ソーシャルメディアでよくやりとりする人数、高校生なら何人ぐらい?

2014/05/30 11:30

ソーシャルメディアの利点の一つに、対人コミュニケーションのハードルが下げられる点がある。電子メールよりも多数の人と知り合える機会を得られ、意志疎通そのものは直接対面しての会話、電話による通話、さらには電子メールよりも気軽に行える。それでは多感な時期を迎えている高校生時分では、何人位の人達とやり取りを交わしているのだろうか。情報通信政策研究所が2014年5月14日に発表した「高校生のスマートフォン・アプリ利用とネット依存傾向に関する調査」の速報版の結果から、その人数の実態を見ていくことにする(【発表リリース:「高校生のスマートフォン・アプリ利用とネット依存傾向に関する調査」<速報>を追加しました】)。

スポンサードリンク


今調査は2014年1月7日から31日までの間、154校の都立の全日制・定時制の高等学校に対して、郵送法による無記名自記式質問紙調査方式で行われたもの。有効回答数は1万5191票。学年・性別区分はほぼ均等割り当て。

先行する今調査別途記事で解説した通り、今の高校生は9割以上がソーシャルメディア(今調査ではLINEもソーシャルメディア扱いとしている)を利用しており、それらにおいては、リアルな知り合いとの交流が一番と答えている。直に出会い対話を交わしている、あるいはその経験のある知人とのやりとりを、ソーシャルメディアでも行っているという次第である。

↑ ソーシャルメディア利用目的(高校生、2014年1月、複数回答、ソーシャルメディア利用者限定)(再録)
↑ ソーシャルメディア利用目的(高校生、2014年1月、複数回答、ソーシャルメディア利用者限定)(再録)

そこでこの「ソーシャルメディアを利用している高校生」に対し、ソーシャルメディア上でよくやり取りをする人数を尋ね、その平均値を計算した結果が次のグラフ。もっとも身近な他人といえる家族は1.6人との答えが出ている。

↑ ソーシャルメディアでよくやりとりする人数(2014年1月、高校生、人、ソーシャルメディア利用者限定)
↑ ソーシャルメディアでよくやりとりする人数(2014年1月、高校生、人、ソーシャルメディア利用者限定)

1.6人となると、両親のいずれかと兄弟姉妹がいればそれもプラスして……というところだろうか。最初のグラフにある通り「リアルの友達、知人」に合致する項目としては「学校の友達」「以前の学校の友達」さらには「学校外活動経由の友達(クラブ活動や塾など)」が該当するが、それぞれ15人、10人、5人程度となっている。特に後者2項目は、あまり直に接する場面が無い、無くなってしまった間柄においても、意思疎通を図れるありがたいツールとして、ソーシャルメディアが活躍しているようすがうかがえる。

一方、ソーシャルメディアという場において創生された交流関係における、やりとりをする人数も注目に値する。こちらは「ソーシャルメディア上のみ」、つまり実際には会ったことは無いとの人が19.4人、さらにソーシャルメディア上で知り合い、何らかの形で(例えばイベントやオフ会)実対面を経験している人の人数は1.8人となる。実対面まで進んだ人数は少ないが、ソーシャルメディアというデジタル社会でのみの知り合い、しかもそれなりに親しい柄の知人を、ソーシャルメディアを利用している高校生は20人近く有していることになる。

この人数区分に関して、個々の自己判断テストによるネット依存傾向の区分別(自己判断テストの内容そのものは【スマートフォン保有者の方が「ネット依存傾向」は強い法則】参照のこと)で仕切り直したのが次のグラフ。第三者の検証では無く、あくまでも回答者自身の判断による判定であることに注意。

↑ ソーシャルメディアでよくやりとりする人数(2014年1月、高校生、人、ソーシャルメディア利用者限定)(ネット依存傾向別)
↑ ソーシャルメディアでよくやりとりする人数(2014年1月、高校生、人、ソーシャルメディア利用者限定)(ネット依存傾向別)

リアルな付き合いがある人との間の交流人数に差異はあまり無い。差が大きく生じるのは、ソーシャルメディアがきっかけで知り合った人の人数。実対面を得た人は「高」では5.3人となり、「低」の5倍近くに達する。そしてなによりも、ソーシャルメディア上のみでの付き合いがある人の人数が、「高」では93.1人と100人近くに達してしまっている。ネット依存傾向者は645人(スマートフォン利用者限定)で、統計上のぶれ・誤差が生じているわけでは無い。そしてあくまでも平均値なので、実測値として100人以上の回答をした人がいることは容易に想像が出来る。

自己判定で「自分はインターネットに依存している傾向がある」との回答が出る位に没頭していれば、ソーシャルメディアに深く注力しているのも当然ではあるが、それでもなお、ソーシャルメディア上のみで「よくやりとりする人」の数が90人以上もいるというのは、ある意味相当なコミュニケーション能力を有しているといえるのではないだろうか。……その分、実社会における交流が損なわれていなければ、なお良いのだが。


■関連記事:
【オンラインゲームで遊ぶ友人は平均で16人、半数は「ネット上だけの友人」】
【あなたも実はすでに……!? ネット依存症の26症状と13のチェックリスト】
【若年層の28%は「自分はネット依存」と考えている】
【もはや当たり前!? 高校生の9割以上がソーシャルメディアなどを利用中】
【インターネット利用時間が減った理由は「リアルが多忙」「家族に注意された」】

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー