「結婚しなくてもいいんじゃない」その理由は? 諸国若年層の考えの違いを探る

2014/06/15 14:00

人生の大きな節目といえる「結婚」だが、さまざまな事情でそれを果たせない人もいれば、自らの意志をもってそれを否定する人もいる。それでは結婚をしなくても良いと考えている若年層は、どのような理由でその考えに行き着いたのだろうか。2014年6月に内閣府が発表した、日本や諸外国の若年層を対象にした意識調査【平成25年度 我が国と諸外国の若者の意識に関する調査】の公開値から、諸外国の若年層における結婚否定論の内情を見ていくことにする。

スポンサードリンク


調査要項に関しては同調査に関する先行記事の【日本の若者が抱えるネガティブシンキング、各国比較で上位独走!?】を参照のこと。

先行する別途記事にて解説の通り、今調査対象母集団では日本や韓国では2割強、米英では4割前後、ドイツやフランスでは5割前後、スウェーデンでは7割近くが「結婚しなくても良い」「結婚しない方が良い」と答えている。

↑ 結婚(事実婚含む)についてどう思うか(再録)
↑ 結婚(事実婚含む)についてどう思うか(再録)

それではこれら結婚否定派は、いかなる理由で否定的な意見を持っているのだろうか。否定回答をした人に複数回答で聞いた結果が次の通りとなる。



↑ 結婚(事実婚含む)しない方が良い理由(複数回答、結婚しなくてもよい・しない方が良いと回答した人限定)
↑ 結婚(事実婚含む)しない方が良い理由(複数回答、結婚しなくてもよい・しない方が良いと回答した人限定)

まず目に留まるのが韓国の回答率の高さ。多くの項目で諸国中トップの値を示している。同国は「結婚すべき」「結婚した方が良い」双方を合わせた結婚肯定派の数は最多、結婚否定派は日本に次いで2番目の少なさを示しており、結婚観は概してポジティブなところを有している。一方で「結婚しない方が良い」との強い否定意見も諸国中最多の5.3%という結果が出ており、この強固な否定派の多さが、そのまま各項目における回答率の高さに結びついたものと思われる。

韓国の高さも含め、全般的には「自分の趣味や娯楽を楽しめる」「一人でも不便を感じない」「経済的に余裕が出来る」といった、いわゆる「独身貴族」的なライフスタイルを楽しめることを長所として挙げている。また「仕事に打ち込める」も含め、ポジティブな方面での見方が多い。

日本はといえば、諸項目における値の高さは韓国に続き、アメリカと第二位を競る形が多い。他方、「異性とうまく付き合えない」「結婚までの道のりが大変」といった、結婚そのものや結婚しないことに対するメリットよりも、結婚に至るまでのプロセスの点でつまづいている、敬遠しているようすが確認できる。韓国も似たような傾向が一部出ているが、日本では特に表れており、これらの点が日本の若年層における結婚忌避感の要因の一つになっていることがうかがえる。



今件回答は結婚否定派に応えてもらったものだが、それでもなお各回答項目で、欧米諸国の回答率が低めであることには留意をしておきたい。多数の理由から結婚を避けているのではなく、一つか二つの理由で敬遠している事例が多いということになる。

他方日本や韓国では複数の理由が彼ら・彼女らを結婚否定派の立ち位置に座らせる原因となっている。個人個人の人生観による理由ならば仕方がないが、そうでない場合には、結婚関連の社会的問題を解消するヒントが、各項目の回答率の中に隠されているに違いない。


■関連記事:
【「お金が無い」「異性とうまく付き合えない」上昇傾向 気になる独身…独身者が独身で留まっている理由とは? (詳細版)(2010年分反映版)】
【「しない」「できない」理由はさまざま…独身者が独身で留まっている理由とは?】
【20代男性の結婚できない・したくない理由、トップは…?】
【「結婚したい、でも出来ない」その理由は「出会いが無い」、そして…】

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー