新成人が欲しいクルマ、男性BMW、女性はキューブ

2014/01/13 20:00

ソニー損保は2014年1月9日に同公式サイトにおいて、2014年に成人式を迎える新成人を対象としたカーライフ意識調査の結果を公開した。その内容によれば、調査対象母集団で自動車免許を取得済み、あるいは取得予定の人のうち、自動車を購入する予定が無い人「以外」においては、もっとも欲しいと思われている車種は日産のキューブであることが分かった。次いでBMW、プリウスが続いている。男女別では男性はBMWが、女性はキューブが最上位についている(【発表リリース:ソニー損保、「2014年 新成人のカーライフ意識調査」】)。

スポンサードリンク


今調査は2013年11月28日から12月9日に渡り、2014年に成人式を迎える新成人に対しインターネット経由で行われたもの。有効回答数は1000人。男女比は1対1。調査実施機関はネットエイジア。

今調査対象母集団のうち自動車免許をすでに持っている、あるいは取得予定であり、かつ家族共用の車があるなどで車を購入する予定は無い人「以外」を対象に、買うのならどのような車種が望ましいかを複数回答で聞いた結果が次のグラフ。総合では日産のキューブが最上位についた。回答率は17.4%なので、対象者のうち8人に1人ほどが「買うのならキューブだね」と考えていることになる。

↑ 車を購入する際に欲しい車(複数回答、免許保有・予定者で、車を購入する予定は無い人以外)(上位陣抜粋)
↑ 車を購入する際に欲しい車(複数回答、免許保有・予定者で、車を購入する予定は無い人以外)(上位陣抜粋)

リリースによればキューブのトップランク入りは一連の調査において5年連続とのこと。新成人にとってこの数年に渡り、同車があこがれの的であることが認識できる。

またキューブに限らずコンパクトカー(小型の登録車。軽自動車とは別だが用途は近い)の人気が昨年比で上昇しているのが今年調査結果の特徴。例えばノート(日産)やアクア(トヨタ)、フィット(ホンダ)はそれぞれ大きく順位を上げている。買い物や出勤、子供の送迎など日常生活で足として使うのに適している車種として、軽自動車同様に人気が高まったものと考えられる。

この傾向は回答者の性別で見ると、よりはっきりと分かる。

↑ 車を購入する際に欲しい車(複数回答、免許保有・予定者で、車を購入する予定は無い人以外)(上位陣抜粋)(男女別)
↑ 車を購入する際に欲しい車(複数回答、免許保有・予定者で、車を購入する予定は無い人以外)(上位陣抜粋)(男女別)

男性はBMW、スカイラインなどのような、外観のカッコよさを前面に押し立てた車種が多くを占めている。他方女性は総合順位でトップについたキューブをはじめ、マーチ、モコなど、世帯向け実用的の車種がずらりと名前を連ねている。男性と女性で自動車をどのような用途で使おうと考えているのか、それが良くわかる結果ともいえよう。


■関連記事:
【男性がプリウス・女性がインサイトを好む理由】
【「インサイトは女性が支えている」!? プリウスとインサイト、それぞれに大きく異なる支持層とイメージ】
【車の負担、ガソリン代や自動車税よりも重く感じるのは?】
【「若者の車離れ」都心部で深刻化】
【クルマからスマホへ…若者のパートナーの変化】
【自動車も食生活も住宅も そこそこ満足 今の若者】

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー