場は大幅安の展開。日本時間で深夜発生した海外要因、具体的にはウクライナ地域でのマレーシア機撃墜事件、そしてイスラエル軍によるガザ地区での地上進攻を受け、リスク回避と円高の流れが加速し、寄り付きは大きく売り込まれた。しかし為替レートが大きくは動かなかったことから、じきに株価も戻しはじめ、引けまでには100円以上の戻しを見せる形となった。出来高は18億4378万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は-1.01%、TOPIXは-0.79%、マザーズ指数は+0.08%。

自己保有銘柄関連。銘柄数的には全面安の流れ。ただし下げ幅はやや控えめで、前営業日比は-0.56%となる。

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー