冷凍調理食品の購入動向をグラフ化してみる(家計調査報告(家計収支編))(最新)

2018/03/21 05:22

2018-0319デザートやドリップコーヒー、食パン同様、コンビニで大いに人気を博し、注目を集めている商品種類として「独自ブランドの冷凍(調理)食品」が挙げられる。【スパイシージャンバラヤ(フレッシュフローズン)(ファミリーマート) 試食】【金のハンバーグステーキ(セブンイレブン) 試食】などの試食レポートで挙げた通り、一部は自社製のものだが、多分に大手一流ブランドのOEM商品(original equipment manufacturer。他社ブランドの製品を自社で製造したもの)としての展開で、味も太鼓版もの。また調理の手軽さだけで無く、分量が小分けされており、単身世帯をはじめとする少人数世帯でも利用しやすいのがポイントでもある。それでは平均的な世帯の購入性向として、コンビニに限らず冷凍調理食品はどの程度購入されているのだろうか。その実情を総務省統計局が2018年2月16日にデータ更新(2017年・年次分反映)を行った【家計調査(家計収支編)調査結果】の各種公開値を基にたどっていくことにする。

スポンサードリンク


まずは直近データとなる2017年第4四半期(Q4)の、冷凍調理食品の世帯あたり購入世帯頻度・支出金額を、一か月分に換算したのが次のグラフ(総世帯(全部の世帯)、単身世帯、二人以上世帯が揃って取得可能なデータのうち、更新間隔が一番短いのは四半期単位。「Q」は四半期を意味する)。単身世帯の場合、一か月の購入額は平均で164円、購入頻度は43.0%なので、10世帯に4世帯強が月あたり1パッケージを購入している計算になる。

↑ 冷凍調理食品の世帯あたり購入世帯頻度・支出金額(2017年Q4、一か月換算)
↑ 冷凍調理食品の世帯あたり購入世帯頻度・支出金額(2017年Q4、一か月換算)

冷凍調理食品は単身世帯で需要があるように見えるが、案外買われていない。一方、二人以上世帯では月2回近く、世帯単位の購入金額も600円強と、結構な額が計上されている。二人以上世帯の1世帯あたり平均人数は3人近く(2.98人)であることを考えると、単純に単身世帯3人分の額では無く、それ以上に積極的な購入が行われている。

さて本題の「冷凍調理食品の購入度合」の推移だが、残念ながら月次の具体的な数字は二人以上世帯でしか計上されていない。そこで、二人以上の世帯については月次で前年同月比、単身世帯や総世帯も合わせた動向については四半期単位でグラフを生成する。まずは二人以上世帯の月次。

↑ 冷凍調理食品の購入世帯頻度・支出金額(前年同月比)(二人以上世帯)
↑ 冷凍調理食品の購入世帯頻度・支出金額(前年同月比)(二人以上世帯)

↑ 冷凍調理食品の購入世帯頻度・支出金額(購入頻度:100世帯あたり、支出金額:円)(二人以上世帯)
↑ 冷凍調理食品の購入世帯頻度・支出金額(購入頻度:100世帯あたり、支出金額:円)(二人以上世帯)

前年同月比では購入頻度・支出金額ともにプラス圏が多く、この数年は明らかに購入度合が増えていることが分かる。具体的な数字の動向を見ても、明らかに右肩上がり。2014年4月の消費税率引上げの影響を受け、支出金額が底上げされているのも一因だが、その影響だけならば購入頻度までは上昇しない。明らかに利用性向はアップしている。お弁当に沿えるおかずとして、食卓の「もう一品」的な彩りとして、食生活に彩りを添える便利な存在として、大いに有効活用されているようだ。数年前までは「食卓のおかずに一品を加えるため、冷凍食品や総菜を購入するのはアリかナシか」との議論がされていたのも、今や懐かしい話ではある。

とりわけ2015年に入ってからは、前年同月比においては購入頻度・支出金額ともにプラス圏での挙動が常となっている。食生活に小さからぬ影響が生じている感は強い。また、2014年夏から2016年夏ぐらいまでは支出金額の上昇幅が購入世帯頻度を上回っており、小価格の値上げが大きく影響していることがうかがえる。他方2011年夏から2014年夏まで、2016年夏以降は両社の動きは大よそ一致しており、単純に購入世帯頻度が増して、結果として支出金額も増えていることが推測できる。

続いて単身世帯なども合わせた四半期単位の動き。多少データの動向が荒くなるが、これは仕方が無い。

↑ 冷凍調理食品の支出金額(前年同期比)
↑ 冷凍調理食品の支出金額(前年同期比)

↑ 冷凍調理食品の支出金額(四半期単位、円)
↑ 冷凍調理食品の支出金額(四半期単位、円)

↑ 冷凍調理食品の購入世帯頻度(前年同期比)
↑ 冷凍調理食品の購入世帯頻度(前年同期比)

↑ 冷凍調理食品の購入世帯頻度(四半期単位、100世帯あたり)
↑ 冷凍調理食品の購入世帯頻度(四半期単位、100世帯あたり)

冒頭のグラフにある通り、単身世帯は購入世帯頻度・支出金額ともに値が小さいため、前年同期比ではどうしても荒い動きのグラフとなってしまう。それでもプラス圏にある機会の方が多いことは分かる。そして二人以上世帯、総世帯はゆるやかな上昇を示しているのは一目瞭然。具体的数字の動向を見ても、購入世帯頻度・支出金額ともにどの種類世帯でも漸増しているのがつかみとれる。業界・市場全体の動向はともかく、世帯単位での購入性向は堅調に上昇方向へと推移している。



まとめると冷凍調理食品に関しては「物価上昇に伴う影響が支出金額の増加に影響している可能性は否定できない」「購入頻度は漸増し、それに伴い購入金額も増加しており、単価の引き上げは副次的要因で、むしろ積極的に買い進まれた結果として、支出金額が増加しているのが主な理由」となる。

冷凍調理食品の技術は常に向上中であり、販売種類数の増加だけで無く、自然解凍で美味しくいただけるもの、調理のサポートを果たす提案型食材(切り分け済みの野菜や、特定料理用の素材としての提供)など、多方面の開発がなされている。場所を取るのが難点ではあるが、買い置きができるのもありがたい。また電子レンジで解凍するだけで調理が可能なものが多く、手間を省きたい時には大変頼もしい存在となる。コンビニのプライベート食品として提供されている冷凍調理食品には、その多くにおつまみに合うものが提供されており、晩酌のお供に重宝されている実情が想起される。

今後時間が惜しい就業単身世帯層、調理に難儀する高齢層を中心に、冷凍調理食品はさらに進歩発展し、浸透していくに違いない。


■関連記事:
【コンビニのプライベートブランドとミニ・ショッピングモール化と】
【プライベートブランド(PB)と製造元と】
【子供の夜食に冷凍食品、最上位に選ばれたメニューは!?】
【お弁当の冷凍食品利用率約8割、専業主婦のお昼では7割近く】
【週一以上で冷凍食品を使う女性は約6割、ネットの情報はあまり参考にせず】

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2018 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー