新社会人への「つうこんのいちげき」となる言葉とは!?(2015年)(最新)

2015/05/05 14:05

ソニー生命保険は2015年4月15日、新社会人に対する意識調査結果を発表した。それによればこの春就職する(した)、または就職してから1年が経過した人から成る調査対象母集団にとって「先輩社会人から言われたらやる気が奪われてしまう」という言葉の最上位には「この仕事向いてないんじゃない?」がついた。4割近くの人が同意を示している。次いで「ゆとり世代だなあ」「やる気ある?」が続いている(【発表リリース:社会人1年目と2年目の意識調査2015】)。

スポンサードリンク


今調査は2015年3月27日から30日にかけて、「今春就職する社会人1年生」「就職してから1年経過した社会人2年生」(いずれも20代)に対して携帯電話経由のインターネット調査形式で行われたもので、有効回答数はそれぞれ500人。男女比はそれぞれ1対1。調査協力会社はネットエイジア。

企業などに就職すれば、大抵において先輩・上司と共に就業時間を過ごすことになる。学生時代にそれなりの訓練、事前学習をしていたとしても、社会人として勤めてからはじめて知ったこと、慣れないことも多く、あらゆることに手間取り、ミスをしてしまうことも少なくない。また教わった事柄を一度で完全に習得・体得できるはずも無く、同じ間違いを繰り返すかもしれない。そのような場面において、先輩達からキツイお小言を受けることも当然ある。

それらお小言的な言い回しの中でも、理不尽な内容、または理解はしていても「そんな言い方は無いだろう」とばかりに、モチベーションを削られる、やる気を奪われてしまう、ある意味「魔法の呪文」的な言い回しは多数存在する。そのようなダークな力を秘めていると思われる言葉を列挙し、「自分ならばこんな言葉をかけられたら、やる気が減退する」と思うものを3つまで挙げてもらった結果が次のグラフ。ほぼ同じ条件で前年も調査が実施されているため、その結果を併記している(順位は2015年の回答値順)。

↑ 先輩社会人に言われたら、やる気が奪われてしまうセリフは(複数回答で3つまで)
↑ 先輩社会人に言われたら、やる気が奪われてしまうセリフは(複数回答で3つまで)

最上位、つまりもっとも多くの人が「これを先輩社会人から言われたら凹む」と同意を示したのは「この仕事向いてないんじゃない?」。36.7%と4割近い値を示している。仕事の成果がうまく出せない、作業でもたつく、さらにはミスをしてしまった時に、このような言葉をかけられると、追い打ちをかけられた気分になり、やる気を失ってしまうというもの。たとえ声をかけた先輩側が深い考えを持っていない、さらには「奮闘すべく発破をかけた」と自覚し意図的にやったのだとしても、その通りに行く、新社会人が認識することは多くない。仕事に関しては絶対的権威と経験を持つ人からの言葉であるからこそ、なおさら心の痛手は大きい。

「この仕事向いてないんじゃない?」と似たような言い回しとしては「やる気ある?」も該当する。多分に新社会人側の人格そのもの、少なくとも仕事面における本人そのものを否定するような、自らの誠意や努力そのものを無下にするニュアンスにとらえてしまう。

レッテル貼りまた、自分個人にではなく、属する世代全体にレッテルを貼る形で酷評する「ゆとり世代だなぁ」「私が若いころは●●だったのに」「学生気分が抜けてないんじゃない?」のようなセリフも、モチベーションを下げやすい。自分自身の具体的な問題点の指摘ならまだしも、所属属性全体で云々と酷評されてしまっては、反論のしようもないからだ。さらには「自分を個人としてでは無く、世代・属性全体の一部としてしかとらえてない」と、個人の否定としてすら認識してしまうかもしれない。

また、価値観の相違を先輩側の絶対真理として押し付けるような、いわば理不尽な指導的言い回し「そんなことは常識でしょ」「空気読もうね」「言い訳はするな!」「いや、そうじゃなくて」「社会ってそういうものだから」あたりも新社会人のやる気を削ぎやすい。

前年からの変化を見ると、順位も含めほとんど変わりがない。上位陣の回答項目で回答率がやや下がっているが、「私が若いころには」「社会ってそういうものだから」が有意に上昇している。上昇項目はいずれも先輩側が「社会全体の代表」であるかのように表現し、優位であることを含めた上での発言であることが気になる。



これらの言葉は得てしてケースバイケースで、(一部を除けば)一律で否定するのも問題。とはいえ、その多くは新社会人に理解納得してもらい知識や経験として会得して欲しいとの想いから発せられる「叱り」ではなく、単なる「怒り」あるいは「嘲笑」的な意味合いが強い。さらには先輩側における自分の優越感を充足する意味を(無意識のうちに)含んでいるかもしれない。それらは決して指導では無く、単なる先輩らの憂さ晴らし的なものとなってしまい、新社会人には何らプラスとならないどころかマイナスの影響すら与えうる。

なかなか上手くいかずに、なぜこうなるのか、それを理解した上で行程を覚えて失敗しないようにしたい実務に関して、先輩から「そんなことは常識でしょ」さらには「社会ってそういうものだから」と指導されたら、どのような想いを抱くだろうか。

社会人の先輩諸氏は、くれぐれも配慮をしてほしいものである。


■関連記事:
【「仕事ができるか」「周りと仲良くできるか」新社会人の二大不安要素】
【新社会人の自覚する長所と短所、長所は「責任感」、それでは短所は…?】
【新社会人は「貯金額」>「お小づかい」! 貯金は5万円・こづかい3万6000円ナリ】
【アドバイスをしても同じミスを繰り返す、そんな時には......】
【新人に向けて「前にも言ったよね」は禁句、という話】

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー