画像は重要・3/4は「アイコン次第でリアルで会っても印象が変わる」

2014/03/23 10:00

ソーシャルメディアなどで自分自身の登録情報によるID(アカウント)を取得し利用する際、自身の状況を他人に知らしめるために用いるプロフィールデータの一つとして「アイコン」「プロフィール」画像がある。いわば本人のペルソナ(外的側面)を画像にしたものだが、本人そのものの写真を使う場合もあれば、ペットの写真、さらには好きなアニメキャラクタを用いる事例もある。今回はリビジェンが2014年3月19日に発表した、若年層のスマートフォン所有者に対して行った調査結果を通じ、同属性におけるそれらアイコンへの考え方などについて見ていくことにする(【発表リリース:アイコン画像が第一印象を決める? 「アイコン画像・プロフィール画像」についての意識・実態調査を実施】)。

スポンサードリンク


今調査は2014年3月18日にスマートフォンを用いたインターネット経由で、10代から30代の男女に対して行われたもので、有効回答数は500人。男女比などは非公開。必然的にスマートフォン所有(利用)者を調査対象母集団としていることになる。

実際に対面したことがなく、実映像を見る機会も無いインターネット上の相手とのコミュニケーションでは、多分にそのアカウントのアイコン画面が脳内でのイメージとして用いられることになる。漫画の描き手が得てしてその作品の登場人物的な存在だとイメージされるのと同じである。

そこでアイコンの情報で実対面する人物の印象は変わるか否かなど、アイコン周りについて尋ねた結果が次のグラフ。

↑ ネット情報とアイコン周りの経験
↑ ネット情報とアイコン周りの経験

「未接触者のアイコン画像で、実対面の印象は変わる」、つまり会ったことが無い人に関して事前にアイコン画像を見知っていた場合、何も事前情報が無い場合と比べて初対面の時の印象に違いが生じるとの人は約3/4に登っている。アイコン画像がリアルの写真の場合はもちろん、何らかの抽象イメージだったとしても、その人の対外アピールの素材である以上、それを前提に色々と判断をするものだ。

そのプロフィール画像での事前情報収集も含め、仕事や学校で新しく会う人について、事前にソーシャルメディアなどでプロフィールなどのアカウント情報を調べたことがある人は1/4強。企業の人事部門では特にこの傾向が強いとされており、就活をする人は自分のソーシャルメディア上での行い、プロフィール内容には注意するようにという話は良く聞くもの。一般の人でもそれなりに「ソーシャルメディアでリサーチ」をする人はいるようだ。

そしてその「事前情報をソーシャルメディアのプロフィールなどで確認した」人に限定し、その事前調査結果と、実際に対面した際のギャップに驚いたことがある人は案外多く、7割近くに達している。ネット上では猫を被っていて実際に会うと暴れん坊将軍的な性格だったり、プロフィールではパンクでアナーキーな様相しかイメージ出来なかったが、いざ対面すると大人しくて気立ての良い好印象の人だったという事例は、しばしば見聞きする(いわゆる「ネットおかま」だったという事例が一番多いだろうか)。



ソーシャルメディアのプロフィールアイコンは、あくまでもそのメディア・サービス上の識別用画像でしかないとする考え方もある。しかし例えば免許証や学生証の肖像写真がそのまま本人を意味する、証明するものであるのと同様に、プロフィール上のアイコンは少なくともその世界、環境においては、そのアカウント本人そのものを表していることに他ならない。

自分の好きなもの、気に入った画像を使うのは一向に構わないが、他人から見た場合、画像がそのままアカウント利用者本人を代表していることを忘れてはいけない。他のデータはまったく同じでも、アイコンを変えただけで、本人として認識されなかった、他人だと思われてしまったという事例も多々ある位なのだから。


■関連記事:
【煽動と炎上と集客と…撮影者以外による拡散と炎上騒ぎ、その理由】
【ソーシャルメディア利用で解雇されないための5つの留意点】
【シニアのソーシャルメディア利用、一番人気はFacebook】
【「あんな書込みしなければ」「この書込みはヒドい」…米未成年者でソーシャルメディア利用時に遭遇する後悔や失望、別れ】
【実名8割・顔写真1/4…フェイスブックでのプロフィール登録はどうしてる?】

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー