ウクライナ情勢に引きずられ…株式市場雑感(14/05/07-14/05/09週)(週終値:1万4199円59銭)

2014/05/09 19:00

■14/05/07:日経平均終値1万4033円45銭/86.3
本日の東京株式市場は大幅安の展開。アメリカ雇用統計の値こそよかったもののアメリカ市場は安値低迷で推移し、さらにウクライナ情勢の緊迫化を受けてリスク回避の流れが強まり、為替も円高ドル安の動きを示し、市場は売り一色の状態となった。場中反発する場面も無く、一方的に売られる形となる。出来高は21億0737万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は-2.93%、TOPIXは-2.58%、マザーズ指数は-2.03%。

自己保有銘柄関連。銘柄種類数的には全銘柄が綺麗に下げ、前営業日比は-1.08%となった。

スポンサードリンク


■14/05/08:日経平均終値1万4163円78銭/84.6
本日の東京株式市場は高値圏での値動き。前日のアメリカ市場が堅調な流れで推移したのに加え、昨日の市場における大幅安の反発もあり、買い基調で推移した。ウクライナ情勢の緊張が昨日と比べて幾分和らいだかのように見えたのもプラス材料となった。しかし円高基調が続いていることもあり、買いは限定的なものとなっている。出来高は17億8572万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は+0.93%、TOPIXは+0.21%、マザーズ指数は-1.35%。

自己保有銘柄関連。銘柄数的にはやや高値銘柄多し。何銘柄か健闘したものがあり、前営業日比は+0.93%となる。


■14/05/09:日経平均終値1万4199円59銭/84.7
小幅な値動き。前日のアメリカ市場の軟調さや為替が円高基調にあることを受けて、寄り付きは安値でのスタート。為替がその後安定したことから、やや買いが入るもののその勢いは弱く、プラスに転じたものの低迷飛行な感は否めない。出来高は19億4539万株(東証一部上場のみ)。前営業日比で日経平均株価は+0.25%、TOPIXは+0.47%、マザーズ指数は-0.43%。

自己保有銘柄関連。銘柄数的には高安マチマチ。前営業日比は+0.51%となる。

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー