1万5000円の攻防戦…株式市場雑感(14/06/09-14/06/13週)(週終値:1万5097円84銭)

2014/06/13 19:00

■14/06/09:日経平均終値1万5124円00銭/119.8
本日の東京株式市場は寄り付き大きな上昇の後失速するも。プラス圏を維持した流れ。アメリカの雇用統計が良い値をはじき出したことで同国、欧州市場が良い動きを示したことを受けて、買い基調でスタート。しかしそれ以外には主だった材料が無く、次第に中だるみ、失速の流れ。ただしプラス圏は維持する形となった。出来高は17億2738万株(東証一部上場のみ)と少なめ。前営業日比で日経平均株価は+0.31%、TOPIXは+0.02%、マザーズ指数は+1.79%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には高安マチマチやや安値銘柄多し。ただし上下幅は小さく、前営業日比は-0.17%に留まっている。

スポンサードリンク


■14/06/10:日経平均終値1万4994円80銭/118.1
本日の東京株式市場は高値寄り付き次第安の流れ。為替がやや円高に振れたことが売り圧力につながっている。また気象予想に対する警戒感も値を抑える形となっている。出来高は19億8003万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は-0.85%、TOPIXは-0.49%、マザーズ指数は-2.17%。

自己保有銘柄関連。銘柄数的にはやや安値銘柄多し。上げた銘柄にやや勢いのあるものが全体を引っ張り、前営業日比は-0.17%に留まる。


■14/06/11:日経平均終値1万5069円48銭/133.1
本日の東京株式市場は高値展開。前日のアメリカ市場の堅調ぶりを受け買い進まれ、日経平均株価は高値圏での値動きとなり、終値でも1万5000円台を回復した。しかし売り買い材料に乏しく、市場そのものの閑散感は否めない。出来高は17億8724万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は+0.50%、TOPIXは+0.84%、マザーズ指数は+2.92%。

自己保有銘柄関連。銘柄数的にはやや高値銘柄多し。大きな上下は無く、前営業日比は+0.48%に留まる。


■14/06/12:日経平均終値1万4973円53銭/127.6
本日の東京株式市場は安値圏での値動き。アメリカ市場が前日安値だったことや、為替相場が多少ながらも円高に振れたことを警戒し、日経平均株価は一時前日比で200円を超える大幅な下げを記録した。ただ、売りが一巡した後は少しずつ持ち直し、前日終値付近まで手が届くラインにまで戻す場面もあった。あしたの日銀金融政策決定会合からの連想で金融関連銘柄に注目が集まり、それが大きな材料になっているようだ。出来高は21億0459万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は-0.64%、TOPIXは-0.11%、マザーズ指数は+1.13%。

自己保有銘柄関連。銘柄数的にはやや高値銘柄多し。大きな上下は無く、前営業日比は+0.06%に留まる。


■14/06/13:日経平均終値1万5097円84銭/130.2
本日の東京株式市場は安値低迷の後、反発の値動き。イラク情勢の緊迫化、SQ日による思惑が絡んだ売りもあり、市場は前場概して安値で低迷の動きを見せた。一方、法人税減税に絡んだ報道がきっかけで大きく買いの気配が強まり、後場に入るとプラスに転じ、大幅高に移行する形となった。出来高は27億1809万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は+0.83%、TOPIXは+0.50%、マザーズ指数は+1.95%。

自己保有銘柄関連。銘柄数的にはやや高値銘柄多し。大きな上下は無く、前営業日比は+0.43%に留まる。

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー