保育園と幼稚園、入園後に病院への通院機会が増えるのはどちら?

2014/02/24 14:30

ファイザーは2014年2月17日、乳幼児の入園準備と健康に関する母親の意識調査結果を発表した。それによると5歳までの子供を持つ母親から成る調査対象母集団においては、子供の入園前と入園後で比較すると、入園後の方が通院回数が多いことが分かった。9か月間で平均3回から4回ほどの差が見られる。また通院回数平均値、増えた病症動向双方において、幼稚園児よりも保育園児の方が高い傾向が見受けられる(【発表リリース:多くのお母さんが入園後、病院に行くことが多くなると実感】)。

スポンサードリンク


保育園通園者の方が通院回数は多い


今調査は2014年1月10日から16日にかけて、5歳までの子供を持つ母親を対象にインターネット経由で行われたもので、有効回答数は2470人。入園前児童は保育園533人・幼稚園932人、入園後児童は保育園288人・幼稚園717人。

子供が成長して幼稚園なり保育園に通うようになると、子供にとっては生活環境が大きく変化することになる。不特定多数の人と同じ空間で時を過ごし、触れあい、集団行動をする。それは社会生活の経験を得てノウハウを無意識のうちに学ぶ機会を得るためのものであるが(無論保護者が多忙な時の育児代替という意味もある)、同時に健康面での不安がよぎることになる。他人との接触の機会が増えることは、同時に風邪をはじめとしたもらい病を受けるリスクも生じるからである。

今調査対象母集団を入園児前の乳幼児、入園後の幼児に区分し、さらに入園予定・入園先の園別に区分した上で、過去9か月間の通院回数を尋ね、その平均を算出した結果が次のグラフ。

↑ 入園前後の通院回数(2013年4月-12月)(平均)
↑ 入園前後の通院回数(2013年4月-12月)(平均)

入園前後では入園後の方が通院回数が多い。これは入園後は保護者が子供の健康に過敏となるのも一因としてあるが、それよりも実際に通院を判断せざるを得ない症状を子供が発するのが主要因(具体的症状は次の項目で触れる)。

また保育園と幼稚園とでは、保育園に通園する子供の方が通院回数が多い。これは保育園の方が園内に居る、つまり不特定多数との同居時間が長く、他の子供から風邪などをうつされるリスクが高いの要因だと考えられる。

鼻水・鼻づまり、せきなど…風邪が多分な増加症状


それでは具体的に、どのような病症が発症したのか。1歳以上の子供を対象とし、2013年4月から12月まで、つまり直近9か月間と、その1年前にあたる2012年4月から12月までの9か月間を比較し、1年前に比べて増えた病状を尋ねている。次以降のグラフは「非常に増えた」「増えた」の回答率を足したもの。

↑ 一年前に比べて増えた症状(非常に増えた+増えた回答率)
↑ 一年前に比べて増えた症状(非常に増えた+増えた回答率)

子供自体の体調や周辺環境の差異もあるので、一定数の「増えた」回答が出るのは当然の話。問題となるのは、入園の是非という環境の差異により、症状増加とする回答率が大いに高まる点にある。これは入園により、病状を引き起こす病気をり患するリスクが高まることを意味する。

列挙されている病状のほとんどは風邪に伴うもので、うつされた病気も多分に風邪だと考えられるが、病状によってはそれ以外の病気の可能性もある。保護者としては抵抗力の弱い子供への不安が募り、通院回数が増える……という次第。

ただし「増えた症状」の回答率が入園前の乳幼児と比べて2倍以上なのに対し、通院回数は2倍足らずに留まっている。入園前の状態では通院判断をしていた病状について、入園後では通院までには至らないとして自宅療養をさせている事例も幾分はあるものと考えられる。

これを保育園・幼稚園別に見たのが次のグラフ。

↑ 一年前に比べて増えた症状(非常に増えた+増えた回答率)(幼稚園)
↑ 一年前に比べて増えた症状(非常に増えた+増えた回答率)(幼稚園)

↑ 一年前に比べて増えた症状(非常に増えた+増えた回答率)(保育園)
↑ 一年前に比べて増えた症状(非常に増えた+増えた回答率)(保育園)

「増えた」の回答率そのもの、そして入園前と比較した際の増加率共に、幼稚園よりも保育園の方が高い値を示している。通院回数の平均値において、幼稚園より保育園の方が高い値を示すのも、各症状が増加している人が多いからであることが把握できるというものだ。


■関連記事:
【保育園か外での遊びか習い事か…お昼以降の乳幼児の在宅動向をグラフ化してみる】
【「自宅から近い場所に」…幼稚園・保育園に通わせるとしたら何を重視する?】
【幼稚園と保育所の推移をグラフ化してみる(2013年)(最新)】
【幼稚園か保育園か…小学校に上がる前の子供の状況をグラフ化してみる】
【幼稚園でも預かり保育が広まるが…10年で広がる幼稚園・保育園間の在園時間】

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー