中堅・シニア層にズバリ聞く「あなたは何歳まで生きたいか」

2014/07/10 15:30

死後の世界のあるなし、有り様は生物学的・宗教学的なところがあるのでさておき、人もまた生物(せいぶつ)である以上、少しでも長生きをしたいと思うもの。高齢社会化する昨今においては、その「長生き願望」はより一層社会において注目を集める事象の一つとなる。それでは具体的に、中堅層やシニア層においては、何歳ぐらいまで生きたいと考えているのだろうか。ライフメディアのリサーチバンクが2014年7月9日に発表した「健康に関する調査」の結果から、その実態をたどることにする(【発表リリース:健康に関する調査】)。

スポンサードリンク


今調査は2014年6月18日から19日にかけて40歳以上の既婚男女を対象にインターネット経由で行われたもので、有効回答数は1200件。男女比は1対1、世代構成比は40代・50代・60代以上で均等割り当て。

今調査対象母集団に対し具体的に、回答者自身は何歳ぐらいまで生きたいかを聞いたところ、最多回答層は80代前半となった。比率は29.8%でほぼ3割。

↑ あなたは、何歳ぐらいまで生きたいと思いますか?
↑ あなたは、何歳ぐらいまで生きたいと思いますか?

最多回答層の80代前半を中心に、70代後半から80代後半で2/3近くを占めている。現時点での日本の平均寿命は男性が約80歳、女性が約86歳。大よそ平均寿命をカバーしていることになる。心境的には「平均寿命までは生きたいな」というところなのだろう。90歳以上まで生き長らえたい人も2割近くいる一方で、70歳を前に人生を全うしても良いと考えている人も7%近くいる。現状や心境、価値観など事情は人それぞれだが、色々と複雑な感はある。

これを男女別に見たのが次のグラフ。

↑ あなたは、何歳ぐらいまで生きたいと思いますか?(男女別)
↑ あなたは、何歳ぐらいまで生きたいと思いますか?(男女別)

男女とも現在の年齢世代別回答数は同じなので、男女で世代構成比が異なるので、結果も違うものとなったという説明はできない(回答者の現在の年齢別回答率も興味はあるが、残念ながら今報告書では非公開)。パッと見で分かる通り、80代後半で女性の比率が男性よりかなり高く出ており、平均寿命位までは、と望む意見が多いことが分かる。ただし男性の平均寿命が該当する80代前半の方が、女性においても回答率がもっとも高く、平均寿命云々というよりは一つの目安として、80代前半が認識されているものと思われる。

他方、その世代を超えて90代前半、さらには100歳以上になると男性の方が回答率はグンと高くなる。長寿における願望は、男性の方が概して強いようだ。



日本では77歳で喜寿、88歳で米寿などのように、区切りの良い長寿年齢になると、長生きを祝う社会的慣習がある(【長寿のお祝いを学ぼう(シャディ)】)。一番有名なのは60歳の還暦だろう。100歳を祝う百寿を迎えるのはなかなか難しいかもしれないが、心身共に健康を維持したまま、長寿をお祝いされたいと思う人も多いに違いない。いわゆる「生命表」を基に自分の年齢から平均余命を算出し、それとにらめっこをしながら、健康への留意をしていくことをお勧めしたい。


■関連記事:
【日本の平均寿命の推移をグラフ化してみる】
【江戸時代の平均寿命とエネルギー消費量】
【平均寿命の前年との差に対する死因別寄与年数をグラフ化してみる】
【寿命を77年のばす15のコツ】
【平均寿命の国際比較をグラフ化してみる】

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー