なるほど納得、献血をした後の注意事項とは?

2014/04/20 20:00

医療行為に必要となる血液を確保するため、主要駅の駅前などに献血車両が駐車し、献血活動が行われることがある。昨今ではプロモーションに多種多様なキャラクタが用いられ、タイアップ企画も展開され、献血後のお礼にも地域によってバラエティに富んだものが用意されるようになり、社会貢献をしたことへの満足感以上の充実を得ることができる。その献血について、アメリカの赤十字社(The American Red Cross)では【Health Day】を介し、献血後の留意事項をいくつか提示している。

スポンサードリンク


  • 献血後は24時間は禁酒。そして意図的に水分を余分に摂取する。

  • 献血時に針を刺した部分に貼ってもらった絆創膏は2時間後にはがす。そして患部を石けんと水でキレイに洗い流す。

  • 献血をした日は重い物を持ち上げたり重労働や運動を避ける。

  • 献血の際に針を刺した部分から再び出血したら、腕をまっすぐ伸ばした上で10分間圧迫する。

  • めまいがしたり足取りがおぼつかない場合、素直に休む。
頻繁に献血をする人はいないために、これらの注意事項は忘れがちだが、血が抜かれた分だけ身体に負担がかかっており、無理は厳禁である。

今件はあくまでもアメリカの赤十字社によるものだが、他にも日本赤十字社や血液センターなどで注意事項を確認できる(【一例: 日本赤十字社 東京都赤十字血液センター】)。目に留まるものをいくつか抽出すると、
  • 献血会場では最低10分は休憩する。

  • 入浴は献血後2時間以上経過してから。患部はこすらない。

  • 献血直後、男性が小便をする時は座位で。立ったままでは失神する可能性がある。

  • エレベーターや階段の使用には注意する(めまいによる転倒の際のリスクが拡大する)

  • 飲酒、喫煙は献血直後は避ける。最低1時間は間を開ける。血管を収縮させるため、めまいや気分悪化を助長する。
などが挙げられる。

冒頭でも触れた通り、最近の献血では協力者への便宜が色々と図られるようになり、イベント的な趣もあるため、知人と揃って参加する事例もあるだろう。その際、献血が終わった直後に再び遊びに行くため、階段の上り下りをした、走ったり、お酒を飲んでしまう可能性が出てくる。

上記の注意事項を守り、気持ちよく献血を終えたいものだ。


■関連記事:
【献血経験ナシの若年層の26%が「献血そのものを知らない」との回答】
【「足りなくなったら携帯でお願い」携帯メールで献血呼びかけ】
【遅刻した時の言い訳・ありがちな「-ので」編】
【万が一の時に命を救ってくれるかもしれないストラップ】
【「関心が低い18.4%」「神経質になり過ぎ52.6%」医師から見た周辺住民の放射線リスクへの対応】

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー