新聞・雑誌とインターネット、主要ニュースをゲットする時の使われ具合をグラフ化してみる(ICMR2013版)

2014/02/12 11:30

先行する2記事でイギリスの情報通信省が2013年12月12日に同省公式サイト上に公開した、世界各国の通信業界・メディア動向をまとめた通信白書の最新版【International Communications Market Report 2013】から、主要国における「ニュースを取得する際に主に使うメディア」に関し、国内・国際・地方・ゴシップの4形式のニュースに対する動向を精査した。今回は見方を変えて、新聞・雑誌とインターネットの2メディアについて、ニュース形式毎・国別の利用度合いを比べることにする。

スポンサードリンク


新聞・雑誌はどの国でも地方ニュースが強い


まずは新聞・雑誌について。次以降のグラフはそれぞれの国で、指定されている形式のニュースを取得する際に、主にどのメディアを使うかを尋ねた際、「テレビ」「インターネット」「新聞・雑誌」「ラジオ」「他人(からの口コミ)」「興味なし」の選択肢から、取り上げたメディアを使った人の割合。

直下のグラフは新聞や雑誌を個々のニュース形式において主に使っている人の割合を指す。例えば「国内」「イギリス」は13%とあるので、イギリスでは国内ニュースを取得する際、13%の人が主に新聞や雑誌を使うと答えている。

↑ 各項目のニュースを知りたい時に、新聞・雑誌を主に使う割合(択一、2013年9月)
↑ 各項目のニュースを知りたい時に、新聞・雑誌を主に使う割合(択一、2013年9月)

大まかな流れとしては地方、国内、国際、ゴシップの順で新聞・雑誌が使われている。国内・国際ニュースではやや日本、イギリス、イタリアが強め。そして地方ではドイツとイタリアが、ゴシップではイタリアが強い。全体的にはイタリアは新聞・雑誌に対するニュース取得の際の信用度が高い感はある。地方の値が全般的に高いのは、地域密着型の情報に強く、かつ昔から使われており権威もあるのが主要因と考えられる。

異様なまでに、新聞や雑誌に対する権威の強さがあると評判の日本だが、国内・国際ニュースはともかく、地方やゴシップ系記事は他国と比べてかなり軽視されている。特にゴシップ系では他国の半分以下でしかない。見方を変えれば日本では新聞は「お上からの情報源」的な立ち位置にあり、国内・国際ニュースにおいて、確固たる権威を有している証なのかもしれない。

インターネットは国際ニュースがやや強めだが……


続いてインターネットについて。

↑ 各項目のニュースを知りたい時に、インターネットを主に使う割合(択一、2013年9月)
↑ 各項目のニュースを知りたい時に、インターネットを主に使う割合(択一、2013年9月)

国際ニュースが一番強く、次いで国内、ゴシップと地方が同じぐらい。地方ニュースが強い新聞・雑誌とは大きな違いである。

国別に見ると、日本、アメリカ、イタリアは全般的に他国よりも高い値を示しており、ドイツはどのニュースでも押し並べて他国より低い。中でも日本のネット経由でのゴシップニュース好きは抜きんでた形となっている。

直前項目にある通りドイツでは新聞・雑誌が他国より強く、また今回は精査はしないもののテレビも強めに出ていることから、伝統的な従来型メディアへの傾注度が高いものと考えられる。似たような動きはオーストラリア、フランスでも見受けられる。

「興味が無い」ニュースでは!?


最後はやや余談的に、各形式ニュースに「興味が無い」と切って捨てる意見の割合。

↑ 各項目のニュースについて、興味の無い人の割合(択一、2013年9月)
↑ 各項目のニュースについて、興味の無い人の割合(択一、2013年9月)

ゴシップ系のニュースはどの国でもさほど変わらず、半数近い人が「興味が無い」と答えている。唯一イタリアが29%とやや低め。上記グラフの新聞・雑誌やインターネット経由のニュース取得でもイタリアは高い値を示しており、多種多様な媒体で同国がニュースに飢えているのが分かる。他方、国内、国際、地方ニュース共に回答率はほとんど1割に届いておらず、多数の人は一般的なニュースには興味関心を抱いている。

日本はといえば、国際ニュースで唯一2ケタの「興味が無い」回答。国内ニュース、地方ニュースには多少なりとも他国よりも興味を抱いているのだが、国際ニュースでは主要国で一番無関心との結果となった。

「国内と地方ニュースがあればニュースとしては十分。あとは楽しみの為にゴシップがあれば良い」との考えもあるかもしれない。しかし昨今では国際情勢が国内、さらには地方の動向に小さからぬ影響を与えることも少なくない。日本はもう少し、国際的なニュースのチェックに勤しんでほしいものだ。


■関連記事:
【1年間で78万部減、1世帯当たり部数は0.86部まで減少…新聞の発行部数動向(2014年)(最新)】
【日常生活をよりエネルギッシュに過ごすための55のポイント】
【拡散されやすい情報は「ニュース」「日常」「面白ネタ」】
【数週間距離を置いた経験を持つ米Facebook利用者、その理由は……】
【「つかみ」を得られるマジックキーワードを考える】
【女性が気にする広告、一番なのは新聞に欠かせない……】
【世界各国の「新聞・雑誌」や「テレビ」への信頼度をグラフ化してみる】

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー