「日本はTPPに参加すべき」米有識者88%が同意

2014/11/12 15:23

外務省は2014年11月7日付で同省公式サイト内にて、アメリカ合衆国における対日世論調査の結果を発表した。その内容によれば調査対象母集団のうち有識者に対し、日米間の経済関係における一層の深化のために日本が特に進めるべき政策について尋ねたところ、選択肢の中では「クリーンエネルギーや高速鉄道などの技術協力などの促進」を求める意見の回答率が最高値を示し、91%の人が同意を示していた。次いで「TPP(環太平洋パートナーシップ協定)への参加」が続いている(【発表リリース:米国における対日世論調査(結果概要)(2014年)】)。

スポンサードリンク


調査概要に関しては今調査に係わる先行記事に該当する【アメリカの日本への一般人信頼度73%・有識者は90%に(2014年)(最新)】を参考のこと。

先の記事【日本が一番中国二番…米のアジア地域諸国に対するパートナー意識の重要度推移をグラフ化してみる(2014年)(最新)】にある通り、今調査対象母集団のうち有識者において、日本をもっとも重要視すべきアジアのパートナーと認識した人においては、その理由として「政治的結びつき」に続く重要項目として「貿易・経済関係」を挙げている。

↑ 「日本」と回答した理由(自由回答)(有識者)(再録)
↑ 「日本」と回答した理由(自由回答)(有識者)(再録)

それでは有識者たちは日米間の経済関係を今まで以上に深化するために、日本側は特にどのような政策を進めるべきだと考えているのだろうか。提示した選択肢について同意をした人の割合(有識者全員が回答)を示したのが次のグラフ。今件設問は2011年から開始されたため、それ以前のデータは無い。またシェールガスについては2013年から新規設置され、日米間のFTA締結は2013年では設問から除外されている(日本がTPPの交渉に加わったことで、実質的に意味合いが無くなるため)。

↑ 日米間の経済関係をより深化するために、日本が特に進めるべき政策は(有識者)
↑ 日米間の経済関係をより深化するために、日本が特に進めるべき政策は(有識者)

設問が設定されていない年のものを除けば、ほぼすべてで8割以上の高い値を示している。唯一「シェールガスなど資源開発での協力」が61%とやや低めに留まっているが、これは設問に事例として挙げられたシェールガスをはじめ多分野でアメリカが他国に教示されるべきものは少ないとの認識によるものだろう。仮に今設問が「資源開発に伴う環境問題対策云々」という表記であれば、もう少し高い値を示した可能性はある。

他方、「TPPへの参加(=締結)」「日米間FTA締結(2013年以降は上記の通り無し)」「クリーンエネルギーや高速鉄道などの技術協力などの促進」はいずれも高い値を示している。少なくとも有識者の間ではこれらの分野に、より一層の日本側のアプローチ、貢献を望み、期待していることに違いは無い。

もっとも先日から伝えられている通り、TPPに関しては(予定調和との意見も少なくないが)年内の交渉合意は絶望的と伝えられており、参加新興国も本腰を上げての参加意欲は見られないとの分析も多い。アメリカも2016年の大統領選挙を前に先日行われた中間選挙で民主党が敗北したため現大統領のレームダック化(任期切れをひかえて影響力が大きく低下すること)が指摘されており、日本への期待だけではTPPの状況前進、経済関係の深化は難しい現実がある。

TPPもシェールガスも高速鉄道計画も、そしてクリーンエネルギーも経済関係で旬の話題であると共に、日米双方の経済動向に対して大きな影響を与える要素に違いない。日米両政府が今後どのような対応をし、有識者たちの期待に応える動きを示すのか。注意深く見守りたいところだ。


■関連記事:
【バイオエタノールの需要急増で食料不足懸念高まる・政府も再確認】
【跡継ぎ問題や自給率低下…日本の農業の将来で不安なことは】
【参院選後に進めてほしい経済政策、「財政の健全化」に「経済成長戦略」】
【日米共に衣服がトップ、米は食品より娯楽・旅行をカット!-日米節約比較】
【米国増加継続、総額64兆ドルへ…日米家計資産推移(最新)】

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー