不調・堅調の二極化か…諸種雑誌部数動向(2013年10-12月)

2014/02/19 14:30

社団法人日本雑誌協会は2014年2月14日付で同協会公式サイト上にて、四半期の間隔で更新・公開を実施している印刷部数において、直近の最新版となる2013年10月-12月分の公開を開始した。この値は同協会側が出版社などから許諾を受けている主要定期発刊誌の「印刷証明付き部数」を収録したもので、各雑誌のすう勢を推し量る値としては一番中立・公平性を持つデータとして知られている。今回は多種多様な雑誌の「前年同期比」を算出し、その動向についてグラフを生成した上で、それぞれの分野に関する市場動向を確認していく。

スポンサードリンク


SPA!復調、写真系週刊誌は二極化…一般週刊誌


データの取得場所の解説や「印刷証明付部数」など用語の説明、諸般注意事項は一連の記事をまとめて収録したページ【定期更新記事:雑誌印刷証明付部数動向(日本雑誌協会)】で説明している。必要な場合はそちらで確認のこと。

まずは一般週刊誌。状況はあまり思わしくない。

↑ 一般週刊誌印刷実績変化率(2013年10-12月、前年同期比)
↑ 一般週刊誌印刷実績変化率(2013年10-12月、前年同期比)

↑ 一般週刊誌印刷証明付き部数(2013年10-12月)(万部)
↑ 一般週刊誌印刷証明付き部数(2013年10-12月)(万部)

今回計測分では前四半期に復活した「FRIDAYダイナマイト」が再び脱落。ここ一年の間では四半期毎に開示・非開示を繰り返しており、やや困惑させられる。また追加雑誌の類は無い。

前期比(前年同期比にあらず・グラフは略)でプラスは4誌で、状況は改善。5%超のマイナスは4誌とこちらは前四半期から変わらず。また「FRIDAY」の下げ幅のキツさも同様である。写真をメイン、あるいは売り物としている情報雑誌の中では、「FRIDAY」以外に「AERA」がデータを開示しているが、そちらも状況はあまり芳しくない。

一方で「SPA!」は前回から続き今回プラスを示すこととなった。次のグラフにある通り、同誌はこの数年ほどの間部数を横ばいに維持できた数少ない雑誌で、さらに直近1年に限れば上昇機運すら見られる。何かきっかけがあれば、言葉通り「化ける」可能性を秘めている。

↑ SPA!印刷実績
↑ SPA!印刷実績

育児系はベビモの健闘続く


続いて育児系雑誌。前四半期と似たような、しかし全体的にはやや悪化する形でグラフが生成されている。

↑ 育児系雑誌印刷実績変化率(2013年10-12月、前年同期比)
↑ 育児系雑誌印刷実績変化率(2013年10-12月、前年同期比)

少子化が進む現状ではあるが、子供はそれこそ毎日世に生まれ出でており、当然その子供を持つ保護者の情報取得の対象としての価値を見出される形で、専門誌の需要は一定数確実に存在する。さらに核家族化が進展し、口頭での子育てのノウハウ伝授ルートが失われていることもあり、需要は決して少なくないはず。しかし状況は軟調。他のジャンル同様、インターネット上の各種サービス(特にコミュニティ関連)がそのおかぶを奪っているのかもしれない。

唯一群を抜いて奮戦しているのが「ベビモ(Baby-mo)」。今誌は季刊誌で該当期には1誌のみの発売だが、前四半期の7.4万部から7.8万部にまで売上を伸ばしている。今回の付録は「ABCで遊ぼう おふろの絵本」。お風呂につけると絵が変わるという、子供が大喜びするギミックが受けている。

↑ ベビモ(Baby-mo)印刷実績
↑ ベビモ(Baby-mo)印刷実績

特に去年夏以降、大幅な売り上げ増を示しており、まさに昇り竜状態にある。

食・料理・レシピ系雑誌は健康志向の強まり、震災以降に顕著化した身内で食卓を囲む内食・中食の需要を受け、注目されるジャンルの専門誌ではある。しかし機動力・柔軟性・検索性・双方向性に優れたインターネット上のレシピサイトにお株を奪われて、紙媒体の雑誌は必ずしも順調とはいえない。

↑ 食・料理・レシピ系雑誌印刷実績変化率(2013年10-12月、前年同期比)
↑ 食・料理・レシピ系雑誌印刷実績変化率(2013年10-12月、前年同期比)

↑ (参考)レタスクラブ/栗原はるみ haru mi 印刷実績。2013年7-9月期まで
↑ (参考)レタスクラブ/栗原はるみ haru mi 印刷実績。2013年7-9月期まで

今回期では「栗原はるみ haru mi」と「オレンジページ」が大きく伸び、他の3誌はいずれも前年同期比で大きなマイナス。「栗原はるみ haru mi」はレシピそのものの豊富さに加え、カリスマ性も合わせ、他誌とは異なる付加価値がポイント。前回記事では「レタスクラブ」を抜くのではという感もあったが、今回は年末を迎えることもあり両誌とも大きく伸び(今ジャンルは年末で料理や掃除に関する情報需要が高まり、大きな売り上げを伸ばす傾向がある)、結局順位入れ替えは起きなかった。

エリア情報誌は苦戦続く、犬猫雑誌は再下落へ


エリア情報誌。情勢はコンディション・レッド。

↑ エリア情報雑誌印刷実績変化率(2013年10-12月、前年同期比)
↑ エリア情報雑誌印刷実績変化率(2013年10-12月、前年同期比)

今回期も前四半期同様、全誌がマイナス。前回に続き「福岡」「東京」の2誌、さらには「関西」の下げ幅が大きい。非デジタル系・紙媒体なりのメリットもあり、それを活かす記事展開による底上げも期待したいところだが、スマートフォンの普及でより多量の情報を取得できるようになった昨今では、その切り口すら見出すのが難しいようだ。

ペットとしては常に対で紹介される、代表的な2種「犬猫」それぞれの専門誌、「いぬのきもち」と「ねこのきもち」。サンプルを本屋で見かけることはあるが、原則通販のみの雑誌で、店頭では購入できない。

↑ 犬猫雑誌印刷実績変化率(2013年10-12月、前年同期比)
↑ 犬猫雑誌印刷実績変化率(2013年10-12月、前年同期比)

↑ 「いぬのきもち」「ねこのきもち」印刷証明付き部数推移(万部)(2013年10-12月期まで)
↑ 「いぬのきもち」「ねこのきもち」印刷証明付き部数推移(万部)(2013年10-12月期まで)

ここ数年は下落から横ばいにあった両誌だが、前四半期では突如上昇の動きを示し、本格的な反転に転じたかとの期待もあったが、今回では見事に失速、2四半期よりさらに値を下げてしまう。販売スタイルを見れば分かるように固定客が多いため、このような動きは起きにくいはずなのだが。

特に「ねこのきもち」は10万台の大台を切ってしまう。テコ入れのプレッシャーは非常に大きなものとなっているに違いない。

「小学一年生」「二年生」もスリリングな動きへ


最後に小学生向け雑誌。かつては各学年ごとに「小学●年生」シリーズは計6冊発売されていたが、現時点では2誌を残すのみとなった。「小学3年生」以上はすべて休刊。昨今では幼稚園関連の雑誌を加えてグラフを生成、合わせて動向を推し量ることにしている。

↑ 「小学●年生」シリーズ+α印刷実績変化率(2013年10-12月、前年同期比)
↑ 「小学●年生」シリーズ+α印刷実績変化率(2013年10-12月、前年同期比)

前四半期ではわずかなプラスを示した「たのしい幼稚園」も今回は奮戦むなしくマイナス圏に。それ以外はすべてマイナスで、これは前回と同じ。主力の「小学一年生」が13.3%・「小学二年生」が10.6%という1割以上のマイナス幅を示しており、相当厳しい状況といえる。幼稚園向け雑誌で「たのしい幼稚園」以外の2誌も8%台の下げ率をカウントしており、不安は募るばかり。



以上大よその形ではあるが、複数ジャンルで雑誌の印刷≒販売動向を確認した。概して低迷感は否めないが、「SPA!」のような先行きが楽しみなもの、「ベビモ」のような手堅い成長を示すものなど、注目に値する雑誌も点在する。インターネット上の類似コンテンツにも負けない「その雑誌ならではの個性、特徴」を持つのが魅力であり、部数を伸ばす原動力といえる。

多様なジャンルを網羅してチェックをしても、成長過程にある雑誌は極めて少数派。並み居る雑誌が低迷する混沌期の中から抜きんでて成長を示す雑誌の特性をつかみ、他誌がそのヒントを活かすことはできるのか。考えねばならないこと、決断が必要なことは多く、残された時間はあまりにも少ない。

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー