ドコモ2011年12月以来24か月ぶりに純増トップに(2013年12月末携帯電話契約数)

2014/01/10 20:00

電気通信事業者協会(TCA)は2014年1月10日、2013年12月末時点における日本国内の携帯電話、PHSの契約数を発表した。その公開値によると12月末時点の携帯電話の契約数は主要3社合計で1億3655万8000件となり、前月比で0.5%のプラスを示した。純増数ではNTTドコモが27万9100件の増加で、主要3グループ中トップの座を確保することとなった。これは2011年12月以来、24か月ぶりのこととなる。次いでソフトバンクモバイル(SBM)、auの順で続いている(【発表リリース:事業者別契約数(2013年12月末現在)】)。

スポンサードリンク


SBMに近づくau、それを抜くドコモ


2013年12月末時点の主なデータは次の通り。

・携帯電話3社全体……1億3655万8000件
・事業者別
 NTTドコモ……6218万1600件(+27万9100)
 au(KDDIなど)……3961万6900件(+22万2600)
 ソフトバンクモバイル……3475万9500件(+22万4300)
 イー・アクセス……(非開示)
↑ 携帯電話契約件数(万台)(-2013年12月)
↑ 携帯電話契約件数(万台)(-2013年12月)

↑ 携帯電話契約件数(増減)(-2013年12月)
↑ 携帯電話契約件数(増減)(-2013年12月)

NTTドコモは【NTTドコモからもiPhone販売へ、正式発表】で報じたが、2013年9月20日に発売を開始したiPhone 5c/sで初めてiPhone販売に参入。日本の携帯電話事業者主要3社では最後の参入であると同時に、この参入で「iPhoneを購入使用できる」との他2社の独自優位性、いわゆる「iPhoneプレミアム」は無くなった。しかし販売体制の整備過程にあることで立ち上がりは緩やかなものとなり、ドコモのMNP(ナンバーポータビリティ)は今回月でもマイナス値(数字上は他社への流出が続いている)が続いている。

しかしながら去年後半からは6ケタ台のマイナスを継続していたドコモのMNP値も、今月は先月に続き5ケタ、しかも先月よりさらにマイナス幅を縮小しており、確実な復調状態のさなかにある。先月と比べるとiPhone 5c/sの販売体制が整ってきたことに加え、Androidの冬モデルも堅調な売れ行きを示し、キャンペーンの成果も上がったようだ。これら環境の好転化を受け、今回月では純増数が24か月ぶりに3社中トップとなった。

【ドコモのデータ公開ページ(契約数月次データ)】で確認すると、2013年12月単月のXi(クロッシィ)(LTE)純増数は97万6500件。またFOMAの契約数は69万7300件の純減。仮にFOMAの解約者がすべてXiに流れたとしても、さらに28万件近くが足りないことになる。新規契約者が大いに増加していること、上記でも触れたiPhone(新規)加入組が多分に居ることを再確認させられる。

SBMは先月から純増数をわずかに減らし、3社中では第2位に後退。第3位のauとの差異はau側の追い上げで先月からさらに縮まり、その差はわずか1700件となった。しかし新機種のiPhone 5c/sは相変わらず堅調なセールスを持続、2011年7月以来月次純増数は20万件超を30か月継続しており、安定した伸びを示している。au(KDDI)は契約純増数では今回月はさらにSBMに追いつく形となったが、これは800MHz帯の整備状態の良さやスマートバリュー・スマートパスなどの各種割引サービスが貢献したものと考えられる。

変化が続く大手企業間の往来動向


TCA上では非公開ではあるが、MNPはドコモが引き続き転出超過(マイナス5万1000)、SBMとau(KDDI)は転入超過状態(それぞれプラス9400、プラス4万3300)。数の上だけではドコモ利用者からの移転組の大半がSBMとauに流れている(今回の場合は1700件がイー・アクセスから他社へ転出している計算)。auへのMNP利用者がMNPによるドコモからの移行組の過半数を占めている状況に変わりは無い(今月は8割強)。

↑ MNP件数推移(-2013年12月)
↑ MNP件数推移(-2013年12月)


↑ 2013年12月時点での3社間契約者数比率
一方ドコモのMNPのマイナス幅は上記でも触れた通り、iPhoneの販売参入以降、少しずつ、そして確実に縮小している。流入先となるKDDIとSBMのMNPはプラス幅の縮小が継続中。ドコモの「出血」状況の鎮静化は、そのタイミングと販売状況から、iPhone効果によるものと断じても問題は無い。またここ数か月に限り、契約件数増減とMNP件数推移のグラフを見比べると、ドコモとSBMが似たような動きを示しているのが興味深いところだ(auはやや異なる動きを見せているが、これは新規加入者も多分に居るからと考えれば道理は通る)。

小数第一ケタまでの表記だが、現時点で上位3社におけるドコモのシェアは45.5%。先月から続き0.1%ポイント減少。そしてSBMが先月同様0.1%ポイント上乗せしており、今なおドコモのジリ貧状態は続いている。このシェア減退の動きが止まって初めて、ドコモのターニングポイント到来と言えよう。

今後の流れ


初動は大した動きでは無かったドコモのiPhone参入による契約者関連の各値だが、MNPをはじめ、少しずつ影響が出始めていることを実感させる。SBMとauによる「iPhoneプレミアム」は、先行者という実績と数々の特典という点で、今なお継続している。しかし今回ドコモが単月の契約純増数で24か月ぶりにトップについたことからも分かる通り、これまでとは異なる流れが起きているのも確かではある。

年度の切り替えに合わせて新規加入や端末の変更を行う事例が多いことから、毎年3月は携帯電話の契約数が一番伸び、MNPも大きく変化する場合が多い(少なくとも直近2年間ではそのような動きを示した)。2014年3月では、各社の契約状況はどのような値を示すのか。その結果が少なくとも今年一年の、携帯電話3社の勢いを示すことになるのだろう。


■関連記事:
【ドコモiPhoneを購入したい理由、しない理由】
【ドコモのiPhone販売開始とMNPとフェルミ推定と…今後の契約者数動向を予想してみる】
【ドコモのiPhone発売が携帯市場を変える? 購入意向を探る】

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー