年度末でガッツリ新作勢ぞろい…ゲームソフトランキング更新(2014/03/17-03/23)

2014/03/31 07:30

メディアクリエイトが発表した2014年3月17日から3月23日分となる【週間ソフト・ハードセルスルーランキング】によると、該当週の家庭用ゲーム機向けゲームソフトにおけるセールスランキングのトップには、任天堂の新作アクションゲーム「マリオパーティ アイランドツアー」(3DS)がついた。商品名から分かる通り、接待ゲームとしても名高い「マリオパーティー」シリーズの最新作にあたり、多種多様なすごろく、ミニゲームを収録している。一人から最大四人まで1ソフトでマルチプレイが楽めるのは既存シリーズ同様だが、AR機能など3DSならではの機能を活かしたゲームが数多く盛り込まれているのがポイント。発売初週ということもあり、プレイをした上での感想は多種多様な意見が寄せられている。これまでの「マリオパーティー」とは勝手が違うとの意見が多く、次週以降の動向が気になるところ。

スポンサードリンク



↑ 「マリオパーティ アイランドツアー」紹介映像(公式)。【直接リンクはこちら:マリオパーティ アイランドツアー 紹介映像】

第2位はコーエーテクモゲームスの新作「戦国無双4」(PS3)。同社では今や定番中の定番となった、多数の敵を前に一騎当千な活躍ぶりを楽しむアクションゲーム「無双」シリーズの最新作で、日本の戦国時代をテーマにした「戦国無双」シリーズとしては10周年にあたる作品でもある。登場する戦国武将は50人を超え、リクエストの多かった真田信之や大谷吉継も出陣。お馴染みの武将もデザインを一新すると共にアクションも大幅に強化されている。一方シリーズ共通のツボともいえる「お手軽プレイでズバッと敵をなぎ倒す」アクション性は失われていない。新しいモード「流浪演武」では、オリジナル武将を生成してゲーム内の世界を漫遊することができる。発売初週から好印象的感想が多く、シリーズ歴代のプレイヤーからも賛美の声が多数確認できる。次週以降の動きも期待できよう。


↑ 「戦国無双4」紹介映像(公式)。【直接リンクはこちら:『戦国無双4』 プロモーションムービー第2弾】

第3位はコナミの新作「メタルギア ソリッド V グラウンド・ゼロズ」(PS3)。小島秀夫監督による潜入アクションドラマゲーム「メタルギア」シリーズの最新作。説明にいわく「「フォトリアル」な映像・世界観で描く自由度の高いリアルな「潜入」をコンセプト」としているとのことで、リアルな舞台における潜入劇を体感できる。「潜入」「脱出」をテーマに、ビジュアルだけでなく挙動に至るまで、現実身にあふれたステルスアクションを堪能できる。初週の感想としては賛否両論。ボリューム感において多分にキツめの評価が成されているのが気になる。

第4位はバンダイナムコゲームスの「Jスターズ ビクトリーVS(バーサス)」(PS3)。商品名から想像が付く通り、『週刊少年ジャンプ』創刊45周年かつ『Vジャンプ』創刊20周年記念として展開されたチームバトルアクションゲーム。歴代のジャンプキャラクタが山ほど登場し、チームを組んで戦うという、贅沢三昧の作品。各キャラクタの個性に合わせた必殺技、組合せによるコンビネーションアタックなど、作品を知っている人ならより感情移入した上でプレイ時間を過ごすことが出来る。いわゆる「キャラゲー」「イベントゲー」としての立ち位置としてなら、十分に楽しめよう。

今回計測週は年度末の駆け込みラッシュ的なところもあったのか、新作がずらりと上位を独占し、しかもそれぞれがそれなりに好調なスタートを見せている。次週以降も継続して奮闘しそうなタイトルも多く、年度をまたいだ躍進も期待できる。

一方で次回計測週では音楽系ゲームで合成音声でも著名なタイトルの最新作、ギャンブル系シミュレーションシリーズ、恋愛アドベンチャーなど、上位入りが期待できるタイトルが複数待ち構えている。ランキング上でも乱戦が予想されよう。

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー