消費税改定直前駆け込み需要の反動が仇に…2014年4月度のコンビニ売上高は既存店が2.2%のマイナス、3か月ぶり

2014/05/21 13:30

日本フランチャイズチェーン協会は2014年5月20日付で、同協会公式サイト上において同年4月度分となるコンビニエンスストアの統計調査月報を発表した。それによれば協会加盟コンビニの同月度の売上高は前年同月比でマイナス2.2%となり、3か月ぶりにマイナスを示すこととなった。先月発生した消費税率改定直前のたばこの駆け込み需要の反動を受け、来店客数・平均客単価共にマイナスとなり、売上もマイナスに転じることとなった。気象状況は恵まれていたが、需要反動分を補うまでには至らなかった(【日本フランチャイズチェーン協会公式ページ】)。

スポンサードリンク


今調査の概要、調査対象企業などの詳細、バックナンバーに関しては、過去の記事をまとめたページ【コンビニエンスストア(日本フランチャイズチェーン協会発表)】上で解説している。必要な場合はそちらを参照のこと。

主要項目における前年同月比は次の通りとなる。

●店舗売上高:既存店は3か月ぶりのマイナス、全店は14か月連続のプラス
全店ベース……+1.7%
既存店ベース…−2.2%

●店舗数(前年同月比)
+5.2%

●来店客数:既存店は2か月連続のマイナス、全店は37か月連続のプラス
全店ベース……+4.5%
既存店ベース…−0.4%

●平均客単価:既存店は3か月ぶりのマイナス、全店も3か月ぶりのマイナス
全店ベース……−2.7%(585.3円)
既存店ベース…−1.8%(577.8円)

●商品構成別売上前年同月比(全店ベース)
日配食品……+11.9%
加工食品……+4.1%
非食品………−11.3%
サービス……+5.8%
合計…………+1.7%

※既存店……1年以上営業中の店舗を指す(店舗増加による底上げでの数字上の誤差を防げる)

4月は上旬から中旬にかけて平均を下回る寒い日々が続いたものの、下旬は気温も上がり、月平均としては平年並みのものとなった。また天候においては全国的に晴れが多く降水量も少なかったため、外出者が増え、暑さから来るのどの渇きをいやすためかコーヒーをはじめとしたカウンター商材に代表される日配品は堅調な伸びを示した。しかし、先月3月において発生した、消費税率引上げ前の駆け込み需要の反動があり、客数・客単価共に減少。結果として既存店売上高はマイナスを示すことになった。特に来客数よりも平均客単価の減り具合が大きいことから、高単価なたばこを目的とする来場客が客単価の引き上げに大きく寄与していることを示す形となっている。

商品構成別の動向(全店ベース)を見ると、日配食品は上記にある通りカウンターコーヒーの順調さを受けて1割以上の上昇。菓子やアイスクリームなどから構成される加工食品も、今回月は4%を超える伸びを示しており、まずまずの売上をあげていたことが分かる。

非食品はマイナス11.3%。前月のプラス11.6%からは大きなダウンだが、これは上記の通りたばこ特需の反動によるもの。消費税率改定で販売価格が上がった後も、税率改定前同様に目立つ場所で数多くの種類のたばこの姿を見受けることが出来るが、3月までのような売れ方は無く、ぎっしりと並べられたままの状態が継続している店も少なくない。非食品の売り上げ構成比は全体の3割近くに達しており、これが1割以上のマイナスを示してしまったことで、売上全体に少なからぬ影響を与えてしまうのも致し方ない。

サービス部門は前月に続きプラス。先月の2割超のような大きな伸びではないが、引き続き堅調。プリペイドカードの販売もますます充実しており、多種多様なサービス向けのカードが網羅され、便宜性もさらにアップしている。プリペイドカードが使えるサービスが増えることで、今後売り上げはこれまで以上に漸増していくことだろう。

そろそろコンビニ各社から最新版のアニュアルレポート(決算終了期における会社の詳細な事業解説書。投資家向けとして、詳細かつ分かりやすいスタイルで記されている)が発表される。一部コンビニではその中で、たばこなどの販売シェアも記載されており、コンビニにおけるたばこの位置づけがどのように変化しているかを推し量ることができる。

前回月・今回月共に、たばこの販売価格動向に大きく振り回される形となったコンビニの売上動向を見るに、まだまだシェアは大きなようだが、そろそろ変化の兆しが見えてくるかもしれない。またたばこ同様にコンビニの売上に小さからぬ影響を与えている日配食品中のコンビニコーヒーの影響力の変化(拡充)、さらには記載されていればの話だがプリペイドカードに関しても、チェックをしたいところではある。確認ができれば、これからのコンビニの月次売上における動向の変化も、ある程度裏付けられ、今後の予想にも役立つに違いない。


■関連記事:
【たばこ・雑誌からコーヒー・カードへ…今年の一年のコンビニ動向を振り返ってみる(2013年)】
【コーヒー飲料の購入動向をグラフ化してみる(家計調査報告(家計収支編))(2014年)(最新)】
【メビウスは20円プラス…日本たばこ産業、消費税率アップで4月1日からたばこ値上げへ】
【コンビニ四天王の売上高などをグラフ化してみる(2013年)(最新)】
【コンビニエンスストアの商品構成別売上推移をグラフ化してみる(2014年)(最新)】

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー