消費税率改定直前駆け込み需要で大幅上昇…2014年3月度チェーンストア売上高、前年同月比プラス9.4%

2014/04/22 16:30

【日本チェーンストア協会】は2014年4月21日付で同協会公式サイトにおいて、チェーンストア(スーパーマーケットやデパートなど)の2014年3月度分販売統計速報(月報)を発表した。それによれば2014年3月はサービス部門で不調が続いたものの、4月からの消費税率改定に伴う駆け込み需要が衣料品や住関品に発生し、大きく売り上げを伸ばし、売上総額の前年同月比は2か月連続のプラスとなるプラス9.4%(店舗調整後)を記録した。食料品では畜産品、住関品では空気清浄器以外の家電商品全般が好調に推移している(【同協会内発表リリース一覧ページ】)。

スポンサードリンク


今データは協会加入の59社・9151店舗に対して行われた調査結果によるもの。店舗数は先月比で23店舗減、前年同月比で1204店舗増と大幅に増加している。売り場面積は前年同月比104.7%となり、4.7%ポイントの増加。

各主要分野別では前年同月比でそれぞれ次のような値を示している。数字はすべて店舗調整後(いわゆる「既存店」)。店舗の増減が影響しないように、1年前の状態と比べるために、昨年同月の時点では存在していない店舗の分を除いた値で算出されたもの。

■総販売額……1兆1839億6566万円(前年同月比109.4%、△9.4%)
  • 食料品部門……構成比:60.0%(前年同月比105.7%、△5.7%)

  • 衣料品部門……構成比:10.3%(前年同月比109.5%、△9.5%)

  • 住関品部門……構成比:22.8%(前年同月比122.1%、△22.1%)

  • サービス部門…構成比:0.3%(前年同月比98.6%、▲1.4%)

  • その他…………構成比:6.6%(前年同月比106.2%、△6.2%)

食料品は農産物の相場が
安定化する一方
畜産品は相変わらず堅調。
貯蔵可能なし好品も好調。
住関品はゲームやマスクなど
一部を除き概して良く動く。
食料品は冬期の高価格時期を越えて安定化に向かいつつあるも、玉ねぎ・長ねぎなど一部商品が今なお高値を維持。葉物野菜の不調はあるものの、果物なども合わせて概して好調。畜産品は鍋のシーズンがそろそろ終わりを告げる時期ではあるものの、先月から続き好調な売れ行き。また、その他の食品では消費税率改定前の駆け込み需要として日持ちする、貯蔵が可能なタイプの食品、米や調味料、缶詰、飲料、コーヒーなどが良く売れた。先月同様花粉症対策から、乳製品や乳酸菌飲料も好調。

衣料品は新年度を迎えるにあたり子供服関連がよく売れたが、それ以外の季節ものは不調。住関品では化粧品をはじめとした女性向け商品が好調だったが、マスクは不調。それ以外はゲームなど一部商品をのぞき概して堅調。特に高単価の家電商品全般が大きく動いている。テレビやレコーダーも「好調」の枠組みに収められており、大きく売り上げを伸ばしたようだ。

冬の寒さも峠をこえ、店頭の相場動向も比較的安定の方向に向かいつつある実情からも分かる通り、野菜の相場高に伴う食料品の売上における底上げは落ち着きを見せることとなった。一方で畜産品は相変わらずよく売れており、鍋需要も終わりつつある昨今でも好調な状況には、やや首をかしげるところがある。内食のラインアップも豪華になりつつあるということか。また、リリースでは食料品部門の部分の言及はされていないが、食料品部門でも税率改定前のまとめ買いによる売り上げ増が缶詰やコーヒーなどで確認されている。

衣料品でもある程度の駆け込み需要の影響が生じているが、これは前年同月でマイナス7.5%を示していたことの反動も一部あるため、それほど大きなものではない。むしろ住関品のプラス22.1%が、前年同月のプラス3.3%からさらに2割強の増加を示しており、大きくプラスの影響が生じている。具体的な商品区分の好調・不調動向を見ても、今回月で不調扱いされているのは「テレビゲームソフト」「カードゲーム」「マスク」「食器セット」「空気清浄器」位なもので、それ以外は押し並べて好調との評価を受けている。これらの商品の多くは単価も高いため、売り上げ全体に占める影響力も大きく、住関品そのものの全体に占める構成比も22.8%(前月は19.8%)と大幅に上昇するほどのものとなった。

今回月は消費税率改定の影響を受けて多分にイレギュラーな動きを示したが、食料品は駆け込み需要と関係の無い部門(農産品や畜産品、水産品など)でも前年比でプラスを維持しており、相変わらず堅調。来月以降、特需の反動が衣料品や住関品で生じることを考慮すれば、デパートの食料品特化への流れは継続すると考えられる。

来月以降、各部門がどのような動きを示し、構成比の変化が生じるのか、注意深く見守りたいところだ。


■関連記事:
【進化型コンビニ「ローソンマート」、静岡・埼玉・愛知に展開へ】
【定期更新記事:チェーンストア(日本チェーンストア協会発表)】(過去記事一覧)
【スーパーやデパートの主要商品構成比の移り変わりをグラフ化してみる】
【スーパー・デパートの衣料品の移り変わりをグラフ化してみる】

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー