スマホ使用率は59%、Androidが3にiPhoneが2+αの割合(2015年)(最新)

2015/04/09 14:58

ライフメディアのリサーチバンクは2015年4月8日、スマートフォンに関する調査結果を発表した。それによれば調査対象母集団においては59%の人がスマートフォンを現在使っていることが分かった。機種別ではAndroid系が34%、iPhone系が5%などとなっている。経年別に見るとAndroid・iPhone双方とも少しずつ使用者率を上げており、一方で「スマートフォン非使用者」率が漸減していくようすが確認できる(【発表リリース:スマートフォンに関する調査(2015年)】)。

スポンサードリンク


Android系3にiPhone系2+αなシェア構成比


今調査は2015年3月27日から4月1日にかけてインターネット経由で10代から60代の全国男女に対して行われたもので、有効回答数は1200件。男女比・10歳区切りの世代構成比は均等割り当て。

携帯電話の主流は従来型携帯電話(フィーチャーフォン、ガラケー)からスマートフォンへと移行しつつある。携帯事業各社の新商品はそのほとんどがスマートフォンで、各種ウェブサービスもスマートフォンでの使用を前提とした仕様実装が、事実上不可欠な状態ともいえる。逆にこれまで従来型携帯電話向けに提供されてきたサービスの少なからずが、利用者減少に伴い閉鎖する事例も見受けられる。このような状況下で、現在スマートフォンを使っているか否かを聞いた結果が次のグラフ。所有では無く使用と断じているので、回答者に所有権が無くとも使っていれば「応」の答えとなる。

↑ 現在スマートフォンを使っているか(2015年)(複数回答)
↑ 現在スマートフォンを使っているか(2015年)(複数回答)

現時点でスマートフォンを使っていない人は39.7%。スマートフォンそのものを知らない人も1.3%おり、それを合わせた41.0%がスマホ非使用の認識者。見方を変えれば59.0%が何らかのスマホを使用していることになる。

機種別動向を見ると、Androidが34.0%、iPhoneが25.0%。中見出しでも記したが、スマホのシェアとの観点で見ると、Androidが3・iPhoneが2とちょっとという塩梅に落ち着く。実状の感覚にもほぼ合致する値といえる。また男女別では男性がややAndroidが多めだが、iPhoneでは女性の方が多め。デザイン性や使い勝手などを受け、女性がiPhoneを好むとの話は本当のようだ。もっとも女性単独で見ても、iPhoneが26.5%なのに対しAndroidは29.8%であり、Androidの方が使用率は高いのが実状。

純増するスマホ使い


リサーチバンクでは2011年以降毎年ほぼ同じタイミングで、同じような環境設定のもとに同じような調査を行っている。そこで今件に関して経年変化をまとめたのが次のグラフ。

↑ 現在スマートフォンを使っているか(2011年-2015年)(複数回答)
↑ 現在スマートフォンを使っているか(2011年-2015年)(複数回答)

2011年時点では15.7%でしかなかったスマートフォン使用者が漸増し、スマホが確実に普及浸透しているようすが確認できる。またWindowsPhoneやその他のスマホには大きな変化がなく、AndroidとiPhoneのみが増加している。2011年から2015年までの間に、iPhoneは3倍強、Androidにいたっては4倍強にまで使用率が増加しており(使用者数では無いことに注意)、急速な伸びが確認できると共に、日本のスマホ市場はこの2つのOS機種によるほぼ寡占状態であることがわかる。

純増する使用率を見せる大人のスマホ状況を見るに、子供の動向も知りたくなるところだが、これについてはリサーチバンクでは調査を手掛けていないものの、ほぼ同じタイミングで内閣府による「青少年のインターネット利用環境実態調査」の結果が出ており、これが参考になる。

↑ スマートフォン利用率(2014年)(全体比)(通常版のみ)(再録)
↑ スマートフォン利用率(2014年)(全体比)(通常版のみ)(再録)

新規購入をする際には現状では選択肢がスマホのみの場合も多く、子供達、特に高校生のスマートフォン使用率の高さには目を見張るものがある。現時点ですでに「全高校生の」9割近くがスマホ保有者。子供が大人以上の使いっぷりを見せても、何ら不思議ではない状況ともいえよう。

今件調査の結果を見る限り、大人のスマホ所有率が8割台に達するのには、もう数年の時間経過を必要とするようだ。


■関連記事:
【小中高校生の携帯電話などネット利用可能機器の保有状況をグラフ化してみる(2015年)(最新)】
【スマホが伸び、PCが落ち込む…小中高校生のパソコンや携帯電話の利用率の変化をグラフ化してみる(2015年)(最新)】
【世界全体のスマートフォンや一般携帯の販売動向をグラフ化してみる】
【スマホ利用者はAndroidが2でiPhoneが1、将来欲しい人ではiPhoneの方が人気】
【スマホ保有率48%、20代女子は7割超え】

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー