固定電話の利用率、平日は10代1.4%・20代0.9%…コミュニケーション系メディアの利用状況(最新)

2020/10/10 05:22

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020-1004インターネットの普及と技術進歩に伴い、コミュニケーションのかたちも通話からデジタルに、そしてデジタル内でも電子メールからソーシャルメディアへと、その利用頻度や注力度合いは確実にシフトしつつある。利用のしやすさ、気兼ねの度合い、融通の利き易さなどでメリットが多い手法の方が多く使われるのは当然の成り行きだからだ。今回は総務省が2020年9月30日に情報通信政策研究所の調査結果として公開した「令和元年度 情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査」の公開値を基に、個人が意思発信のために用いるメディアの利用状況について、利用しているか否かの観点から確認していくことにする(【情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査】)。

スポンサードリンク


10-20代の固定電話利用率、平日では1%前後


調査要項などは今調査に関する先行記事【主要メディアの利用時間をグラフ化してみる】を参考のこと。

次に示すのは平日におけるコミュニケーション系メディアの平均行為率。要はどの程度利用されているか。例えば10代のソーシャルメディアの値は63.0%とあるので、10代の6割台は平日において、ソーシャルメディアを使ってコミュニケーションをしている計算になる。また、これらのツール以外にもコミュニケーション手段は存在する(直接口頭、手紙、貼り紙など)ことにも留意する必要がある。

↑ コミュニケーション系メディアの平均行為率(平日)(2019年)
↑ コミュニケーション系メディアの平均行為率(平日)(2019年)

全体では5割近くが電子メールを用いている。利用ハードルが低く、パソコンだけでなく携帯電話(従来型携帯電話とスマートフォン双方)も含むため、利用者が多いのも当然の話。それに続きソーシャルメディア、そして携帯電話(通話)と続く。固定電話(通話)、インターネット通話(Skype、LINEなどの音声通話(ビデオ通話含む))の利用者率が低めなのは、利用ハードルが高いことに加え、導入者自身が少ないことも一因として挙げられる。当事者が導入していても、意思を伝えたい相手の環境が整っていなければ、意思疎通の手段としての利用は不可能。

年齢階層別に見ると、コミュニケーション系メディアの年齢階層間格差、様態の違いの大きさが改めて認識できる。10代はソーシャルメディアが一番多く、そこから随分と値を落とす形で電子メールが続き、インターネット通話と携帯電話(通話)がどうにか顔をみせる。固定電話(通話)は1.4%。インターネット通話同様、固定電話(通話)もまた、利用する機会が無い以外に器材そのものが無い人も多分にいるのだろう(就業者ならば勤め先で利用する機会はあるが)。

20代になると電子メールの利用率も上がるが、まだソーシャルメディアの方が利用率は上。しかも10代以上に使われている。また、携帯電話(通話)による通話も1割台後半にまで上がる。ビジネス面で使う事例も増えるからだと考えれば納得はいく。しかし固定電話(通話)は10代よりもむしろ低めで0.9%でしかない。正直なところ、10代・20代の固定電話利用率は実質的にゼロ扱いしてもよく、誤差の範囲でのぶれの値でしかない。

30代は電子メールとソーシャルメディアがほぼ同率、40代以降は順位が逆転し、ソーシャルメディアは漸次減っていく。興味深いのは携帯電話(通話)が年とともに漸増していること。高齢層においても、携帯電話を介した通話の手法は十分に普及している、むしろ重要視されていることを意味している。また、高齢層ではデジタル系でも電子メールはそれなりに使われており、注目に値する。

休日に活性化する若年層のコミュニケーション


今件は休日でも調査が行われ、結果が公開されている。そこで休日の動向と、さらに平日との差異を算出した結果をグラフ化する。

↑ コミュニケーション系メディアの平均行為率(休日)(2019年)
↑ コミュニケーション系メディアの平均行為率(休日)(2019年)

↑ コミュニケーション系メディアの平均行為率(休日における平日との差異、ppt)(2019年)
↑ コミュニケーション系メディアの平均行為率(休日における平日との差異、ppt)(2019年)

10代は休日では全般的に平日と比べて平均行為率が増える。平日では学業などで多忙なために知人とのコミュニケーションを行う時間的余裕が無かった分、休日に活性化するのだろう。特に相手の時間を拘束する、インターネット通話や携帯電話(通話)の利用機会が増えているのが特徴。ただし電子メールは減っている。

一方20代以降になると電子メールが大きく下がる。また携帯電話(通話)や固定電話(通話)も落ち込みを見せている。これは多分に、平日のこれらのメディア利用が就業によるもの、または就業場の端末を利用していたことを示唆する動きと考えられる。仕事では電子メールで連絡をするため利用することになるが、プライベートでは使わないために利用率がその分落ちる次第である。プライベートでは使う事例が多いからか、ソーシャルメディアの利用率が上昇している層も複数の年齢階層で見受けられるのも、公私を使い分けているようすを想像させる。特に30-50代は業務で電子メールを多用しているようである。



余談ではあるが、平日における前年調査分、つまり2018年分との差異を計算した結果が次のグラフとなる。

↑ コミュニケーション系メディアの平均行為率(平日、前年比、ppt)(2019年)
↑ コミュニケーション系メディアの平均行為率(平日、前年比、ppt)(2019年)

一部年齢階層で電子メールが落ちているが、おおよそは伸びている。特に携帯電話(通話)とソーシャルメディアの伸びが著しい。40代と60代では電子メールも大きく伸びているののが目に留まる。

今後さらなるスマートフォンの普及に伴い、ソーシャルメディアを中心とした、コミュニケーションツールのデジタルへのシフト化が進むことは間違いない。それに連れてコミュニケーション全体のさらなる増加もまた、推し進められていくのだろう。


■関連記事:
【ネット友達の経緯、小中学生はLINE・高校生はツイッター】
【インスタントメッセンジャーからソーシャルメディアへ…イギリスのインターネット利用時間の変化をグラフ化してみる】
【「知人との交友」「情報探索」「暇つぶし」がメイン…ソーシャルメディアの利用目的(最新)】
【ツイッターとソーシャルメディア、それぞれのニュース媒体としての使われ方の違いとは】
【危機管理ツールとしてソーシャルメディアを活用する際の7つの心得】

スポンサードリンク


関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加
▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2020 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー|Twitter|FacebookPage|Mail|RSS